ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

Dr.オーヤマ

提供:ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動

Dr.オーヤマは、オーヤマ研究所でポケモンカードの研究をしている男性。

人物

ポケモンカードGBではゲーム最初に主人公にデッキ(ヒトカゲとともだちデッキゼニガメとともだちデッキフシギダネとともだちデッキから選べる)と選んだデッキによって異なるカード30枚を与えた。ストーリー中に時折主人公にメールを送り、うち12通はクラブマスター8人とグランドマスター4人の使用デッキに関するヒントで、残り3通もゲームシステムに関するヒントになっている。いずれも拡張パックが同封されている。エンディング後には研究所にチャレンジマシンを設置した。

ポケモンカードGB2 GR団参上!では主人公にさいしょのデッキを託し、GR団を倒してカードを取り戻すことを依頼した。デッキ診断システムを開発したほか、エンディング後には研究所にチャレンジマシンを設置した。

備考

  • モデルは大山功一[1]
  • ポケモンカードのイラストレーターとしても「Dr. Ooyama」として登場。実際は大山功一が書いたものと思われる。→カテゴリ

各言語版での名称

言語 名前 由来
日本語 Dr.オーヤマ 大山功一
ドイツ語 Dr.Mason 英語と同じ
英語 Dr.Mason
スペイン語 Dr.Mayo
フランス語 Dr.Mason 英語と同じ
イタリア語 Dr.Mason 英語と同じ

脚注

  1. 元宮秀介&ワンナップ編著、クリーチャーズ監修『ポケモンカードGBオフィシャルガイドブック』(1999)、76頁。ISBN 4-88991-801-9.