ウルトラサン・ウルトラムーン発売に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

DP編第55話

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
エイパムとブイゼル! それぞれの道!!
話数 DP55話
通算話数 523話
放送日 2007年11月22日
主題歌
OP Together
ED 君のそばで 〜ヒカリのテーマ〜 (Winter Version)
スタッフ
アニメ制作 Team Iguchi
脚本 冨岡淳広
絵コンテ 奥村よしあき
演出 秦義人
作画監督 木下和栄

エイパムとブイゼル! それぞれの道!! とは、ポケットモンスター ダイヤモンド&パール第55話のこと。


注意:以降の記述には、作品の内容やあらすじ、登場人物などのネタバレが含まれます。ご理解の上ご利用ください。

あらすじ

とある夜。高い岩場でポケモンと共に落ち込むコジロウの姿があった。それもそのはず、自分のサボネアをナタネに預けたのが起因。隣にいたムサシとニャースはこのままでは悪事に支障が出るとコジロウの元気を取り戻す策を考え始める。

翌朝、ポケモンセンターで朝食を終えた後のサトシ達。そこでヒカリはテレビでポケモンコンテストの様子を見ていた。その放送ではコンテストで優勝したケンゴの姿が映っており、ヒカリは真剣な表情に。 そこへノゾミがやって来た。彼女に話をしているのもつかの間、テレビでポケモンコンテストがズイタウンで開催される事を知り、ヒカリはノゾミと一緒にコンテストの練習をする事に。 ノゾミのニャルマー相手に、ヒカリは次のコンテストでデビューさせる予定のブイゼルを出す。一方、隣側のサトシはエイパムとヒコザルでバトルの練習を始める。

だが、エイパムとブイゼルはお互いの練習が気になってトレーニングがあまり進まない様子。するとそれを見たノゾミからある提案が出た。その案とは交換。つまり、サトシがブイゼルを、ヒカリがエイパムを手持ちにするという事だ。この事に迷うサトシとヒカリだったが、事を知ったジョーイから「トレーナーがポケモンに合わせる」という事を教えられた。そして考えた末、一度試してみようとバトルをやってみる事にする。

バトルを始めようとした直後、変装したムサシとニャースが現れた。その狙いはエイパムとブイゼル。だが作戦が上手く行きかけたその時、あっさり立ち直ったコジロウがやって来てしまった・・・。

重要なイベント

登場キャラクター

太字は新登場キャラクター

人物

ポケモン

備考

ポケットモンスター ダイヤモンド&パール一覧
シンオウ編1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191
特別編192 193
この項目はアニメプロジェクトによって作成されています。