ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

イブキ/引用

提供:ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動

この記事はイブキの台詞および言及の引用である。

ポケットモンスター 金・銀

台詞

フスベジム
(対戦前)「わたしが イブキ! せかいで いちばんの ドラゴンつかい よ じつりょくも ポケモンリーグ してんのうに だって まけてなんか ないわよ! どう それでも たたかうの? …… そう わかったわ じゃ はじめましょう! わたしも トレーナー どんな あいて だって ぜんりょくで あいて してあげる!」
(勝利時)「この わたしが まけるなんて…… しんじられない なにかの まちがいよ……」
(勝利後)「わたしは みとめないわ まけて いうのも なんだけど あなたの じつりょく じゃ ポケモンリーグに ちょうせん なんて むり よ …… そうだわ! この ポケモンジムの うらに りゅうのあな とよばれる ばしょが あるの そこの おくに おかれた りゅうのキバを とってくることが ドラゴンつかいが いちにんまえとして みとめられるための ぎしき あなたも それが できれば ジムバッジを わたすに ふさわしい トレーナーとして みとめるわ!」
(りゅうのキバを手に入れる前に話しかける)「イブキ『どうしたの? わたしに かてたのが まぐれ じゃないなら とってくるくらい かんたん でしょ?」
(通信交換で手に入れたりゅうのキバを持った状態で話しかける)「イブキ『それは りゅうのあなで とってきた もの じゃ ないでしょ そんな まねを するなんてね がっかりだわ」
(りゅうのキバを手に入れた後話しかける)「すべての バッジが そろったようね むかうは セキエイこうげん ポケモンリーグね ばしょは しってる? そうね ここからだと まずは ワカバタウンに いくことね そこから なみのりで ずっと ひがしに いくと いいわ ただし きびしい みちのりよ ポケモンリーグでも まけたら ゆるさないからね! そうでないと まけた わたしが みじめに なるでしょ!」
りゅうのあな
「イブキ『わかったわ! あなたの じつりょく みとめます このバッジを もって いきなさい」
ライジングバッジを もっていれば どんな たきも のぼれるように なるわ あと すべての ポケモンが あなたを トレーナーとして みとめ どんな めいれいにも したがうわ! それと この わざマシンも もっていくと いいわ」
「なかに はいっているのは りゅうのいぶき …… べつに シャレじゃ ないわよ いらないなら むりして もっていかなくても いいのよ すべての バッジが そろったようね むかうは セキエイこうげん ポケモンリーグね ばしょは しってる? そうね ここからだと まずは ワカバタウンに いくことね そこから なみのりで ずっと ひがしに いくと いいわ ただし きびしい みちのりよ ポケモンリーグでも まけたら ゆるさないからね! そうでないと まけた わたしが みじめに なるでしょ!」

言及

フスベジム 看板
「フスベ シティ ポケモンジム リーダー イブキ せいなる ドラゴンポケモン つかい!」
フスベシティ 男性
「おれも イブキさんのような ドラゴンつかいに なるんだ!」
フスベシティ 男性
(イブキ勝利前) 「ジムリーダーが おまちかねです ですが なみたいていの じつりょく では かてませんよ」
(イブキ勝利後) 「ジムリーダーに かてたのですか! それは すごい…… それほどの じつりょく ならば ポケモンリーグでも かてるでしょう」
フスベシティ 老人
「ドラゴンつかいの おさ イブキさまが みとめられたのなら とおられるが よい」
フスベシティ 民家 老女
「イブキや ワタルは ここで しゅぎょうを つんで ポケモントレーナー としての じつりょくを みがいたのじゃ!」
フスベジム エリートトレーナーのトモエ
「イブキさんと いっしょに きびしい しゅぎょう してるのよ まけるわけには いかないわ!」

