ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

Pokémon GOのイベント一覧

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

Pokémon GOでは、現在までに以下のイベントが開催されている。

ゲーム内イベント

Halloween (ハロウィン、2016年)
2016年10月26日-11月2日に開催。一部のポケモンの出現率が上昇するとして、公式にはズバットゴルバットゴースゴーストゲンガースリープスリーパーがその例として挙げられた。また、ポケモンを捕まえたときに貰えるアメの量が6個に、ウィロー博士にポケモンを送ったときに貰えるアメの量が2個に、パートナーポケモンがアメを見つけるまでの距離が1/4倍に設定された。
デイリーボーナス開始記念ボーナス
2016年11月8日-12日に開催。デイリーボーナスの実装を記念して、ポケモンの出現率上昇、ポケストップを訪れたときに貰えるどうぐの数増加が行われた。
いざ、東北へ!
2016年11月11日-22日 (※) に開催。岩手県宮城県福島県の沿岸部でラプラスの出現率が大幅に上昇。
※当初は23日までの予定であったが、11月22日午前5時59分に起きた福島県沖での地震によって、太平洋沿岸部で津波警報・注意報が発令され、その後の余震の可能性もあるとしてイベントを中止した。
Pokémon GO 感謝祭
2016年11月23日-30日に開催。手に入れられるXPとほしのすなの量が倍増。
赤い帽子をかぶったピカチュウ
2016年12月12日-29日に開催。赤い帽子 (サンタ帽) をかぶったピカチュウ・ライチュウが出現するようになった。
年末年始をもっと楽しく!
2016年12月26日-2017年1月3日には、その日最初に訪れたポケストップふかそうちが貰えるようになった。また、第二世代ベイビィポケモン (当時未実装だったバルキーを除く) のタマゴが見つかりやすくなった。
2016年12月31日-2017年1月8日には、カントー地方御三家 (進化系含む) の出現率が上がる。また、ルアーモジュールの時間が倍の60分になった。
バレンタインデー
2017年2月9日-15日に開催。ピンク色のポケモンの出現率 (タマゴも含む) が上昇するとして、公式にはピクシーラッキーピィププリンムチュールがその例として挙げられた。また、ポケモンを捕まえたりウィロー博士にポケモンを送ったりするときに貰えるアメの量が2倍に、パートナーポケモンがアメを見つけるまでの距離が1/2倍に、ルアーモジュールの時間が6時間に設定された。
とんがり帽子をかぶったピカチュウ
2017年2月27日-3月6日に開催。『ポケットモンスター 赤・緑』の誕生の日 (2月27日) を祝って、とんがり帽子をかぶったピカチュウ・ライチュウが出現するようになった。
みずポケモン祭り
2017年3月23日-29日に開催。みずタイプや水に関係するポケモンの出現率が上昇するとして、公式にはコイキングゼニガメワニノコが挙げられた。元々みずタイプの出現率が高い場所では、ジョウト地方のみずタイプのポケモンの出現率が上がった。
ポケモンのタマゴを探せ!
2017年4月14日-20日に開催。2kmのタマゴから孵るポケモンの種類が増えた。また、タマゴが孵ったときのアメの数が増えた。さらに、得られるXPが2倍になった (XPを2倍にする効果のあるしあわせタマゴを使うと4倍になった)。
新緑の季節を楽しもう!
2017年5月6日-8日に開催。くさタイプのポケモンの出現率が上昇した。
Pokémon GO アドベンチャーウィーク
2017年5月19日-25日に開催。カセキから復活したいわタイプのポケモンや、その進化系の出現率が上昇するとして、公式にはオムナイトカブトプテラが挙げられた。また、ポケストップから得られる道具が増え、パートナーポケモンがアメを見つけるまでの距離が1/4倍に設定された。
エクセレントスローを狙え!
