ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

無印編第38話

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索

(ポリゴンショックがなかった場合は次回はルージュラのクリスマスの予定であった。)

でんのうせんしポリゴン
話数 第38話
放送日 1997年12月16日
視聴率 16.5
(関西10.4%)
主題歌
OP めざせポケモンマスター
ED ポケットにファンタジー
スタッフ
アニメ制作 Team Ota
脚本 武上純希
絵コンテ 井硲清高
演出 井硲清高
作画監督 志村隆行

でんのうせんしポリゴンとは、アニメポケットモンスター第38話のこと。再放送に当たるポケットモンスターアンコールでは放送されなかった。


注意:以降の記述には、作品の内容やあらすじ、登場人物などのネタバレが含まれます。ご理解の上利用ください。

あらすじ

旅を続けているサトシたちは、マッチャシティポケモンセンターに立ち寄る。マッチャシティのポケモンセンターはポケモン転送システムの障害で、パニック状態になっていた。サトシたちは、大慌てでセンターを出て行ったポケモン転送装置の作者であるアキハバラ博士を追う。
アキハバラ博士の研究所に入ると、3D(ポリゴン)仕掛けのアキハバラ博士がポケモン転送システムに人間を送り込む装置にサトシたちを案内した。ポリゴン初号機を貸してもらったサトシたちは、ロケット団の悪事を止めるため、電脳世界(ポケモン転送システムの中)に突入した。
電脳世界で、サトシたちはロケット団をみつけ、ポリゴン初号機と零号機のバトルの隙を盗んでバリケードを取り除く。そのとき、ポケモンセンターでは中央センターのプログラマーを呼び、ネットワークにワクチンソフトを打ち込んだ。ロケット団はワクチンソフトの攻撃にあい、バグの穴に落ちてしまう。ロケット団が危機一髪のとき、サトシのフシギダネつるのムチをつかい、ロケット団を助けた。
転送ポイントから外界に逃げようとするサトシたちとロケット団であったが、ポリゴンは重量オーバーで速度が出ず、ワクチンソフトに追いつかれてしまう。ミサイルをかわし転送ポイントに入ったサトシたちであったが、最後に発射されたミサイルが転送ポイントに突入したために、転送装置とアキハバラ博士の研究所は爆発した。転送システムの障害を直したサトシたちは、嘆くアキハバラ博士をなぐさめ、次の町へと向かった。

重要なイベント

登場人物など

登場キャラクター

太字は新登場キャラクター

人物

ポケモン

ポケモンショック

ミサイルの爆発時に使用されたパカパカという効果のため、この回を視聴した視聴者の一部が、光過敏性発作で病院に運ばれた。病院に運ばれた視聴者は大部分が18時51分ごろに意識を失ったと証言しているようだ。実際、パカパカが入ったのは18時51分35秒から5秒間である。この放送の影響で、映像のチェックが厳しくなり、ガイドラインも設けられた。そして、ほとんどすべてのアニメ、特撮にテレビは部屋を明るくして離れてみるという旨のメッセージが追加された。特に、テレビ東京は極端に映像のチェック、規制を厳しくしたため、(俗に言うテレ東チェック)一部非難を浴びている。

関連:ポケモンショック

備考

  • テレビ東京系でのみルージュラのクリスマスの予告が流された。
  • この回を持って1998年4月16日までポケモンは休止された。「ピカチュウの森」から再開しているため遅れ地域では再開までの間にこの回より前の話数が未放映になったものも存在する。
  • ポケモンショックの影響で本38話は欠番となり、コミックス、書籍、ビデオでも除外されている他、以後、ポリゴン2ポリゴンZ含めてポリゴン系統のアニメでの出番はない。