ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

スペインにおけるポケモン

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

この項目では、スペインにおけるポケットモンスター (Pokémon) シリーズの展開について説明する。スペインにおけるポケモン商品の公式展開は、1999年にアニメポケットモンスターのスペイン語吹き替えが放送されたことに始まる。

ゲーム

ポケットモンスター 赤・緑 (Pokémon Edición Roja y Edición Verde) は1999年10月5日にスペインで発売された。それ以降、本編続編が購入可能である。

アニメ

アニメポケットモンスターのスペイン語吹き替えは、マドリードで録音・製作されている。吹き替えは5つのスタジオで行われている。最初、Telsonというスタジオで、シーズン1からシーズン8までと劇場版ポケットモンスター セレビィ 時を超えた遭遇水の都の護神 ラティアスとラティオスの吹き替えが行われた。この後、Telsonが廃業したため、Arait Multimediaというスタジオに移り、シーズン9およびポケモン不思議のダンジョン 出動ポケモン救助隊ガンバルズ!の吹き替えが行われた。シーズン10より、103 Todd-Aoというスタジオで吹き替えが行われている。

劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲から結晶塔の帝王 ENTEIの劇場版とミュウツー! 我ハココニ在リTecnison, S.A.というスタジオで吹き替えが行われ、ディレクターはJosé Luis Angulo (ホセ・ルイス・アングロ) であった。その後しばらく劇場版の吹き替えは行われなかったが、ミュウと波導の勇者 ルカリオポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィSoundub(後にSDI Mediaと改名)というスタジオで吹き替えられた。最近では、ディアルガVSパルキアVSダークライギラティナと氷空の花束 シェイミが103 Toaa-Aoで吹き替えられ、現在のアニメ本編の吹き替えもこの企業で行われている。

スペイン語翻訳は4キッズエンタテインメントPokémon USA, Inc.による英語吹き替えを元に製作されており、一部のジムリーダーフロンティアブレーン・ゲームの登場人物を除いて、登場人物の名前は英語版と同じものとなっている。アニメは国有放送のTelecinco (テレシンコ)、Clan TVEや全ての地域放送 (regional channels) 、Jetix(現在はDisney XD)のスペイン支社によって放送されている。

スペインでもNetflixでアニメ視聴が可能である。

シーズン 放送開始日
シーズン1 1999年12月20日
シーズン2 2000年9月16日
シーズン3 2001年4月29日
シーズン4 2002年5月18日
シーズン5 2003年5月26日
シーズン6 2004年4月5日
シーズン7 2005年4月5日
シーズン8 2006年4月1日
シーズン9 2007年5月5日
シーズン10 2008年2月23日
シーズン11 2009年4月4日
シーズン12 2010年5月9日
シーズン13 2011年2月1日
シーズン14 2011年7月29日
シーズン15 2012年10月5日
シーズン16 2013年9月15日
シーズン17 2014年4月27日
シーズン18 2015年9月15日
シーズン19 2016年5月2日