2017年6月14日-20日に開催。「ナイススロー」「グレイトスロー」「エクセレントスロー」「カーブボール」「ワンショット」などのボーナスXPと、タマゴが孵った時に得られるXPが増加した。また、ほのおタイプとこおりタイプのポケモンの出現率が上昇するとして、公式にはヒトカゲヒノアラシガーディデルビルポニータブーバーロコンニューラウリムーパルシェンが挙げられた。
『Pokémon GO』1周年
2017年7月7日-23日に開催。サトシの帽子 (オリジナルキャップ) をかぶったピチュー・ピカチュウ・ライチュウが出現するようになった。
秋分の日
2017年9月23日-10月2日に開催。獲得可能なほしのすなが2倍になった。また、2kmタマゴから見つけるのが難しいポケモンがかえることがあるとして、公式にはラッキーメリープヨーギラスが挙げられた。
Halloween (2017年)
2017年10月21日-11月2日に開催。一部のポケモンの出現率が上昇するとして、公式にはゴーススリープカラカラと、ホウエン地方で初登場したゴーストタイプのポケモンである、ヤミラミジュペッタが挙げられた (なお、イベント画像には他にクロバットヨマワルサマヨールムウマ・ピカチュウも描かれている)。また、魔女のような帽子をかぶったピチュー・ピカチュウ・ライチュウが出現するようになった。さらに、相棒ポケモンがアメを見つける早さが2倍になり、その他の方法で手に入るアメの量が2倍になった。
年末年始を『Pokémon GO』で楽しもう!
2017年12月22日-2018年1月4日。赤い帽子(サンタ帽)を被ったピカチュウ、ライチュウにくわえ、ピチューが登場。第三世代のみず・こおりタイプのポケモンが多数追加され、デリバードが初登場。12月23-25日にかけて、ポケストップを訪れると1日1回、ふかそうちが入手できた。ほしのすなが多く入手できる新アイテム「ほしのかけら」が初登場した。
Pokemon GO Valentines
2018年2月14日-2月15日に開催。ラブカスの出現率が上がり、ラブカス、ラッキーを捕まえるとほしのすなが3倍入手できる。ルアーモジュールの効果が6時間に延長された。
ポケモンのタマゴを探せ!
2018年3月23日-4月2日に開催。5kmタマゴ、10kmタマゴから生まれるポケモンが2kmタマゴから生まれるようになり、ベイビィポケモンが生まれやすくなる。期間中もらえるほしのすなの量が2倍になり、タマゴを孵すことでもらえるアメの量も多くなる。イベント期間中はショップで普段は購入できないアイテムが入った「スペシャルボックス」が購入できる。
カントーウィーク
2018年4月11日-4月17日に開催。カントー地方のポケモンの出現率が上がり、レイドバトルにもカントー地方のポケモンが出現するようになる。期間中は習得できるアメの数が2倍になる。ショップでプレミアムレイドパスが入ったギフトボックスを購入できる。
バトルウィーク
2018年5月2日-5月14日に開催。イベント期間中はかくとうタイプのポケモンの出現率が上がる。また、ジムバトルやレイドバトルに関する多数のボーナスが受けられる。受けられるボーナスは以下の通り
ジムバトル:入手できるXPが2倍。ジムバッジのランクボーナス2倍。訪問頻度の高いジムからもらえるXPは更に上昇。ジムでもらえる道具も多くなる。
レイドバトル:入手できるXPが2倍。参加するとほしのすなを3000もらえる。勝利時にはふしぎなアメを入手できる。
アドベンチャーウィーク
2018年5月25日-6月5日に開催。リリーラ、アノプス、ココドラといったいわタイプのポケモンの出現率が上がり、相棒ポケモンがアメを見つけるまでの距離が1/4になる。ポケストップやジムのフォトディスク回したときに得られるXPが2倍になり、初めて訪問するポケストップやジムであれば10倍になる。また、イベントに対応した特別なフィールドリサーチのタスクが得られる。
ウォーターフェスティバル
2018年6月8日-21日に開催。みずタイプのポケモンの出現率が上がり、捕まえたときに得られるほしのすなが3倍になる。ワニノコ、ミズゴロウ、ヘイガニなどのポケモンが2kmタマゴからかえるようになる。タマゴをかえしたときに得られるアメとほしのすなが2倍になる。