ポケットモンスター クリスタル

ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー

ポケギア通話
  • 主人公から電話を掛けたとき
「もしもし…… ああ どうしたの? わたしは げんきに してるわよ そうね…… もういちど しょうぶ するなら きんようびの よるが いいわね そのころ また でんわしなさい!」
(金曜日の夜に掛けたとき)「もしもし…… ああ どうしたの? わたしは げんきに してるわよ あなた いいところに でんわを かけてきたじゃない! また しょうぶ してみましょ?」
「はい」:「ふふふ その やるきは たいしたものね ヤマブキの かくとうどうじょうで まっててあげるわ!」
「いいえ」:「なによ! わたしに ハジを かかせるき!?」
(再戦の約束をした後で再度掛けたとき)「もしもし…… ああ どうしたの? わたしは げんきに してるわよ ヤマブキの かくとうどうじょうで まってるから…… わたしに ハジを かかせないでね」
(かくとうどうじょうの中で掛けたとき)「なに? よくきこえないわねー でんわの せいかしら? べつのとこから かけなおしてみて!」
  • イブキから電話が掛かってきたとき
(再戦の約束をしているとき)「イブキ ですけど…… あなた げんきに してた? ヤマブキの かくとうどうじょうで しょうぶする やくそく わすれたりしてないでしょうね まってるから……」
「イブキ ですけど…… あなた げんきに してた? さいきんね わたしの この さいせんたんの ファッションが まちの うわさ らしいのよ まっ これだけ イケてれば うわさ したくなる ひとたちの きもちも わかるわぁ」
「イブキ ですけど…… あなた げんきに してた? このあいだ ラジオの ひとがきて わたしを しゅざい したいって いうのよ…… よのなか ちゃーんと みてるひとは みてるのよねぇ あら! でも ラジオじゃ せっかくの わたしの びぼうが みてもらえないじゃない! テレビは どうしたのよ! テレビは しゅざいに こないの!?」
かくとうどうじょう
(対戦前)「……きたわね じゃあ さっそく しょうぶよ!」
(最後の1匹を出したとき)「あと1ひき? これからが ほんとうの しょうぶよ!」
(最後の1匹がピンチのとき)「うそー!? かつのは わたし! そう きまってるのよ!」
(勝利時)「また わたしが まけるなんて…… しんじられない なにかの まちがいよ……」
(勝利後)「その ちょうし よ …… …… …… ……がんばって」

ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2

台詞

PWT
(対戦前、1回戦)「わたしが イブキ! 世界で 一番の ドラゴン使い よ」
(対戦前、2回戦)「わたしが イブキ! 世界で 一番の ドラゴン使い よ 実力も 四天王に だって 負けてなんか ないわよ!」
(対戦前、決勝戦)「わたしが イブキ! 世界で 一番の ドラゴン使い よ どんな 相手だって 全力で ぶつかって あげる!」
(勝利時)「終わった……」
(勝利後)「この わたしが 負けるなんて…… 信じられない なにかの まちがいよ…… ……あなた 自慢していいわよ この わたしに 勝ったんだから!」
(敗北時)「ちょっと! もうちょっと がんばりなさいよ!」
(敗北後)「あなたと 戦って いままでの わたしに なかったもの それが わかったような 気がする あなたって 不思議な トレーナーね」
(トーナメント優勝後、ロビーで話しかける)「なによ 優勝 自慢なの? じゃあ いってあげる おめでとう! とても 強かったわ! ……これで いい?」

引用

PWT 実況
「聖なる ドラゴンポケモン使い! イブキ! その 力を みせよォ!」
(レンタルトーナメント)「ポケモンの 強さを ひきだせ! イブキなら それが できるはず!」
PWT 黒服の男性
「イブキさまー! フスベシティで 修行する ドラゴン使いで ジムリーダー! あの ワタルが 兄弟子で 頭が あがらない らしいな! はやく イブキさまが ワタルより 強くなれば いいのにな!」

