Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。なお、記念企画を検討中です。

あめふらし

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

あめふらしは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

天気を5ターン(第五世代以前は永続)の間、あめがふりつづいている状態にする。

説明文

第五世代第六世代 (漢字)
戦闘に でると 雨を 降らす。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

隠れ特性で所有

こんなときに使おう

  • 雨パーティの先導役として重要。タイプ一致のみずわざが単純計算で2.25倍になるほか、かみなりぼうふうのリスクが無くなる。
  • 第四世代まではカイオーガの専用特性だったが、第五世代ではニョロトノ隠れ特性で持つようになり、禁止伝説級を使えないルールでの対戦でも、雨が5ターンで切れるようなことはなくなった。
    • ただ、便利すぎてニョロトノがパーティに入っている時点で100%雨パだとバレてしまう。カイオーガはそれを物ともしないような強さを持っていたが、ニョロトノ自身はちょっと火力高めの普通の水ポケモンでしかない。

ポケモンカードゲームにおけるあめふらし

「自分の手札から[水]エネルギーを好きなだけ選び出し、自分のバトルポケモン全員に好きなようにつける。」効果のワザとして登場。

関連項目