スペシャル・ウィークエンド
2018年7月26-29日に開催。事前にPokémon Go 公式パートナーショップで参加券を入手し、当日にチェックインして参加する特殊なイベント。イベントは期間中の午前10時から午後8時まで行われる。もらえるXPが2倍になり、特別なポケモンに出会えるようになる。イベント日程、チェックインできる公式パートナー、出会えるポケモンは以下の通り。
7/26 (木):SoftBank:アンノーンの「S」「B」、ヒトカゲ[1]
7/27 (金):TOHO シネマズ、タリーズコーヒー、Joyfull:アンノーンの「T」「J」、ゼニガメ
7/28 (土):マクドナルド:アンノーンの「M」「D」、ピカチュウ
7/29 (日):イオン:アンノーンの「A」「E」、フシギダネ
チェックインはジムでは行えない。
ジョウトウィーク
2018年8月21日-29日に開催。イベント中は第二世代のポケモンが多く出現するようになる。一部の第二世代のポケモンの色違いやレイドボスが追加されたほか、セレビィのスペシャルリサーチが本格的に追加された。また、ジョウトウィーク限定のフィールドタスクや、セレビィのTシャツとハートゴールド・ソウルシルバーの主人公のアバターが追加された。
エスパーウィーク
2018年10月5日-15日に開催。エスパータイプのポケモンやアローラナッシーの出現率が高くなる。同時に黒い帽子を被ったピカチュウや色違いのスリープが実装された。
Pokémon GO ハロウィン(2018)
2018年10月24日-11月1日に開催。ゴーストタイプやあくタイプのポケモンの出現率が上昇し、フワンテスカンプーが新規に実装された。ミカルゲが入手できるスペシャルリサーチが追加。11月20日まではレイドバトルにギラティナが登場。ゴーストタイプのポケモンをモチーフにした着せ替えアイテムが追加された。
ほしのすなウィーク
2018年11月7日-11月13日に開催。ポケモンを捕まえたときとタマゴをかえしたときに得られるほしのすなが2倍になる。
タマゴマラソン
2018年11月15日-27日に開催。2kmタマゴから生まれるポケモンにサイホーン、ポリゴン、ブビィなどが追加され、色違いのエレキッドが追加された。また、第四世代で新たに進化系が発見されたポケモンの一部が実装された。
ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ発売記念イベント
2018年11月17日-27日に開催。第一世代のポケモンが多く出現するようになる。コイルの色違いが実装された。メルタンのスペシャルリサーチが追加。着せ替えアイテムにピカチュウキャップとイーブイキャップが追加。24日-27日の間はイーブイから進化するポケモンやライチュウがレイドボスとして出現する。
Pokémon GO ホリデー
2018年12月19日-2019年1月2日に開催。こおりタイプのポケモンや赤い帽子を被ったピカチュウが多く出現する。シンオウ地方のポケモンが複数追加実装され、7kmタマゴからリーシャン、タマンタ、ゴンベ、リオルなどが孵るようになる。また、イベント中は数日ごとに特別なボーナスが発生する。
12月19日-22日 ポケモンを捕まえたときや博士に送ったときにもらえるアメの量が2倍になる。
12月23日-26日 ポケモンを捕まえたときにもらえるほしのすなが2倍になる。
12月27日-30日 ポケモンを捕まえたときにもらえるXPが2倍になる。
12月31日-1月2日 ふかそうちの効果が2倍になる。
ホウエンイベント
2019年1月16日-29日に開催。第三世代のポケモンが多く出現するようになる。期間中は野生だけではなく、フィールドリサーチの報酬や7kmタマゴから孵るポケモンも多くなる。カイオーガ、グラードンのレイドバトルが復活し、グラードンの色違いが追加された。期間中にキノココをキノガッサに進化させるとくさむすびを覚える。ジグザグマ、スバメの色違いが追加された。着せ替えアイテムにアクア団マグマ団をテーマにした衣装が追加された。