ポケモンスタジアム金銀

実況

「ついに最後のジムリーダー・フスベジムのイブキとのバトルを迎えました! 猛烈なドラゴンタイプのポケモンの攻撃をかわして、勝利を手にしてほしいところ!」

台詞

  • 対戦前
「わたしの こと、しってる? それでも ちょうせんするって いうの?」
「わたしは ドラゴン つかいの イブキ。しょうぶ ですって?」
「あなた ちょうてんを めざしてるんですって? どれどれ?」
  • 戦闘中
(戦闘開始)「(ポケモンの名前)!」
(イブキの攻撃が急所に当たる)「しつれい。きゅうしょに あたってしまいましたね。」
(プレイヤーの攻撃が急所に当たる)「たしかに きゅうしょに あたったけど それで せいいっぱい?」
(イブキの攻撃技で状態異常になる)「いいんじゃない?」
(戦闘不能)「やられたか……。」
(一撃で戦闘不能)「ふーん……やるわね。」
(次のポケモンを出す)「(ポケモンの名前)!」
(途中交代)「もどれ! (ポケモンの名前)!」
(プレイヤー側が一撃で戦闘不能)「しつれい。」
(プレイヤー側の最後のポケモンが戦闘不能)「ここまでね。」
  • 勝利
「おどろいた……。 わたしを やぶる ものが あらわれる なんて。」
「その うでで どこまで あがれるかしらね。 たのしみだわ。」
「あなたなら じゅうぶんに してんのうと たたかえるわ。」
  • 敗北
「がっかりね。 その うでじゃ ちょうてんを めざしても ムダよ。」
「がっかりだわ。それで ちょうてんを めざしてるの?」
「どうして ここまで これたのか りかいに くるしむわ。」
  • 降参
「ずいぶんと わかりが いいじゃない。」

