ウルトラサン・ウルトラムーン発売に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケットモンスターSPECIAL 第5章

提供: ポケモンWiki
第5章から転送)
移動先: 案内検索

第5章は、漫画ポケットモンスターSPECIALにおける物語の第5部のこと。

世界観

舞台となるのはポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーンに登場するカントー地方ナナシマリメイク作品のため再登場キャラが多く、悪役としてもロケット団が再び登場する。このロケット団は第3章に出てきた寄せ集めの残党ではなく、サカキが再組織した正統な部隊である。ロケット団の幹部はオールオリジナルキャラになっている。他の章では基本的に主人公は全ての町・全てのダンジョンを回ることになっているが、この章ではページ数の都合のため登場しない場所も多い。海が多いので基本的には船で移動する。5章の結末は異例のバッドエンドとなっており、第6章に連結している。

レッドグリーンブルーの3人ともが主人公という形で描かれている。中でもレッドは特にスポットライトを浴びることが多い。さらに中盤からイエローシルバーが登場し参戦していくことになる。

ポケットモンスターSPECIAL第22巻第26巻に収録。話数は第268話"Escape"第302話"所有者たちの絆"までの34話。5章には"VS○○"という表記は無く、代わりに点字で各話のタイトルが書かれている。

ストーリー

久しぶりにオーキド研究所に戻ってきたレッドとグリーン。しかし研究所内にオーキド博士はおらず、代わりに「レッドとグリーンからポケモン図鑑を取り上げる」というメッセージが残されていた。驚くレッドとグリーンだが、その言葉通りオーキドに図鑑を転送する。また、机の上にはナナシマへの船のチケットが置いてある。2人はそれがオーキドの指示だと考え、ナナシマへ向かうことにした。

同じころナナシマ行きの船にはブルーが乗っていた。ブルーは幼いころに生き別れになった両親とナナシマで再会すると言い、とても喜ぶ。しかし船がナナシマに到着したとき、いきなり正体不明の敵デオキシスが現れる。ブルーは必死で応戦するが、デオキシスはそれを振り切ってブルーの両親に目をつける。デオキシスはブラックホールを作り出してブルーの両親を異空間に送ってしまい、ブルーはショックのあまり意識不明になってしまう。ナナシマに到着したレッドとグリーンはその事件のことを知らされる。そしてブルーの両親を救うためにデオキシスと対決することを決意する。

登場人物

ポケットモンスターSPECIALの登場人物一覧#第5章および以下の個別ページ参照。

初登場が第5章ではない登場人物については、

参照。

主人公

レッド
本作では2度目のメイン主人公を務める。最初から"ポケモンリーグで優勝した有名人"という立場で登場。前回までと比べて冷静に考えて行動するようになったり、礼儀をわきまえたりと成長のほどが伺える。珍しく落ち込む場面も見られる。詳しくは個別の項を参照。
グリーン
今回はレッドと共に冒険をする。理にかなった考えと冷静な行動で、すぐに熱くなるレッドの暴走を止めることが多い。しかし、本章では祖父のオーキドが連れ去られ、怒りのあまりいつもの冷静さを失うこともある。詳しくは個別の項を参照。
ブルー
ストーリーの中盤からレッドたちに合流。今までの悪事を反省し、つらい過去を乗り切って本来の明るい性格に戻っている。今回は彼女の両親と再会することになるが、デオキシスが親をさらってしまい、精神的にダメージを負うことになる。詳しくは個別の項を参照。
イエロー
ストーリーの後半にレッドたちに合流。バトルにやや弱いのは相変わらずだが、今回はイエローの"気"をポケモンたちに送ってパワーアップさせるという超能力的な技を使い、実力差をカバーする。ミュウツーのテレパシーを読み取れる。かなりレッドを信頼している様子。詳しくは個別の項を参照。
シルバー
自分のルーツを捜し求めてカントーに来る。ここで父親がサカキであると知らされ、真相を確かめるために戦いに参加していく。初めのうちはイエローと一緒に行動する。詳しくは個別の項を参照。

新登場人物

キワメ
2の島に住む老婆。伝説のトレーナーと言われており、ハードプラントブラストバーンハイドロカノンの3つの究極技をレッドたちに伝承してくれる。かなりマイペースな性格。やたらと擬音語を多用する。第4章に登場するハギ老人とは仲がよく、ともに伝説のポケモンを探している。
ニシキ
マサキとポケモン転送システムを開発したメンバーの1人。ナナシマのネットワークの管理を担当している。ひ弱そうに見えるが意外と勇敢。
アズサ
ホウエン地方に住む、ポケモン転送システムの開発メンバーの1人。マユミの姉。マユミとは対照的に理論派でしっかりしている。
マユミ
ホウエン地方に住む、ポケモン転送システムの開発メンバーの1人。アズサの妹。アズサとは対照的にひらめき型でおっちょこちょい。
サキ
サカキ直属の親衛隊『ロケット団三獣士』のリーダー。目つきが悪く、狡猾で冷徹。サカキに絶対の服従を誓っている。ポケモンバトルの腕も三獣士の中ではトップクラス。怪物三人組のドラキュラをイメージして描かれているせいで、血色が悪い。
チャクラ
ロケット団三獣士の一員。『~じゃん』・『~ですから』が口癖で、しゃべり方がやや品が無いとサカキに言われる。かなり背が低い。ロケット団の電子系担当で、マザーコンピューターの"r"などのメカを作った。バトル中にやたらと相手をおちょくる。ひそかにロケット団の次期ボスの座を狙っている。怪物三人組の狼男がモチーフ。
オウカ
ロケット団三獣士の一員。体格が大きく、顔はつぶれている。『~なんだな』が口癖。全ての生き物は家族、というのがポリシーだと言うが、実際は様々な生物を痛めつけている。バトルの際は人海戦術を得意とする。怪物三人組のフランケンがモチーフ。

その他の登場人物

マサキ
オーキド博士
サカキ
第1章で壊滅したロケット団を復活させ、再びカントーを襲う。宇宙ウイルスから生まれたデオキシスを手に入れ、その念視能力で生き別れになった息子・シルバーを探し出そうとしている。
カンナ
かつてのカントー四天王の一員。故郷の4のしまに戻るが、そこでナナシマを荒らすロケット団と対面し、故郷を守るためにレッドたちと協力してロケット団と戦う。ぬいぐるみが大好き。

伝説のポケモン

ミュウツー
ミュウ
デオキシス

収録巻

ポケットモンスターSPECIAL
第1章 - 第2章 - 第3章 - 第4章 - 第5章 - 第6章 - 第7章 - 第8章 - 第9章 - 第10章 - 第11章 - 第12章 - 第13章 - 第14章