ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

ミュウツー (ポケットモンスターSPECIAL)

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
ミュウツー
ニックネーム なし
性別 性別不明
特性 プレッシャー
性格 れいせい
おや なし

ミュウツーポケットモンスターSPECIALに登場する伝説のポケモン

概要

  • ロケット団の科学者だったカツラがバイオの力で作り出したポケモン。絶大な戦闘能力を持つ。ミュウツーの体内にはカツラの細胞が溶け込んでいるため、2人の間には不思議な絆があり、ミュウツーがカツラから離れたり3分間以上ボールの外に出て戦ったりすると、カツラの体がもたなくなってしまう。体の周りに球形のバリアを張る、念の力を固めて武器を作り出す、念力を渦状に発生させて巨大な竜巻を作る、など様々な特技を持つ。特にミュウツーのサイコウェーブは巨大な竜巻で敵を中心部分に引き入れてねじ切り、同時にミュウツー自身の身を守る攻守一体の大技。
  • 第2章でも、第1章に引き続いて登場。生みの親であるカツラの手に戻り、四天王を止めるために戦うことになる。普段は特殊な培養液を入れたマスターボールの中に入っている。しかし戦闘時間に制限ができ、制限が過ぎるとカツラに負担がかかってしまう為長期戦が不可能であり、カツラを心配して自分の意思でマスターボールへ戻っている。
  • 第3章では、カツラがエンテイの炎でミュウツー細胞を焼き消した事により自由に動けるようになった。
  • 第5章では再登場し、ロケット団と戦うためにレッドたちとともに戦う。ここではテレパシーで人と会話する能力を身につけているが、ミュウツー自身はまだ「人間は基本的に信用できない」と考えており、普段はレッドとイエローにしかテレパシーを送ることはない。(例外としてグリーンサカキにテレパシーを送っている)
  • 第5章終盤でレッド達とともに光を浴びるがその後の行方が分かっていない。