ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

せいかく

提供: ポケモンWiki
しんちょうから転送)
移動先: 案内検索

せいかくとは、ポケモンのステータスの一つ。第三世代から導入された。

概要

25種類のなかから決まる。性格を決定する内部パラメータは、俗に性格値と呼ばれる。性格によって、それぞれ能力の補正や、ポロックポフィンマラサダの好き嫌いが異なる。また、フィラのみウイのみマゴのみバンジのみイアのみを食べた時に、こんらんするかもせいかくによって判別される。

エメラルド以降、育て屋に預けるときに、♀にかわらずのいしを持たせると、遺伝させる事が出来る。(HGSSはどちらに持たせてもよい)詳しくは、かわらずのいしを参照

同じくエメラルド以降、とくせいシンクロ」を持ったポケモンが先頭にいると、同じせいかくのポケモンが出やすくなる。

バトルパレスでは、ポケモンの好む行動がせいかくによって異なる。

ハートゴールド・ソウルシルバー以降、能力値の表示画面で、性格で伸びやすい能力値は能力名(こうげき、ぼうぎょなど)が赤色の背景で、逆に伸びにくい能力値は能力名が青色の背景で表示されるようになった。

せいかく表

一覧表
せいかく こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ
からい すっぱい しぶい にがい あまい
さみしがり
いじっぱり
やんちゃ
ゆうかん
ずぶとい
わんぱく
のうてんき
のんき
ひかえめ
おっとり
うっかりや
れいせい
おだやか
おとなしい
しんちょう
なまいき
おくびょう
せっかち
ようき
むじゃき
がんばりや ↑↓
すなお ↑↓
てれや ↑↓
きまぐれ ↑↓
まじめ ↑↓
早見表
下がるステータス (嫌いな味)
こうげき
(からい)
ぼうぎょ
(すっぱい)
とくこう
(しぶい)
とくぼう
(にがい)
すばやさ
(あまい)
上がる
ステータス
(好きな味)
こうげき
(からい)
がんばりや※ さみしがり いじっぱり やんちゃ ゆうかん
ぼうぎょ
(すっぱい)
ずぶとい すなお※ わんぱく のうてんき のんき
とくこう
(しぶい)
ひかえめ おっとり てれや※ うっかりや れいせい
とくぼう
(にがい)
おだやか おとなしい しんちょう きまぐれ※ なまいき
すばやさ
(あまい)
おくびょう せっかち ようき むじゃき まじめ※
  • ステータスはで1.1倍、で0.9倍、↑↓または無記載で変化なし
  • すききらいはですき、できらい、↑↓または無記載でどちらでもない。
    • がんばりや以降は、補正や好き嫌い無し。
    • 同じ能力(味)が上昇補正と下降補正(好きと嫌い)になっているもの(早見表で※のつくもの)は、内部データでは上昇補正、下降補正共に設定されているが、実際には相殺され無補正(好き嫌い無し)となる。

ポケモンコロシアム・ポケモンXDにおけるせいかく

備考

  • 内部データには、全ての性格に能力値補正と味の好みが設定されているが、同じ能力値が上昇補正と下降補正、同じ味を好み嫌うという設定がなされているものについては、逆の補正や好みで相殺され実際にゲーム上補正や好みが現れない。
    • 各性格の能力値補正や味の好みは性格値を25で割った余りが小さい順に、攻撃補正(からい味の好み)→防御補正(すっぱい味の好み)→素早さ補正(あまい味の好み)→特攻補正(しぶい味の好み)→特防補正(にがい味の好み)の順に振り分けて設定されている。
    • このことは性格値を25で割った余りが小さい順と同じである、ゲーム内のボックス内の検索での性格の並び順からも分かる。
      • 逆の補正で相殺されている性格の能力値は、具体的にはそれぞれがんばりやは攻撃、すなおは防御、まじめは素早さ、てれやは特攻、きまぐれは特防である。
  • ステータス計算において性格による補正はかなり大きなウェイトを占める。そのため、対戦用ポケモンの厳選においては、個体値以上に性格が重要視されることも多い。
  • きそポイント配分の都合上、ぶつりわざとくしゅわざはどちらか一方に絞る場合が多い。ゆえに、こうげきとくこうの不要なほうが下がる性格が特によく使われる。
    • 攻め重視であればいじっぱり、ようき、ひかえめ、おくびょう。
    • 守り重視であればわんぱく、しんちょう、ずぶとい、おだやか。
    • その他にも、戦略上素早さを下げた個体を使いたい場合はゆうかん、れいせい、のんき、なまいきが用いられることもある。
  • 両刀アタッカーを作る場合、無補正個体を利用するのは仕様上合理的ではない。下降補正を掛けた性格にした場合、種族値の高いステータスに上方修正を掛けて低いステータスに下方修正を掛けることで、無補正個体よりも合計実数値で得するケースが多い。
    • 例えばテッカグヤの場合、ゆうかんにした上でHPに努力値を252、攻撃に168、素早さに84振った場合は、無補正でHP、攻撃が各252振りで余りの4を素早さに振った個体と比べて、他の実数値をそのままに攻撃の実数値を4高くすることが可能。
  • このことから対戦に勝利する目的で育成を行う場合、余程特殊なケースでない限り無補正の性格を用いる理由は皆無どころか、全25種の性格の中に、ムダに無補正だけが5つも存在し、目的の性格が出る確率を(特性シンクロや、かわらずのいし等を用いることができない場合)2割程下げているため、無補正の性格なだけで嫌われる傾向がある。
    • 特に配信限定のポケモンやタマゴを用いることが出来ないポケモン(準伝説等)は、性格が固定されていて選ぶ余地がない場合を除き、何が何でもその場で目的の補正をかけた性格を粘る者も非常に多い。

関連項目