ポケモンWiki開設10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。なお、記念企画を検討中です。

ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモン図鑑の置き換え作業に伴い、作業中の不正確な情報が見えてしまうことがあります。ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解いただければと思います。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ひみつきち

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

ひみつきちは、家具を自由にレイアウトして楽しむ、主人公の部屋。

概要

秘密基地は洞窟や木の上にある部屋で、主人公が自由に作ったり壊したり、中を飾り付けしたりできる。家具の配置も任意で決められるので第2世代の「主人公の家」よりも自由度が上がった。但し秘密基地の製作には特定の技や道具が要り、内部を飾り付ける家具やポスターも自分で仕入れなければならない。このシステムは第3世代から登場した。ファイアレッド・リーフグリーンおよびハートゴールド・ソウルシルバーにはこのシステムがないため、秘密基地を作ることができない(原作に秘密基地の概念が存在しなかったため。ただしポケモンバトルでひみつのちからを繰り出すことはできる)。第5世代にも秘密基地の概念が存在しないため、作ることができない。

第3世代

第3世代のひみつきち

第3世代では、フィールド上にある大木や洞窟に向かってひみつのちからを使い、中に空間を作って秘密基地を作る。内部にはパソコンが設置され、これを通して家具を持ち込むことができる。1つの秘密基地につき置ける家具は16個が最大で、これ以上置こうとすると「床が抜けそうだ」という警告が出る。秘密基地の形は作る場所によってまちまち。中には地面に大きな穴が開いている基地もあるが、これは「じょうぶないた」で塞ぐことで改善される。

レコード通信

第3世代では他のプレイヤーとレコードを混ぜると、自分のゲームのフィールド上に相手の秘密基地が建つ。秘密基地の中では通信相手と1日1回ポケモンバトルをすることができる。この秘密基地は基本的には何をしても消えず、同じ場所に自分の秘密基地を作ることもできない。だが、他の人とのレコード通信を重ねれば上書きされたり消えたりすることもある。逆にこうした行為で他人の秘密基地が消されないようにロックを掛ける機能もある。

第4世代

第4世代のひみつきち

第4世代では、ちかつうろの壁をあなほりドリルで掘って穴を開け、秘密基地にする。通路の壁ならどこにでも作れるので第3世代よりさらに自由度が増した。内部には大きな岩が散乱しており、最初はかなり散らかっている。これは「ハタとり」によって解消することができる。1つの秘密基地に置ける家具の上限は10~20。

ハタとり

地下通路で他のプレイヤーと通信すると、「ハタとり」というミニゲームをすることができる。ハタとりとは他のプレイヤーの秘密基地にあるハタを自分の秘密基地に持ち帰るゲーム。相手にハタを取り返されないようにして自分の基地に持ってこれれば、集めたハタの枚数に応じて基地がパワーアップする。取られるのを防ぐためには秘密基地の位置を分かりにくい場所に作ったり、トラップを仕掛けたり、ハタを持ったプレイヤーに話しかけてハタを取り返したりすることで対処できる。なお、ハタを取られても基地がグレードダウンすることはなく、ハタはすぐ復活するので害は無い。

ひみつきちのパワーアップ

多くのハタを取ると基地に置ける家具の上限が上がり、邪魔な岩を撤去することができる。ハタを50本集めれば家具を20個(最大値)置けるようになり、全ての岩を撤去できる。また、ハタを10本集めれば、地下通路にあるタマ・トラップ・化石の位置を探るレーダーが使えるようになる。

スーパーひみつきち

オメガルビー・アルファサファイアより登場。

第3世代のひみつきちをベースに、一部を除くグッズの回転など、過去作以上に自由度の高い模様替えが可能なほか、「ひみつのなかま」による冒険のサポートが可能となる新たなシステムが追加され、バージョンアップしている。今作では、すれ違い通信ですれ違ったプレイヤーのひみつきちを出現させられるほか、QRコードを使って自分のひみつきちを公開したり、他のプレイヤーのひみつきちを出現させることが可能。他のプレイヤーのひみつきちは最大30件まで出現し、それ以降は古いひみつきちから順番に消えていくが、相手のひみつきちのパソコンで「お気に入りに追加」することで、保存することが可能。3DSの初期化とひみつきちの引っ越しを行うことで自分の元ひみつきちを登録できる。これにより1つのROMで自分と戦うことやひみつきちの量産も可能。

ひみつのなかま

他のプレイヤーのひみつきちに遊びに行き、気が合う人を見つけたら、スカウトして自分のきちに連れていける。チーム名をつけることでより絆を結ぶこともできる。また、招待した仲間とポケモン勝負をしたり、「とくいわざ」によるサポートを受けたりできる。

