ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

すいせんじょう

提供: ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動

すいせんじょうはアイテムの一種。

説明文

ソード・シールド
ジムチャレンジ という たいかいに さんか するための すいせんじょう。
(漢字) ジムチャレンジ という 大会に 参加 するための すいせんじょう。

入手方法

ソード・シールド
2ばんどうろダンデからもらう。

ストーリーにおけるすいせんじょう

ガラル地方ジムチャレンジに挑戦するためにはこのすいせんじょうを受け取る必要がある。そのためチャレンジャーは全員リーグ関係者の誰か(ジムリーダーなど)に推薦してもらい挑戦する。

作中ではダンデに推薦されることは非常に珍しいと語られており、それ故に主人公とホップは各地の関係者達や他の挑戦者等に最序盤から注目の的となっていた。この事から、すいせんじょうの受け渡しは、その権限を持った人物による匙加減によるものが大きいと見られる。

主人公ホップはチャンピオンのダンデよりすいせんじょうを受け取る。ビートは委員長のローズから受け取っている。ダンデが初めてジムチャレンジに挑戦した際に推薦したのもローズである。

推薦を受けた者の傾向

NPCやジムリーダーの発言より、すいせんじょうを受け取っていてもジムチャレンジに失敗する人は多く存在し、中でもカブ相手に敗れてリタイアする者が特に多いとのこと。

ホップもジムで負けた場面があり、作中において実力面は優れていた(と思われる)ビートは実力と関係ない場面で失格にされたため、一度負けただけで失格になる訳ではないが、逆に実力があっても素行等によっては失格になる事もある。

また、主人公の代ではキバナの元に辿り着けたトレーナーは(元々の参加人数等は不明だが)10人に満たず、その中でセミファイナルトーナメントまで進出した者は4人(主人公、マリィ、ホップ、その他トレーナー1人)しかいなかった。

尚、ファイナルトーナメントではビートと戦うが、彼はラテラルタウンでの一件により失格し、その後乱入をダンデが認めた特例であり、正規の参加資格を満たしていない。

各言語版での名称

言語 名前
日本語 すいせんじょう
ドイツ語 Empfehlungsbrief
英語 Endorsement
スペイン語 Recomendación
フランス語 Recommandation
イタリア語 Referenze
韓国語 추천장
中国語 簡体字 推荐函
繁体字 推薦函