アカウント作成関連の適正負荷率のパラメータに誤設定があり、アカウント作成がしにくい状況であったことが判明しました。現在はパラメータの修正済みです。ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

田中宏和

提供:ポケモンWiki
たなかひろかずから転送)
ナビゲーションに移動検索に移動
ウィキペディアにも「田中宏和」の項目があります。

田中 宏和(たなか ひろかず、1957年12月13日 - )は、サウンドクリエーター、作曲家、編曲家。元任天堂社員。クリーチャーズの前代表取締役社長、クリエイティブフェロー。「たなかひろかず」名義で『めざせポケモンマスター』などアニメポケットモンスターのテーマ曲を多く手がけているほか、ゲーム「ポケパーク」シリーズや「ポケモンレンジャー」シリーズの企画・開発、ポケモンカードゲームのエグゼクティブプロデューサーなども務めている。

人物

1957年、京都府に生まれる[1]。1980年、任天堂にサウンドエンジニアとして入社し、製造本部開発第一部に所属して多くのゲーム音楽を制作する[1][2]。1997年、「たなかひろかず」名義でアニメポケットモンスターの主題歌『めざせポケモンマスター』の作曲を手がけ、180万枚のセールスを記録する[3]。1999年に任天堂を退社[4]し、同年2月にデジタルゲーム部門の開発部長としてクリーチャーズに入社[5]、2001年2月には代表取締役社長に就任した[5]

クリーチャーズ入社および同社代表取締役社長就任後もアニメポケットモンスターの主題歌などの作曲・編曲を多数手がけている。また、『ポケパークWii 〜ピカチュウの大冒険〜』など「ポケパーク」シリーズや『ポケモンレンジャー』など「ポケモンレンジャー」シリーズの企画・開発を行ったり、ポケモンカードゲームのエグゼクティブプロデューサーも務めたりする[3]など、多岐にわたる分野でポケットモンスターに深く関わり続けている。

2023年4月6日、同年4月1日をもって代表取締役社長を退任することが発表された(後任は北野祐司)[6]。併せて取締役も退任し、以降はクリエイティブフェローとしてクリーチャーズの開発・制作に携わっている[7]

作品

1990年代

2000年代

2010年代

クレジット

脚注

  1. 1.0 1.1 TAITAI; 増田雄介 (2015年12月29日). "【岩田 聡氏 追悼企画】岩田さんは最後の最後まで“問題解決”に取り組んだエンジニアだった。「ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!」特別編". 4Gamer.net. 2023年8月18日閲覧。
  2. 株式会社COTEN (2022年6月14日). "次の世代を応援するための法人COTEN CREW | 田中 宏和 × 深井 龍之介・楊 睿之(ヤンヤン)". note. 2023年8月18日閲覧。
  3. 3.0 3.1 タナカヒロシ; 豊島望; 佐々木鋼平 (2014年9月9日). "語り継がれる名作『MOTHER』からの25年 鈴木慶一×田中宏和". CINRA.NET. 2023年8月18日閲覧。
  4. "Dub the future of game sound! ~ゲームサウンドの歴史と将来ビジョン~ | CEDEC 2010 | CESA Developers Conference". CEDEC 2010 | CESA Developers Conference. 2023年8月18日閲覧。
  5. 5.0 5.1 "クリーチャーズについて - 株式会社クリーチャーズ". 株式会社クリーチャーズ. 2016年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年8月18日閲覧。
  6. "代表取締役交代のお知らせ - 株式会社クリーチャーズ". 株式会社クリーチャーズ (2023年4月6日). 2023年8月11日閲覧。
  7. "役員人事に関するお知らせ - 株式会社クリーチャーズ". 株式会社クリーチャーズ (2023年5月29日). 2023年8月11日閲覧。

関連項目

外部リンク