新作発売に関するお知らせ
ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール発売に伴い、新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
なお、情報をご覧の方は、新作発売により、作業途中の記述や記載漏れ、誤情報などがある記事が多数存在する可能性がありますので、ご注意の上ご利用ください。

ベイビィポケモン

提供: ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動

ベイビィポケモンポケモンカードゲームにおけるポケモンの分類。またはそれをカードゲーム外にも適用できるよう拡張した、ファンによる非公式な分類。

表記ゆれとして、ベビーポケモンなどと書かれることもある。

ゲームでのベイビィポケモン

公式ではないが、ゲーム中のポケモンを指す用語としても使われるようになった。

ベイビィポケモン(狭義)一覧

主に、特定のポケモンにおこうを持たせてそだてやに預けることで手に入るタマゴから孵るポケモンを指す。いずれも、それが初登場したのより前の世代からいたポケモンを親とする。


ベイビィポケモン(広義)一覧

広義には、タマゴグループタマゴみはっけんであり、進化するとタマゴが見つかるタマゴグループになる以下のポケモンも含む。リオルエレズンなど、初登場世代が親ポケモンと同じポケモンも含んでいる。Bulbapedia・Wikinezkaの項目ではこちらの方がメインで説明されている。

カードゲームでのベイビィポケモン

ポケモンは過去のシリーズでたねポケモンとして出たポケモンの進化前にあたるポケモンが充てられる。ベイビィポケモンは場以外の場所にあるときはたねポケモンと同じように扱われる。ベイビィポケモンは該当するたねポケモンに進化することができ(例外:ピチュー兄弟 (P))、進化したたねポケモン1進化ポケモン、さらに1進化カードを重ねて進化したものは2進化ポケモンとして扱われる。ベイビィポケモンは「ベイビィポケモンのルール」という特別なルールを持っている。その内容は、『ベイビィポケモンがバトル場にいるかぎり、相手プレイヤーは、ワザを使うときにコインを1回投げ、「うら」なら、そのワザは失敗します。』というものである。また、ベイビィポケモンには他に弱点抵抗力を持たない・HPが30という共通点もある。

ベイビィポケモンの登場はポケモンカード★neoであるが、「ベイビィポケモンのルール」があまりに強力すぎたためポケモンカード★neoのほとんどのベイビィポケモンに殿堂ランクが設定された。その後、ポケモンカードeでは収録されたがポケモンカードゲームADV以降ベイビィポケモンに相当するポケモンはポケパワーベイビィしんか」を持つたねポケモンとして登場するようになった。このポケパワーによって進化したポケモンはワザやポケパワー・ポケボディーの面で有利になることが多い。 LEGENDではポケボディーてんしのねがお」を持つたねポケモンになり、進化できなくなった。

BWシリーズ以降は登場していない。

ベイビィポケモン一覧

Pokémon GOでのベイビィポケモン

絞り込み検索で使えるキーワードに、2019年3〜4月ごろまで「べいびぃ (en:baby)」があった。広義のベイビィポケモンのうち、未実装のエレズンを除いたポケモンを表示できた。なおこのキーワードは、2019年4月ごろのアップデートで「たまごのみ (en:eggsonly)」に変更されている。