ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

たまひろい

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

たまひろいは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

野生ポケモン捕獲に失敗したとき、ターン終了時もちものを持っていないたまひろいのポケモンは最初に使用したボールを拾ってもちものとする。

説明文

第八世代
どうぐを もっていない ばあい 1かいめに なげて しっぱい した モンスターボールを ひろってくる。
道具を 持っていない 場合 1回目に 投げて 失敗 した モンスターボールを 拾ってくる。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
ワンパチ たまひろい - びびり

こんなときに使おう

ガンテツボールウルトラボールドリームボールなど貴重なボールで捕獲を試みるときはパーティにいれたい。捕獲試行中、常にワンパチを出しておく必要は無く、捕獲が失敗した後捕獲要員からワンパチに交代すればよい。普通に交代する場合、1ターン生き残れないとたまひろいが発動できないためワンパチにもある程度のレベルがほしい。だが優先度-6のテレポートで交代すれば低レベルのワンパチでも安全に場に出し、たまひろいを発動させることができる(みらいよちの攻撃は交代先に当たるので警戒すること)。エルレイドなどテレポート要員かつ捕獲要員にもなれるポケモンと組みたい。 当然ながら、通信対戦では何の役にも立たない。

備考

  • ワンパチ専用特性。特性たまひろいのワンパチがパルスワンに進化するとがんじょうあごに変化する。
  • マックスレイドバトルで捕獲に失敗したときは発動しない。
  • 捕獲に失敗した後に特性たまひろいのポケモンを場に出したときも発動する。
  • 拾う対象になるボールはその戦闘で投げた最初のボールのみ。ワンパチを2匹連れていても、2回目に投げたボールが2匹目のたまひろいで拾えるようになるわけではない。
  • ものひろいとはバトルでの効果が似ており、他のポケモンが使用した道具の代わりに捕獲に失敗したボールを拾ってくると考えれば分かりやすい。また、フィールドでの効果は何もないので、ワンパチをただ手持ちに入れているだけでは何の意味もなく、捕獲に失敗した戦闘にワンパチを出して1ターン待たなければ特性が発動しないので注意。
  • たまひろいの発動は天候など場の状態みらいよちの攻撃、どくバインドなど状態異常状態変化のダメージ全てより遅いため、これらでひんしになってしまったときは発動しない。また、これらのダメージやねむけにより持っていたきのみを発動させてもちものが無くなった場合はそこで発動条件の1つを満たせる。
  • 野生のワンパチの捕獲に失敗したときも相手のたまひろいが発動する。そのワンパチを捕まえれば、最初に捕獲に失敗したボールがもれなく付いてくる。
    • こちらもたまひろいのワンパチを出していた場合、どちらが早くたまひろいを発動するかはお互いのすばやさ勝負になる。
  • トレーナー戦でモンスターボールを使い、トレーナーにボールを弾かれたときではボールが減るわけではないため、発動しない。
  • 持ってきたボールはワンパチのもちものになるので、その戦闘ですぐ投げられるようになるわけではない。
  • 余談だが、X・Yミアレシティに「ポケモンの捕獲に失敗したモンスターボールは二度と使えない」と言うNPCがいるので、この特性は厳密には、捕獲に失敗したボールそのものではなく、「捕獲に失敗したボールと同じ種類のボール」を拾ってくる特性と考えられる。また当然だが、捕獲に失敗しないマスターボールをこの特性で拾ってくることはない。

各言語版での名称

言語 名前
日本語 たまひろい
ドイツ語 Apport
英語 Ball Fetch
スペイン語 Recogebolas
フランス語 Ramasse Ball
イタリア語 Raccattapalle
韓国語 볼줍기 (Ball Jupgi)
中国語(ゲーム) 簡体字 捡球 (Jiǎn Qiú)
繁体字 撿球 (Jiǎn Qiú)
ロシア語 Игра в Мяч (Igra v Myach)

関連項目

  • ものひろい:他のポケモンが消費した道具を拾ってくるとくせい。