ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

マクロコスモス

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

マクロコスモスとは、ガラル地方の大企業。

概要

多くの関連企業により、ガラル地方で様々なビジネスを展開している。事業は、航空業、建設業など多岐にわたる。社長はポケモンリーグの委員長でもあるローズだが、現在の経営はローズの秘書であり副社長でもあるオリーヴが行っている。

シュートシティローズタワーにはこの関連企業が入居している。一般の社員のグラフィックはリーグスタッフとほぼ同じ(こちらはサングラスが黒色)。ポケジョブにも多くの関連企業が仕事を出している。


注意:以降の記述には、作品の内容やあらすじ、登場人物などのネタバレが含まれます。ご理解の上ご利用ください。

社長であるローズは1000年先のエネルギー枯渇問題を解決するべく、ブラックナイトを引き起こしたムゲンダイナを目覚めさせてエネルギーにしようと企んでいた。この件でダンデとトーナメントの中止を巡り対立したことで主人公達と対立するようになる。そのときオリーヴはローズタワーへ特別な社員を送り込んで主人公達の妨害をしたが失敗に終わる。

その後チャンピオンマッチ中にブラックナイトが発生。しかしエネルギーの制御が失敗した上に主人公達によってムゲンダイナが捕獲されて事態は収束。その後はローズが自首し、オリーヴはガラルこうざんで働いている。

なおこのような経緯で主人公とは対立したが、これはウルトラサン・ウルトラムーンエーテル財団ルザミーネと同じく、未来を救おうと一部の人が暴走しただけであった。したがってマクロコスモス自体はごく普通の大企業で、主人公がチャンピオンになった後も普通に業務を続けている。

メンバー

  • 社長:ローズ
  • 社長の秘書兼副社長:オリーヴ
  • 一般の社員
    • 「したっぱ」がいる他の敵対組織と異なり、個人名がある。一般社員の賞金の倍率は100。

肩書きは全員マクロコスモスで、一般社員のグラフィックはサングラスの色を除いてリーグスタッフと同じものとなっている。

関連企業一覧

ポケジョブなどで確認できる。

  • マクロコスモス・エアラインズ
  • マクロコスモス・エネルギー
  • マクロコスモス・コンストラクション
  • マクロコスモス生命
  • マクロコスモス・テクノロジー
  • マクロコスモス・ネットワーク
  • マクロコスモス・バンク
  • マクロコスモス・ライフ
  • マクロコスモス・レールウェイズ

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 マクロコスモス マクロコスモス(哲学用語。大宇宙を表し、小宇宙を表すミクロコスモスと類比関係にあるとする)
ドイツ語 Macro Cosmos 日本語に同じ
英語 Macro Cosmos 日本語に同じ
スペイン語 Macrocosmos 日本語に同じ
フランス語 Macro Cosmos 日本語に同じ
イタリア語 Macro Cosmos 日本語に同じ
韓国語 매크로코스모스 (Macro Cosmos) 日本語に同じ
中国語 簡体字 马洛科蒙 (Mǎluò Kēméng) 日本語の音写、洛兹(ローズの中国語名)
繁体字 馬洛科蒙 (Mǎluò Kēméng)

備考

  • ローズマリーという植物があるため、ローズ率いるこの企業とマリィを応援するエール団との関係がソード・シールド発売前にユーザー間で噂にされていたが、実際は関係はなかった。

関連項目

悪の組織・敵対勢力
カントー地方 ロケット団
ジョウト地方
ホウエン地方 マグマ団 - アクア団
シンオウ地方 ギンガ団
イッシュ地方 プラズマ団
カロス地方 フレア団
アローラ地方 スカル団 - エーテル財団 - Rロケット団
ガラル地方 エール団 - マクロコスモス