ポケモン勝負

ひみつのなかまと1日1回、勝負することができる。相手は、ひみつきちの受信したときに先頭にしていた3体のポケモンを繰り出し、最大レベルは持っているバッジ数で変化し、最大は50(自分のポケモンは6体使え、レベル制限も受けない)。ただし殿堂入り後、『エピソードデルタ』をクリア後に行けるバトルリゾートで、もようがえグッズ『レベルブレイカー』を貰って設置すると、最大レベルの制限をなくすことができる。

とくいわざ

ひみつのなかまの外観によって得意な技は異なり、冒険のサポートをしてくれる。通常は1人1種類で、1日1回しか使えないが、後述の「フラッグ」のランクを上げることで、種類が最大4つに増え、ランクを最大にすると1日2回まで使えるようになる。

  • グッズがちゃがちゃ
ひみつきちで使えるもようがえグッズがランダムでもらえる。
  • タマゴなでなで
選んだタマゴの孵化速度を速めることができる。
  • ポケモンもみもみ
選んだポケモンのなつき度が上がる。
  • ものヒョイヒョイ
冒険に役立つどうぐをランダムで1個くれる。まれにマスターボールポイントマックスなど、貴重なアイテムをくれることもある。
  • きのみシューシュー
きのみをランダムで1個くれる。一部のきのみはこの得意技でしか入手できない。
  • おたからドコドコ
きんのたまおおきなしんじゅなど、ショップで高く売れる換金用アイテムをランダムで1個くれる。はずれでかるいしが出ることもある。
  • いしザクザク
しんかのいしをランダムで1個くれる。はずれでかわらずのいしが出ることもある。
  • しゅぎょうバンバン
選んだポケモンのレベルを1上げることができる。特に経験値が稼ぎにくくなったポケモンがおすすめ。
  • ワンツーエクササイズ
選んだポケモンの好きな能力のきそポイントを30上げることができる。
  • きょうのうらない
占いの結果によって、この得意技でしか使えない4種の特別なOパワーのどれか1つが発動する。

フラッグ

1日1回、他のプレイヤーの「ひみつのパソコン」の横にある「フラッグ」を一定数集めると、自分のきちのフラッグがランクアップし、ひみつのなかまのとくいわざの数を増やせたり、新しいグッズが買えるようになるなど、特典を受けることができる。 第4世代のひみつきちのハタとりと似ているが、こちらはフラッグを調べるとすぐ自分のきちに送られ、持ち主が取り返しに来ることはない。

ひみつきちマスター

今作ではひみつきちマスターの「ギリー」というキャラクターが登場した。詳細はギリーを参照。

隠しエリア

ホウエン地方にある水道の特定のポイントでなみのりダイビングを使うことで、ひみつきちを作れるポイントが密集した隠しエリアを見つけることができる。

ひみつのこじま
126ばんすいどうの南西端にある小さなダイビングスポットを南西に進む。そして、南の砂浜に上陸し、南の入口から進んだ先。
ひみつのはなばたけ
130ばんすいどうの北にあるダイビングスポットを北西に進む。そして東に進んで上陸し、進んだ先にある。
ひみつのいそべ
129ばんすいどうの南東にあるダイビングスポットを東に進む。そして南に進んで上陸し、進んだ先にある。

ハピナス道場

ツイッターなどのSNSや掲示板等で流行しているもの。X・Yのレストランよりも簡単でより短時間で高経験が稼ぐことが可能。ハピナス道場と呼ばれる基地では、手持ちをすべてレベル100のハピナスにしたトレーナーがおり、相手は全く効果のない技を使ったり、道具で勝手にダメージを受けたりするので、こちらに全く危害が加わらないというのもの。ハピナス道場も参照。

  1. けいけんちパワーしあわせタマゴがくしゅうそうちを使うことで、Lv.1のポケモンでも相当なレベルになる(しあわせタマゴは野生のペリッパーがまれに持っている)。また、ポケパルレで仲良し度をハート2個以上にしておくと、もらえる経験値が1.2倍になる。レベルブレイカーがあれば、相手のレベル50制限も解除できる。
  2. 通常は1日1回しか戦えないが、「仲間になって」を選択し自分の基地に招く、もしくは招いてバトルをした後に「さようなら」を選んで元の基地に一旦戻すことで1日に2回戦うことができる。

家具入手場所

模様替えグッズは主に以下の場所で入手できる。

ホウエン地方
シンオウ地方