ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

BWループ

提供: ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動

BWループとはポケットモンスター ブラック・ホワイトにおいて希望の個体値を持ったポケモンを出す乱数調整手法である。

概要

ポケットモンスターシリーズでの個体値などの決定には擬似乱数を使用する、今作では擬似乱数を生成する手法が変更されたため、乱数のシミュレーションがむずかしくなった。

方法

乱数の種の電源投入時の初期値は1秒ごとに変化する値である。 なお、続きからはじめるを選んだ瞬間に上記で求められる値が擬似乱数生成機にセットされる。 その後ある一定の法則で擬似乱数生成機が働く。その後ポケモンとバトルを開始したときの擬似乱数生成機が吐き出した数値が個体値その他となる。 これを駆使することにより、希望したポケモンを得ることができる。

技術的解説

擬似乱数

ダイヤモンド・パール・プラチナにおいて使用されていた線形合同法は擬似乱数の結果をシミュレーションしやすかった。そのため公式側は乱数の生成方法を変更し乱数の解析・利用を難しくしようとしたが、発売からほどなくして解析されたのみならず、疑似乱数の変更タイミングが減少した等の不適切な実装がされていたため、より利用がしやすい状態であることが判明した。[1]

この節は書きかけです。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。

性格値

色違い

個体値

ポケモンの生成

関連項目

脚注

  1. 実際にはタイミングあわせしやすいフレーム依存の擬似乱数であることも乱数の利用を促進する原因である