ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

フラットバトル

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

フラットバトルとは、通信対戦でよく使われるルール。フラットルールLv50フラットとも。

概要

ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバーで通信対戦のルールとして初登場。ただしそれ以前にも、同様のルール自体はダイヤモンド・パールプラチナのバトルタワー及びバトルフロンティアでも導入されていた。

ルールによって異なるが、Lv50以上のポケモン、または全ポケモンをLv50に統一して行うルール。全ポケモンをLv50にするルールは第五世代以降増えたが、これはがんじょうLv1ポケモンのゾンビコンボを防ぐ目的もある。

第五世代第七世代において、捕獲時もしくは進化可能なレベルが50を超えているポケモンがかなり多く登場しているが、このルールによっていかなるレベルであろうと対戦で平等に使用できる。

なお全ポケモンがLv50になる場合は、Lv1であってもLv50としての能力値を確認できるので、各ポケモンの個体値を求める方法の一つとしてしばしば利用される。

備考

フラットと同様にレベルを統一する手段として、ポケモンスタジアム2およびポケモンスタジアム金銀ジムリーダーのしろ第三世代のバトル施設においては「オープンレベル」というルール(名称自体は第三世代初出)が採用される場合があった。敵の使うポケモンのレベルが、プレイヤーの使うポケモンのうち最も高レベルなものに合わせられる。例えば「Lv50、Lv60、Lv70」というメンバーで挑戦した場合、相手はLv70で統一される。

施設によって下限Lvが設定され、相手トレーナーは下限Lvを下回るポケモンは使用しない。エメラルドのバトルテントでは下限Lv30。スタジアムシリーズのジムリーダーのしろやポケモンコロシアム対戦モードのバトル山では下限Lv50。エメラルドのバトルフロンティア及びXDのオーレコロシアムでは下限Lv60。トレーナータワートレーナーヒルのみ下限が存在しない(実質的にはLv2が下限となる)。

トリックルームの活用や天候争いを制すため、グラードンカイオーガなど重要なポケモンをあえてレベル49にし、最遅のさらに下をいくという戦術が一部でみられるが、全ポケモンがレベル50になるルールの場合はこれが意味を成さなくなる。

関連項目