ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

あめふらし

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

あめふらしは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

天気を5ターン(第五世代以前は永続)の間、あめ状態にする。

説明文

第五世代第六世代 (漢字)
戦闘に でると 雨を 降らす。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
ニョロトノ ちょすい しめりけ あめふらし
ペリッパー するどいめ あめふらし あめうけざら
カイオーガ あめふらし - -

第七世代から

こんなときに使おう

  • 雨パーティの先導役として重要。タイプ一致のみずわざが単純計算で2.25倍になるほか、かみなりぼうふうのリスクが無くなる。
  • 第四世代まではカイオーガの専用特性だったが、第五世代ではニョロトノ隠れ特性で持つようになり、禁止伝説級を使えないルールでの対戦でも、雨が5ターンで切れるようなことはなくなった。
    • ただ、便利すぎてニョロトノがパーティに入っている時点で100%雨パだとバレてしまう。カイオーガはそれを物ともしないような強さを持っていたが、ニョロトノ自身はちょっと火力高めの普通の水ポケモンでしかない。
  • 第七世代ではペリッパーがあめふらしを獲得。ペリッパーはぼうふうを覚える他、おいかぜも覚えるため同時期に登場したカプ・コケコなどのでんきタイプの補助にも向いている。ただしそれは相手にも同じことが言え、相手のでんきタイプのかみなりが必中になることは覚えておきたい。
    • 第七世代ではペリッパーが流行したことで、でんきタイプのポケモンがペリッパーを採用することを前提としていなくてもかみなりを優先するほどになってしまっている。

ポケモンカードゲームにおけるあめふらし

「自分の手札から[水]エネルギーを好きなだけ選び出し、自分のバトルポケモン全員に好きなようにつける。」効果のワザとして登場。

関連項目

各言語版での名称

言語 名前
日本語 あめふらし
英語 Drizzle
ドイツ語 Niesel
フランス語 Crachin
イタリア語 Piovischio
スペイン語 Llovizna
韓国語 잔비
中国語(普通話・台湾国語) 降雨
中国語(広東語) 毛毛雨
ポーランド語 Drizzle