ポケモンでパネポン

ポケモンマスターズ

メインストーリーWPM編13章
エピソードイベントふたりの王者
エピソードイベント思いを込めた新年祝い
メインストーリーWPM編30章
とある日のイブキ
ポケモンセンター
  • ランダムな会話
「なによ…… ジロジロ 人のことを みて 失礼ね あなた…… もしかして わたしの 格好が 気になるのかしら? このセンスが わかるなんて なかなか みどころがあるわね これこそ 最強の ジムリーダーに ふさわしい 最強の ファッションよ 決して 恥ずかしくもないし おかしな 格好じゃ ないんだからね!」
  • もう一度話しかけた場合
「ふふん あこがれられるのは 悪い気分じゃ ないわね いいわよ 飽きるまで 存分に みていきなさい」
  • ランダムな会話
「有名な ドラゴン使いの ワタルは わたしの いとこなのよ でも 同じ ドラゴン使い 同士なのに 彼ったら ちっとも わたしの力を 認めようと してくれないの! まったく ひどい話だと 思わない? 一体 わたしの なにが 悪いっていうの? 一体 わたしの なにが悪いと いうのかしら……」
  • もう一度話しかけた場合
「別に 嫌ってる わけじゃないわ ちょっと くやしいだけよ 今のは だれにも いわないでよね!」
  • ランダムな会話
「わたしにとって キングドラは とても 特別な存在なの 強く 美しく たくましい その姿は まさに キングと呼ばれるに ふさわしい ポケモンだもの! それに…… わたしが 思うように いかないときは なぐさめてくれる こともあるし キングドラは みための 神々しさは もちろん 心も 美しい ポケモンなのよ」
  • もう一度話しかけた場合
「キングドラと わたしは 一心同体 最高の バディよ」
  • ランダムな会話
「ドラゴンタイプの ポケモンはね 育てるのは 難しいけど あきらめずに 地道に 育てれば ちゃんと 応えてくれる ポケモンなの 育てる難しさから 途中で あきらめてしまう トレーナーも 多いのよ わたしは そんなトレーナーたちに ドラゴンタイプの 育てかたを ちゃんと 教えたいの 不幸な ポケモンや トレーナーを これ以上 増やしたくないからね」
  • もう一度話しかけた場合
「もし あなたが ドラゴン使いを 目指すなら まずは 自分の 好きな ポケモンを みつけなさい 好きなポケモンを 育てるのが 一番よ そして いつの日か あなたの ドラゴンポケモンと 勝負しましょう」
  • ランダムな会話
「ちょっと! (主人公の名前)! 世界一の ドラゴン使いである わたしから 学ぶことは 多いはず! もしよければ わたしが 直々に あなたを 鍛えて あげてもいいわ ふふふ WPMが 終わったら わたしの もとに きなさい! わたしの 弟子に してあげる! 光栄に 思いなさい!」
  • もう一度話しかけた場合
「絶対よ? 約束したんだから ちゃんと わたしの所に 来なさいよ!」
  • ランダムな会話
「わたしには わかるわ! あなた ドラゴンタイプの ポケモンに ずいぶんと 興味が でてきたみたいね! ふふん まあ 強いものに あこがれる気持ちは わかるけど! でも ドラゴンタイプの ポケモンは 気高い 伝説の 生き物! そう 簡単に 心を 許したりしないんだから! 自分が 実力を 認めた相手にだけ その力を 貸してくれるのよ」
  • もう一度話しかけた場合
「心を 通わせるのは 難しいけど ドラゴンタイプは パートナーとして 最高の ポケモンよ! あなたも きっと 夢中に なるわよ!」
  • ランダムな会話
「わたしにとって 敗北は ありえないものよ 勝利こそ 絶対…… そう思って 戦ってきた わたしと キングドラの 力を 証明するには それしか ないもの だから 誰が相手でも 勝たなくちゃ いけない そう…… これまで ずっと 自分のために 負けたくないと 思ってたけど これからは…… ……ううん なんでもないわ」
  • もう一度話しかけた場合
「いい? あなたは わたしが 実力を 認めてあげた 相手 だから わたし以外に 負けるなんて 許さないわ! 誰にも 負けないって 約束しなさいよ? 絶対だからね!」
  • プレゼント
「ねえ ちょっと…… ええっと…… これあげる たまたま 手に入ったものだから あなたに あげるわ…… いらないなら 無理して 持っていかなくても いいのよ」
「せっかく あげたんだから わたしだと 思って 大事に しなさいよ あっ! だからって 出し惜しみは しないでよね!」
  • ログイン時
「(主人公の名前) やっと 来たのね! あんまり 待たせないでよ ふふふっ じゃあ 冒険を 始めましょうか!」
  • ログイン時(朝)
「朝早くから ずいぶん 暇なのね!」
  • ログイン時(朝)
「暇なら わたしが 話し相手に なってあげても いいわよ」
  • ログイン時(昼)
「遊んでる 暇が あったら さっさと 動きなさいよ」
  • ログイン時(昼)
「いい天気ね 気分が いいから 一緒に 遊んであげましょうか?」
  • ログイン時(夜)
「夜ふかしは よくないわよ 休めるときは 休みなさい」
  • ログイン時(夜)
「まだ起きてたの? どうしてもって いうなら わたしが いてあげてもいいわ」
音声
ボイス1「わたしはイブキ 世界でいちばんのドラゴンつかいよ」
ボイス2「わたしが世界でいちばんのドラゴンつかいよ」
ボイス3「どんな相手だって全力でぶつかってあげる」
ボイス5「これがわたしたちの 本当の力!」
チーム編成時「仕方ないわね 協力してあげるわ」
チーム解散時「じゃあ またね」
対戦相手として登場した時「わたしに勝てると思ってんの?」
バディーズわざの演出「みとめないわよ」
バディーズわざの指示「いくわ!」
ポケモンのわざやトレーナーのわざ、どうぐを使った時「いきなさい」「そこね」

スタンプ

よろしく「みとめないわよ」
ありがとう!「ありがとう」
キケン!「ちょっと 気をつけて」
いいね!「ナイスよ」
交代時「さあ いくわよ」