ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

現時点で日程は未定ですが、データベースサーバのメンテナンスが実施される予定です。メンテナンス時は、記事の編集・アカウントの作成が数時間程度ロックされる場合があります。ご迷惑をおかけしますが、ご容赦いただければ幸いです

新無印編第106話

提供:ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動
新番組! ロケット団ないしょ王国ラジオ!!
話数 新無印106話
通算話数 1203話
放送日 2022年4月15日
主題歌
OP 1・2・3
ED バツグンタイプ
スタッフ
アニメ制作 Team Kato
脚本 赤尾でこ
絵コンテ 尼野浩正
演出 野田泰宏
作画監督 山崎玲愛
柳原好貴

新番組! ロケット団ないしょ王国ラジオ!! とはポケットモンスターの第106話。


注意:以降の記述には、作品の内容やあらすじ、登場人物などのネタバレが含まれます。ご理解の上ご利用ください。

あらすじ

公式の次回予告をコピペしないでください著作権の侵害)。あらすじはポケモンWiki:あらすじの書き方に沿って結末を含めた内容にしてください。

突然ラジオ番組を始動することになったムサシ、コジロウ、ニャース、ソーナンス。何かと思えば、サカキからの指令でロケット団の団員を世界中に増やせとのことで、ラジオをやろうということになったのである。だが、第1回の放送では入団希望者は0人であるどころか、視聴数すら0だった。

これに闘志を燃やしたロケット団はより良い番組にするため、夜通しで企画を考える。新コーナーや新しい番組名、新しいニックネームで番組を続けていくと、徐々に視聴数が増え、ラジオ好きの間で話題になっていく。タケシやジュンサー、ジョーイ、オニオン、そしてレンジとサクラギ博士はこの番組の大ファンとなっていた。

しかし、本来の目的であるロケット団増員のための宣伝活動はすっかり忘れてしまっていた。この後サカキにしこたま怒られたものの、ラジオの楽しさを忘れらず、気まぐれに放送される大人気ラジオ番組として伝説を残すことに……とナレーションが話を締めようとするが、ロケット団にツッコまれておたよりを読むことに。ナレーションをも巻き込んで、ラジオはまだまだ続くのであった。

イベント

登場キャラクター

人物

ポケモン

備考

  • 本エピソードは、ミュウツーの逆襲 EVOLUTION以来となるプレスコ方式で制作された[1]
  • コマーシャル間のアイキャッチがなかった。
  • 放送日である2022年4月15日、ロケット団が公式Twitterを乗っ取る連動イベントが行われた。アカウント名は「ロケット団公式」と改称され、ニャースたちロケット団員によるツイートが行われた[2]
  • アニメ公式Twitterの「アフターストーリー」より、最後に登場した「ラジオソムリエ」の正体はデントであることが明かされた。

脚注

ポケットモンスター一覧
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140