ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

賞金

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

賞金(しょうきん)は、ポケモンバトルに勝利したトレーナーが相手トレーナーから貰えるお金のこと。

概要

基本的に、ゲーム内で使うお金のほとんど全てはこれによって調達する。

勝った場合にもらえる賞金

主人公が相手トレーナーに勝った場合には、バトル終了後に以下の式で算出されただけの金額を受け取る。

賞金 = (A × B) × C × D × E

"トレーナーの種類によって設定されている値"は各トレーナー記事に「賞金の倍率」として記載している数値。えんじうきわボーイミニスカートなど未成年トレーナーは安い傾向にあり、おぼっちゃまジェントルマンなどのお金持ちそうな人やベテラントレーナーなどの年配は高い傾向にある。この数値に"相手のパーティの最後にいるポケモンのレベル"をかけたものが素の状態で貰える賞金である。多くの場合、相手の手持ちの一番レベルの高いポケモンと最後にいるポケモンが一致しているが、そうではないこともある(シロガネやまレッドなど)。

マルチバトルで複数人のトレーナーに勝利した場合は、それぞれに対し上の計算式を用いて計算された賞金の和を賞金として貰える。第七世代でダブルバトルとなるトレーナーでも、同様の計算が行われる。たとえば、カラテおやこに勝利した場合、カラテおうが出したポケモンのレベル×32+えんじが出したポケモンのレベル×12が賞金として貰える。

C・D・Eはわざ・アイテム・各世代にあるシステムによる補正である。C・D・E同士は重複する。ただしもちもの補正同士は重複せず、おまもりこばんを持ったポケモンとこううんのおこうを持ったポケモンを1度の戦闘にどちらも出しても補正は1回のみ。

ネコにこばんが命中していた場合、使用したポケモンのレベルに応じた金額を賞金とは別に拾うことができる。こちらに対してももちもの補正は作用する。

負けた場合にとられる賞金

ポケットモンスターシリーズ

主人公が負けた場合には、第一世代、第二世代、ルビー・サファイア・エメラルドでは所持金の半分がなくなり、これが賞金として取られたものと思われる。ファイアレッド・リーフグリーンおよび第四世代以降は主人公が負けた場合も同様の計算式による金額を賞金として支払う形となっている(野生ポケモンの場合、ダイヤモンド・パール以降の表示によると「慌ててしまって落とした」ということになっている)。ただし、「パーティの最後にいるポケモンのレベル」ではなく「パーティのポケモンの最高レベル」が使われるほか、「トレーナーの種類によって設定されている値」は、バッジの数によって決まる。

ダイヤモンド・パール以降は、払ったお金が表示されるようになった。

バッジの数
0 8
1 16
2 24
3 36
4 48
5 60 (FRLG、第四世代)
64 (第五世代以降)
6 80
7 100
8 120

ポケモンジムの存在しない第七世代では、トレーナーカードに押されているスタンプ(突破した大試練)によって賞金が決まる。

スタンプ
なし 8
メレメレじま 16
アーカラじま 32
ウラウラじま 56
ポニじま 88
しまめぐり達成 120

この式より、負けた場合にとられる賞金は最高で12000円。

ポケモンコロシアム・XD

ポケモンコロシアムでは所持金の半分が、ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギアでは、16×「パーティのポケモンの最高レベル」が賞金として取られる。

備考