リアルワールドイベント

Pokémon GO Fest
2017年7月22日にアメリカ合衆国シカゴで開催。世界初のリアルワールドイベント。世界中のトレーナーとシカゴのトレーナーが協力する『グローバルチャレンジ』が行われた。また、初めて伝説のポケモンレイドバトルに参加することができた。
Pokémon GO PARK
2017年8月9日-15日に、「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」内のイベントとして、横浜みなとみらいで開催。赤レンガパークを「カントーパーク」、カップヌードルミュージアムパークを「ジョウトパーク」として、それぞれの地方のポケモンの出現率が上昇した。また、地域限定ポケモンのバリヤードが出現したり、2kmタマゴから孵るポケモンの種類が増えたり、色違いのピカチュウが一足先に解禁されたりした。
Pokémon GO STADIUM
2017年8月14日に、「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」内のイベントとして、横浜スタジアムで開催。事前の抽選で当選した人のみが参加できた。会場では、ミュウツーのレイドバトルが世界で初めて行われた。
Pokémon GO Safari Zone
2017年8月から9月に、デンマークチェコスウェーデンオランダドイツフランススペインで開催予定。Pokémon GOのパートナー企業である、欧州Unibail-Rodamco が運営するショッピングモールなどで行われる。地域限定ポケモンが出現し、強力なボスポケモンとレイドバトルができる。
ポケモン GO Safari Zone in 鳥取砂丘
2017年11月24-26日に鳥取砂丘で開催。バリヤードやアンノーン、色違いのピカチュウコイキングなどが数多く出現した。イベント中は特別なヘッドマークが取り付けられた定期列車「ポケモン号」が運行した。[10]
嘉義ランタンフェスティバル
2018年2月26日-3月3日に台湾嘉義県で開催。嘉義県朴子市全体で、午前7時からミニリュウ、バリヤード、ガーディ、午後5時頃からチョンチー、ランターンなどが大量発生する。地名にちなみA、C、F、G、H、I、X、Yのアンンーンや、色違いのコイキングの出現率が高くなる。
アースデイの清掃イベント
2018年4月22日に開催。NGOによる清掃イベント。参加人数に応じてPokémonGO内でプレゼントが受け取れる。プレゼントの内容は以下の通り
1500人参加-48時間の間、くさ、みず、じめんタイプのポケモンを捕まえたときにもらえるほしのすなが2倍。
3000人参加-48時間の間、くさ、みず、じめんタイプのポケモンを捕まえたときにもらえるほしのすなが3倍。
また、イベント開催記念になみのりブルーTシャツがすべてのプレイヤーにプレゼントされた。
参加人数は4000人を超え、期間が4月30日まで延長された。また、ホエルコの色違いが実装された。
ニコニコ超会議2018
2018年4月28-29日に開催。ポケモンとは直接関係のないイベントだが、会場内に特別なリアルポケストップが設置された。2日目には数時間限定で「N」「I」「C」「O」のアンノーンが出現した。
Pokémon GO サマーツアー2018
世界各地で行われる複数のイベントの総称。行われるイベントは以下の通り。
・Pokémon GO Safari Zone Dortmund
6月30日(土)、7月1日(日)に開催。ドイツのドルトムントのヴェストファーレンパークを中心に、街全域を舞台としている。現地でのイベント中は全世界でロゼリアの出現率が上がり、色違いも出現する。
・Pokémon GO Fest 2018:A Walk in the Park
7月14日(土)、7月15日(日)に開催。アメリカ、シカゴのリンカーン・パークを舞台にしている。会場内では「B」「C」「E」「L」「I」「?」のアンノーンが出現する(「?」は初登場)。セレビィのリサーチタスクが世界に先駆けて先攻実装された。世界中でプラスルマイナンの出現率が上がり、色違いも出現する。[2]
・Pokémon GO Safari Zone in YOKOSUKA
8月29日(水)から9月2日(日)に開催。横須賀市の三笠公園、ヴェルニー公園、くりはま花の国の3箇所で開催される。会場内ではアンノーンやトロピウスが出現する。また、世界中でキャモメ、日本ではヒンバスやアチャモの出現率が上がる。このイベントは事前応募による抽選制であり、一人につきいずれか1日しか参加できない。[11][12]
これらのイベントでは「ウィロー博士のグローバルチャレンジ」が全世界で開催され、特定の地域で対象となる特別なリサーチタスクが登場する。タスク達成ごとに、特定条件下での取得経験値が上昇するボーナスを全トレーナーが得られる。
リサーチタスク1500万達成により、7月7日にフリーザーのレイドバトルが復活する予定だったが、悪天候により8月4日に延期となった。[13][14]
7月21日にはサンダーデイが開催される。
9月1-2日のグローバルチャレンジ達成で9月8日にファイヤー・デイが開催される。
3つのグローバルチャレンジ達成により、ウルトラボーナスがアンロックされた。9月14日から20日までフリーザー、サンダー、ファイヤーのレイドバトルが復活し、9月21日から10月23日までの間は、これまでEXレイドでしか出現しなかったミュウツーが通常のレイドバトルに出現する。また、9月30日まではカントー地方のポケモンが多く出現するようになる。これらにくわえ、9月14日から10月8日の間はギフトから入手する7kmタマゴから地域限定ポケモンであるカモネギガルーラバリヤードケンタロスが孵るようになる。[3]
Pokémon GO Safari Zone in Tainan
2018年11月1日から5日に台湾の台南市で開催。ジーランスやアンノーンが出現する。