劇場版

題名 公開日
ミュウツーの逆襲 (Pokémon, la película: Mewtwo vs. Mew) 2000年4月14日
幻のポケモン ルギア爆誕 (Pokémon 2: El Poder de Uno) 2000年11月24日
結晶塔の帝王 ENTEI (Pokémon 3: El Hechizo de los Unown) 2001年7月20日
セレビィ 時を超えた遭遇 (Pokémon 4Ever) 2003年10月15日
水の都の護神 ラティアスとラティオス (Héroes Pokémon) 2004年5月12日
ミュウと波導の勇者 ルカリオ (Lucario y el Misterio de Mew) 2007年6月16日
ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ (Pokémon Ranger y el Templo del Mar) 2007年12月1日
ディアルガVSパルキアVSダークライ (El Desafío de Darkrai) 2008年9月6日
ギラティナと氷空の花束 シェイミ (Giratina y el Defensor de los Cielos) 2009年5月1日
アルセウス 超克の時空へ (Arceus y la Joya de la Vida) 2010年4月4日
幻影の覇者 ゾロアーク (Zoroark: El Maestro de Ilusiones) 2011年2月26日
ビクティニと白き英雄 レシラム (La Película Pokémon: Negro - Victini y Reshiram)
ビクティニと黒き英雄 ゼクロム (La Película Pokémon: Blanco - Victini y Zekrom)
2012年4月28日
2012年5月28日
キュレムVS聖剣士 ケルディオ (La Película Pokémon: Kyurem vs. el Espadachín Místico) 2013年9月14日
神速のゲノセクト ミュウツー覚醒 (La Película Pokémon: Genesect y el Despertar de una Leyenda) 2013年10月19日
破壊の繭とディアンシー (La Película Pokémon: Diancie y la Crisálida de la Destrucción) 2015年9月14日
光輪の超魔神フーパ (La Película Pokémon: Hoopa y un Duelo Histórico) 2016年1月19日
ボルケニオンと機巧のマギアナ (La Película Pokémon: Volcanion y la maravilla mecánica) 2016年11月26日

音楽

吹き替えにともない、アニメのオープニングテーマは全て4キッズエンタテインメントPokémon USA, Inc.が使用している楽曲の翻訳版となっている。ポケモン関連のスペイン語のサウンドトラックは2つ発売されており、1つがPokémon: ¿Eres capaz de aprenderte el PokéRap? (ポケモン言えるかな?) というタイトルでPokémon 2.B.A. Masterの翻訳版、もう1つがPokémon Total (全部ポケモン) というタイトルでTotally Pokémonの翻訳版となっている。

吹き替え版声優

多くの声優がアニメポケモンのスペイン語吹き替えに関わっている。

Adolfo Moreno (アドルフォ・モレノ)がサトシ (Ash Ketchum) の声を前編で吹き替えている。

サトシの母ハナコ (Delia) はCecilia Santiago (セシリア・サンティアゴ) が最初2話の、Marisa Marco (マリサ・マルコ) がBW編まで、Ana Jiménez (アナ・ジメネス) が幻のポケモン ルギア爆誕の、Marta García (マルタ・ガルシア) が結晶塔の帝王 ENTEIの、Ana Richart (アナ・リチャード) がXY編からの吹き替えを行っている。

Miriam Valencia (ミリアム・バレンシア) はカスミ (Misty) の、Javier Balas (ハビエル・バラス) がタケシ (Brock) の吹き替えをほとんどのシリーズで務めている。バレンシアはジュピター (Jupiter)、アンジー (Aldith)、ソフィー (Sophie) の吹き替えも行っている。バラスはXY編でニコラ (Nico)、ニヘイ (Nihei)、ジミー (Jimmy)の吹き替えも行っており、SM編ではサトシのロトム図鑑 (Rotom Pokédex) 役としてメインキャストに復帰した。

Ricardo Escobar (リカルド・エスコバル) はケンジ (Tracey Sketchit) の吹き替えを行っている。エスコバルの最初の吹き替えはマサキ (Bill)役で、後にリョウ (Aaron)、N (N)、クセロシキ (Xerosic)の吹き替えも行っている。

ハルカ (Aura) はシリーズを通してCristina Yuste (クリスティナ・ユステ) が吹き替えを行っている。ユステは過去にアカネ (Whitney)、イミテ (Duplica、無印編第174話)、コナツ (Janina)、モエ (Macy)、後にゾロア (Zorua)、ノブコ (Normajean)、リナ (Christie)、ショウブ (Shannon)、リム (Lyn)、ディアンシー (Diancie)、XY編ではマノン (Mairin)、サナ (Shauna)の声も当てている。マサト (Max) はBeatriz Berciano (ベアトリス・ベルシアノ) が吹き替えを行っている。ベルシアノは他にトキオ (Andreas)、サクラ (Daisy、AG編第134話)、ミツコ (Caroline)、マーブル (Marble)、コトネ (Lyra)、イッシュ・デコロラ諸島のジュンサー (Officer Jenny)の吹き替えも行っている。

