アカウント作成関連の適正負荷率のパラメータに誤設定があり、アカウント作成がしにくい状況であったことが判明しました。現在はパラメータの修正済みです。ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

おかあさん (ガラル地方)/引用

提供:ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動

この記事はポケットモンスター ソード・シールドにおける主人公おかあさんの台詞および言及の引用である。

ポケットモンスター ソード・シールド

台詞

ハロンタウン
「ホップくん 今日は 大事な 日 じゃないの?」
  • ホップが家から出た後
「ホップくんが いってたよね バッグを 忘れるなって! バッグと ぼうしなら (主人公の名前) あなたの 部屋に あるでしょ」
  • バッグと帽子を身に着ける
「さすが にあうわね! ほら ホップくんが 待ってるでしょ ただ 森には 入っちゃ ダメよ」
  • ポケモンをもらった後
「あら (サルノリ/ヒバニー/メッソン)って すてきな ポケモンなのね! ダンデさんから きいたわよ ポケモン図鑑を もらいに ブラッシータウンに いくんでしょ はい! おこづかい! ポケモンセンターで キズぐすり とか いろいろ 買っておくと いいからね (サルノリ/ヒバニー/メッソン)は あなたのために 一生懸命 戦うんだよ あんまり ムチャさせないでね」
「(サルノリ/ヒバニー/メッソン)! (主人公の名前)を よろしくね なにか あったら 帰っておいで 家なら ゆっくり 休めるでしょ 」
  • 冒険に出た後
「ちょっと (ポケモンの名前)の 元気 マイナス じゃない? ちょっと 休憩しなさいよ」
(回復してもらった後)「ポケモンが いっしょに いて どこまでも 行ける 元気が あれば 自然と 笑顔に なるよね!」
ブラッシータウン
「なにが あっても パートナーと 力を あわせれば 大丈夫!」
ハロンタウン(ブラックナイトが起きた後)
ソニア「あれ? (主人公)に ホップ って 忘れてたぁ! チャンピオンマッチ じゃん! どうして ここに いるの?」
ママ「ソニアったら! なにも 知らないのね ローズ委員長が 大会を めちゃくちゃに したのよ!」
ソニア「え? えー!? まどろみの森を 調査している あいだに 何が 起きていたんですか?」
ママ「あのね ナックルスタジアムが 黒い 渦で 覆われちゃって なんていうの? ブラックナイトだっけ? もう メチャクチャって 感じよ でも 大丈夫よね! 無敵の チャンピオンが なんとか してくれるんでしょ?」
  • 主人公がまどろみの森へ行った後
「できることを すれば いいじゃない だって あなたは もう 立派な ポケモントレーナー なんだから!」
主人公の家(チャンピオンになった後)
マグノリア「チャンピオン おめでとう わたくしからの お祝い ですよ」
ママ「マグノリア博士 わざわざ お越し いただくなんて」
マグノリア「(主人公の名前)は それだけの ことを してくれたのです ダイマックスを ひきおこす ねがいぼしは ムゲンダイナの 一部 その ムゲンダイナが 目覚めさせられ ダイマックスの ための パワーが 各地に みなぎりました…… あのままでは ダイマックスした ポケモンたちが 暴れまわり ガラルが 混乱したのを (主人公の名前)たちが 救ってくれた とはいえ ダイマックスは すでに ガラル地方の 大事な 文化 みなが ダイマックスの 力を 正しく 使うことを ねがいます それではね (主人公の名前) あなたの したいことを なさい」
ママ「マグノリア博士…… ダイマックスの 研究を なさっていただけに 委員長のこと 悩んでいるのね」
ママ「マスターボールって どんな ポケモンでも 捕まえられる すごい ボールなんでしょ? そんな ボールを 使いたくなる ポケモンとも いつか 出会うのね!」

言及

主人公の家 テレビ
「ママが コメディドラマを 楽しんでいる テレビだ」
主人公の家 オーブンレンジ
「ママが 絶対に 買うと いっていた 最新型の オーブンレンジ」
ホップ
「ポケモン図鑑を もらうこと おばさんに いっておかないとな」
「ブラッシータウンに 行くこと おばさんに 話しておかないとな」