ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

反転世界

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索

反転世界(はんてんせかい)とは異世界の一種。劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ギラティナと氷空の花束 シェイミの舞台の一部となった。

概要

やぶれたせかいポケットモンスタープラチナに先駆け、設定を変えて劇場版で表現した場所だと思われる。

ムゲン曰く、「現実世界の裏側にぴったりくっついている、もう一つの世界」。現実世界の風景を歪ませ、縦に繋げたような地形をしている。泡が漂っており、所々重力が小さくなったりとおかしくなっている個所がある。時間の流れは現実世界のものに即しているらしく昼夜がある。また、反転世界に入った場所と出る場所が近いと、現実世界でも入った場所に近い場所に出られるなど、空間座標の対応もみられる。生物については、ギラティナと植物、住み着いて研究しているムゲン以外には見当たらない。

現実世界とは干渉し合う関係であり、浮遊している泡を壊すとその泡に映っている現実世界の場所に衝撃が加えられ、また反転世界の物質を破壊すると現実世界の物質にも何らかの影響が及ぶ。劇中ではゼロが反転世界の氷柱を切断し、現実世界の氷山を動き出させた。逆に、現実世界から反転世界に影響を与える例としては、ディアルガパルキアの争いで起きた時空の歪みから生じた毒ガス、黒い瘴気があげられる。ムゲンの説明によると、この瘴気は時空のバランスが崩れないように調整する役目を持っているとのこと。

ギラティナのみが次元の渦を生み出す事で現実世界とこの世界を自由に行き来でき、またシェイミシードフレアによって生じるフレアホールに吸い込まれる事で、反転世界から現実世界へ一方通行で移動可能である。

やぶれたせかいとの違い

反転世界と比べると、現実世界との関係が希薄であることが挙げられる。

  • 現実世界の風景を反映しておらず、昼夜の区別もない。
  • 上記に合わせて現実世界との空間座標の対応がない。やりのはしらからやぶれたせかいを経由し、離れたおくりのいずみに出る。
  • 現実世界に影響を与える泡がなく、現実世界と影響を与えあう描写はない。ただしアカギはDNAの螺旋構造のようにお互いに修復・補完しあう関係にあると仮定している。

など。

備考

  • ムゲンは説明の中で「掟破りのやぶれたせかいさ」と、後日発表されたやぶれたせかいの存在を暗に示していた。ただし、ルールや法則が成り立たないときに破れていると表現するので(たとえば対象性の破れ等)、やぶれたせかいの解釈はそのまま「(現実世界の法則が)やぶれたせかい」で問題ない。
  • ゼロはこの世界を人間が汚していると発言したが、人間のどのような行動がどのように反転世界に影響を及ぼすのかは劇中では明かになっておらず、不明である。

関連項目