ヒカリ (Maya) はシリーズを通してMar Bordallo (マール・ボルダーロ)が吹き替えを行っており、ボルダーロは他にリン (Lisa)、クルミ (DJ Mary)の声も当てている。

アイリス (Iris) はBelén Rodriguez (ベレン・ロドリゲス)が吹き替えを行っており、ロドリゲスは他にヒナタ (Solana、AG編第171話AG編第172話)、サルビア (Salvia)の吹き替えも行っている。デント (Millo)はFernando Cabrera (フェルナンド・カブレラ) が吹き替えを行っており、カブレラは他にシーズン9のハーリー (Harley)、カズナリ (Khoury) の吹き替えを担当している。

セレナ (Serena) はIsacha Mengíbar (イサチャ・メンギバル) が吹き替えを行っており、メンギバルは過去にジョーイ (Nurse Joy、無印編第2話-第14話)、ナナコ (Casey、シーズン3-5)、カノン (Bianca)、ジュンサー (シーズン6-13)、アスナ (FLannery)の吹き替えも担当していた。シトロン (Lem) はMiguel Antelo (ミゲル・アンテロ)が、ユリーカ (Clem) はBlanca Hualde (ブランカ・ウァルデ?)が吹き替えている。ウァルデは、シェイミ (Shymin)、スズナ (DP編第155話)の声もあてていた。

スイレン (Nereida)は、Ana de Castro (アナ・デ・カストロ) が、吹き替えを行っており、デ・カストロはシーズン18以降エル (Aria)の吹き替えも行っていた。カキ (Kiawe) は、Javier Lorca (ハビエル・ロルカ) が吹き替えを行っており、ロルカは過去ケンスケ (Kendall)、ハチク (Brycen)、サンペイ (Sanpei)の吹き替えを行っていた。リーリエ (Lylia) は、Ainhoa Martín (アイノア・マルティン) がSM編の最初2話を、後にLaura Pastor (ローラ・パストル) が吹き替えを行っている。マルティンは以前マリン (Malin)、ホミカ (Roxie、シーズン15)の吹き替えを、パストルはコルニ (Korrina) の吹き替えを行っている。マーマネ (Chris) はChelo Molina (チェロ・モリアナ) が吹き替えを行っており、モリアナは過去ジロウ (Forrest)、アオイ (Angie) の声を当てている。マオ (Lulú) はCarmen López Pascual (カルメン・ロペス・パスクアル)が吹き替えを行っている。

シリーズの大半で、コジロウ (James) はIván Jara (イバン・ハラ) が吹き替えを行う。ムサシ (Jessie) は全シリーズでAmparo Valencia (アンパロ・バレンシア) が吹き替えを行っている。バレンシアは吹き替え監督および台詞翻案者を、劇場版の最初3作、ミュウツー! 我ハココニ在リポケモン不思議のダンジョン 出動ポケモン救助隊ガンバルズ!を除き全シリーズで務めている。José Escobosa (ホセ・エスコバサ) はニャース (Meowth) の声を務める。

Eduardo del Hoyo (エドゥアルド・デル・オヨ) はナレーターボルケニオンと機巧のマギアナではNacho Aramburú (ナチョ・アランブル))と他いくつかのキャラクターの吹き替えを行っている。

シゲル (Gary Oak) は、Jesús Pinillos (ヘスス・ピニョス) が吹き替えを務める。オーキド博士 (Professor Oak) は、Roberto Encinas (ロベルト・エンシナス)が吹き替えを務める。シンジ (Paul) は、Pablo Sevilla (パブロ・セビージャ) が吹き替えを務める。Pilar Martín (ピラル・マルティン)、Sara Heras (サラ・エラス)、Desirée Álvarez (デシレ・アルバレス)、Sara Polo (サラ・ポーロ) がジョーイ (Nurse Joy) の吹き替えを務める。Valle Acebrón (バレ・アセブロン)とSilvia Sarmentera (シルビア・サルメンテラ) がジュンサー (Officer Jenny)の吹き替えを務める。

