ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

N (カードゲーム)

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
N
種類 サポート
説明文 おたがいのプレイヤーは、それぞれ、手札をすべて山札にもどし、山札を切る。その後、それぞれ、自分のサイドの残り枚数ぶん、山札を引く。
イラスト Ken Sugimori
Megumi Mizutani
Yusuke Ohmura

Nはトレーナーのカード。

レアリティ・コレクションナンバー

シリーズ レアリティ コレクションナンバー
レッドコレクション U(◆) 066/066
レッドコレクション SR 071/066
バトル強化デッキ60 レシラムEX 016/018
バトル強化デッキ60 ゼクロムEX 016/018
マスターデッキビルドBOX EX 041/046
プロモーションカード 180/BW-P
218/BW-P

解説

ロケット団の幹部の再録。互いに手札をリセットし、残りサイド枚数ぶん新しい手札を得る。元の手札はトラッシュではなく山札へ行くため、後にもう一度利用できる可能性もあるが、PCG~DP時代と異なりピジョット (PCG1-B) など旧シリーズの強力なサーチカードがレギュレーションから落ちているため、再利用の可否はほとんど運任せ。また、戻した札をもう一度引いてしまいリセットの効果が低くなることもある。

序盤は単純にドローソースとして使えるが、引ける最大枚数は6枚であり、さらにサイドを取ると引ける枚数が少なくなる。ドローソースとしてはアララギ博士の方が優秀か。

このカードの特徴は相手の手札もリセットできる点にあり、特に自分が劣勢の状態で使うと自分の手札をリフレッシュしつつ相手の手札を減らし、大きなハンドアドバンテージをとれることもある。

備考

  • (2012.9) プラズマ団に入団キャンペーン[1] (180/BW-P)
  • (2013.4) ポケモンカードゲームBW キラカード付きスペシャルパック N[2] (218/BW-P)

関連項目

  • N (ゲーム)