Pokémon GO Community Day

2018年1月20日から開催された。月に一度、3時間限定で特別な技を覚えたポケモンを入手できる大型イベント。イベント中はルアーモジュールの効果が3時間に延長され、XPやほしのすなが多めに入手できる。対象ポケモンの色違いが追加される。各地域の開催期間は以下の通り。

アジア太平洋地域:正午から午後3時
ヨーロッパ、中東、アフリカ:午前10時から午後1時
アメリカ大陸:午前11時から午後2時

開催日時と出現するポケモンは以下の通り。

第1回:1月20日(土)、なみのりを覚えたピカチュウ
第2回:2月24日(土)、ミニリュウが出現し、イベント中にカイリューに進化させるとりゅうせいぐんを覚える。[4]
第3回:3月25日(日)、フシギダネが出現し、イベント中にフシギバナに進化させるとハードプラントを覚える。
第4回:4月15日(日)、メリープが出現し、イベント中にデンリュウに進化させるとりゅうのはどうを覚える。[5]
第5回:5月19日(土)、ヒトカゲが出現し、イベント中にリザードンに進化させるとブラストバーンを覚える。
第6回:6月16日(土)、ヨーギラスが出現し、イベント中にバンギラスに進化させるとうちおとすを覚える。[6]
第7回:8月4日 (土)、ゼニガメが出現し、イベント中にカメックスに進化させるとハイドロカノンを覚える。また、特別なリサーチタスクの報酬でサングラスをかけたゼニガメが登場する。[7][8]
第8回:8月11日(土)・12日(日)、とっておきを覚ええたイーブイが出現する。[9]日本時間8月11日(土)夜6時から8月14日(火)午前5時までの間に進化させたイーブイもとっておきを覚える。
第9回:9月22日(土)、チコリータが出現し、イベント中にメガニウムに進化させるとハードプラントを覚える。
第10回:10月21日(日)、ダンバルが出現し、イベント中にメタグロス進化させるとコメットパンチを覚える。[10]
第11回:11月10日(土)、ヒノアラシが出現し、イベント中にバクフーンに進化させるとブラストバーンを覚える。[11]
第12回:12月1日(土)-3日(月)、これまでに対象になったポケモンがすべて出現する。対象ポケモンを進化させると特別な技を覚えられる。
第13回:2019年1月13日(日)、ワニノコが出現し、イベント中にオーダイルに進化させるとハイドロカノンを覚える。また、イベント中はヒンバスが入手できる特別なフィールドリサーチが登場し、色違いも実装された。

関連項目

脚注

  1. 開催が延期された。[1]
  2. イベントチケットは5月11日(金)に販売開始され、十数分で完売となった。[2][3]
  3. 当初は9月30日までの予定だったが、好評につき延長された。[4]
  4. アクセス集中によりエラーが頻発し、イベントが18時まで延長された:Pokémon GO JAPAN公式Twitter
  5. アクセス集中によりエラーが頻発し、イベントが16時まで延長されたPokémon Go JAPAN公式twitter
  6. アクセス集中によりエラーが頻発し、イベントが17時まで延長されたPokémon GO JAPAN公式twitter
  7. もともとは7月8日に行われる予定だったが大雨災害の影響で延期となった[5][6]
  8. 日本での開催時間が午前9時から午後3時までに変更された。[7]
  9. 日本での開催時間が午後6時から午後9時までに変更された。[8]
  10. アクセス集中によりエラーが頻発し、後日再度開催されることが発表された。(後に10月28日に開催が決定した。)[9]
  11. アクセス集中によりエラーが頻発し、イベントが17時まで延長された。Pokémon GO JAPAN公式Twitter