結晶塔の帝王 ENTEIミュウツー! 我ハココニ在リは異なるキャストで吹き替えられている。サトシはRafael Alonso Naranjo Jr. (ラファエル・アロンソ・ナランホ・ジュニア) が、カスミはPilar Aguado (ピラル・アグアド) が、タケシはSergio Sánchez Sánchez (セルヒオ・サンチェス・サンチェス) が、コジロウはLuis Manuel Martín Díaz (ルイス・マヌエル・マルティン・ディアス) が、ムサシはAna Jiménez (アナ・ヒメネス)が、ニャースはMario Arenas (マリオ・アレナス)が吹き替えを行った。しかしながら、Luis Bajo (ルイス・バホ)、リカルド・エスコバル、ロベルト・エンシナスはアニメ同様にミュウツー、ケンジ、オーキド博士の役を務めた。

カタルーニャ語吹き替え

Radiotelevisión Valenciana (ラジオテレビ・バレンシア) の所有するチャンネルPunt 2]では、アニメポケモンのカタルーニャ語吹き替えを放送している。カタルーニャ語版では、サトシEnric Puig (エンリコ・プーチ) が、カスミNina Romero (ニーナ・ロメロ) が吹き替えを行っている。

シゲルIgnasi Díaz (イグナシ・ディアス) が、オーキド博士Martí Pich (マルティ・ピッチ) が吹き替えを務める。その他キャストに、Marina Vinyals (マリナ・ビニャールス、ムサシ役)、César Lechiguero (セサル・レチグエロ、ニャース役)、Sílvia Cabrera (シルビア・カブレラ、ジュンサー役)、Eva Bau (エバ・バウ、ジョーイ役)などがいる。

漫画

2015年10月、スペインの出版社Norma Editorial (ノルマ出版) 社がポケットモンスターSPECIAL全巻の出版を発表した。巻数の多さ(発表当時で52巻あった)と、いくつもの章に分かれていることから、ノルマ出版社はオムニバス形式を採用し、当時までのところで30巻の出版を予定した。特定の章から読み始めたい読者に合わせて、2つのナンバリングがされている。例えば、第2章は、2巻にまたがって出版され、それぞれイエロー編1巻、イエロー編2巻と3巻、4巻の2つがナンバリングされている。

第1巻はPokémon Rojo, Verde y Azul volume 1 (ポケモン 赤・緑・青 第1巻) として2015年10月29日に出版された。この出版から、ノルマ出版社は第1章第10章を交互に出版する予定としている。

第1章 1-2
第2章 3-4
第3章 5-8
第4章 9-12
第5章 13-14
第6章 15-16
第7章 17-21
第8章 22-23
第9章 24-25
第10章 26-30

ポケモンカードゲーム

スペイン語のポケモンカードゲームは1999年にポケットモンスターカードゲーム 第1弾拡張パック (Edición Básica) が発売されたことに始まる。Devir (デビル) 社によって2007年まで販売され、いくつかの商品は発売されなかった(たとえば、ポケットモンスターカードゲーム 第3弾拡張パック 化石の秘密の後、ポケモンカード★neo 拡張パック第1弾 金、銀、新世界へ... (Neo Génesis) までの商品はなく、その次はEX Rubí & Zafiroであった。この後、Panini (パニーニ社がDiamond & Pearlを発売して、TCG商品を扱うようになった。現在、Asmodee Éditions (アスモディ出版) がHeartGold & SoulSilverからポケモンカードを販売するようになっている。スペインで発売された最新の商品はDragones Majestuososである。スペイン語のカードは、Play! Pokémon公式トーナメントのリーガルとして扱われている。

Ralts Libro Ilustrado (ハーフデッキ) はスペインでのみ発売された商品である。