ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

ヒカリ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
ヒカリ
英語名 Dawn
出身地等 フタバタウン
年齢 10歳
職業 ポケモンコーディネーター
声優 豊口めぐみ
このページではアニメの登場人物のヒカリについて解説しています。ゲームの登場人物についてはヒカリ (ゲーム)を参照してください。

ヒカリとは、アニメポケットモンスター ダイヤモンド&パールのもう一人の主人公。

フタバタウンから旅立った、新人コーディネーター。パートナーのポッチャマとともに、トップコーディネーターを目指す。母親のアヤコはトップコーディネーターであり、その影響が大きい。口癖は「大丈夫」や「だいじょばない」(大丈夫じゃないの略語)。ロケット団に追われるサトシのピカチュウを保護してトレーナーのサトシを探しに行った縁でサトシ達と一緒に旅をする事になる。

特徴

  • DP編のヒロイン。サトシのピカチュウを野生のポケモンと間違え、ゲットしようとしたところを反撃されて自転車を壊されてしまう。カスミハルカとは異なり弁償は求めず、後にサトシに対し「もう気にしていない」と言っている。
  • 基本的に明るい性格。おしゃれが大好きで旅立ちの日も、スーツケース一杯に服を入れて持っていこうとしたほど。髪がくせ毛になりやすいらしい(DP編第9話ではポッチャマバブルこうせんでくせ毛を直していた)。甘いものが好きで、方向音痴。しかし、母親から教わったのか新人の割にポケモンやバトルに詳しい。とっさのひらめきに優れるなどサトシとよく似ている。
    • サトシとは基本的に仲はいいが意見が合わなければ口喧嘩をしたり張り合ったりする。シンジに対しては「お前、誰?」「覚えてない」という言動に激怒し、それ以来サトシに対する彼の言動に対して物申したり呆れたりする。幼馴染であるケンゴに対しては基本的に親しくしつつも、ポケッチのアプリを自慢したり、バトルを申し込むなど対抗意識を持っている。
  • 普段はポジティブだが、根が真面目なせいか自分を責めやすく落ち込みやすい。悩みや迷いを長期間抱え込むなどという一面も持つ。またパニックになったときなど自分の事で手一杯になりやすく周りやポケモンの様子が見えなくなる事があるが、その反面ポケモンの一大事には冷静に対処する責任感もある。(マンムーが怪我をしてしまった時は、トレーナーの不安がポケモンに伝わらないよう明るく前向きに看病した。)落ち込んでしまった時はサトシやタケシなどに励ましてもらい、立ち直ることがある。
  • 口癖の「大丈夫」を言うときは、本人は大丈夫だと思っているが、他人から見れば大丈夫じゃない時がほとんど。
    • 幼稚園時代からの口癖らしく、幼馴染のユモミの口癖が移ったという可能性もある。
  • 幼馴染はケンゴとユモミ。ケンゴはヒカリのライバルでもあるが、ゲームポケットモンスター ダイヤモンド・パールライバルとは異なる。
    • ダイヤモンド・パールのライバルの姿をしたキャラに、ジュンがいる。
  • ヒカリが幼稚園の時には、髪型をヒコザルのようにしてしまったり、学芸会で大失敗をしたり、パジャマのまま幼稚園に来たりしたことがあるという。
  • また、ケンゴやユモミから「ピカリ」と呼ばれることがあるが、本人はかなりこのあだ名を嫌っており、絶対に由来をしゃべらせようとはしない。あだ名をつけられた理由はDP編第161話で明かされた。ヒカリが幼稚園児だった頃、ケンゴ・ユモミと共にポケモン係を任され、プラスルマイナンの世話をすることになり、2匹を抱えた所を2匹が発した電気でヒカリの髪型が弾けるように光ってしまった。それを見たケンゴに「ピカリ」と名付けられ、笑い物にされた。これが原因でプラスルとマイナンに対してトラウマが出来てしまったが、ポケモンコンテストアサツキ大会決勝のウララとの対決で例の髪型になった時、マンムーとヒノアラシの励ましにより、トラウマを克服出来た。
  • 一人称は「あたし」か「わたし」。服装はノースリーブの服に丈の短いスカートを着ているが、チアガールやメイドなどの服も着ることもある。キッサキシティ付近への旅ではプラチナの女主人公と同様の赤いコートを着ていた(髪留めはピンクではなく通常の黄色)。ポケモンずかんはピンク色で、ポケッチは赤。
  • モデルになったダイヤモンド・パール・プラチナの女主人公の公式イラストと見比べてみると、細かい違いがいくつかある(髪の色はゲームでは黒髪に対しアニメでは紺色。マフラーも少し短く、ゲームではボストンバッグを持っているのに対しアニメではリュックを背負っている。上述の通りコートを着ていたときも髪留めは通常通り黄色)。
  • ポケモンをモンスターボールから出すときは、「○○、Charm Up!」と言う。
  • ハルカのことを以前から知っており「ホウエンの舞姫」と呼び尊敬していたがDP編第76話でロケット団に食べ物を奪われ炎を上げて怒った姿を見て「ホウエンの舞姫のイメージが崩れた」と嘆いていた。
  • BW編では、第85話から第93話まで登場。第86話でサトシ達と合流し、デントとポケモンバトルをした。図鑑はベルラングレーのものと同じものに変わり、ポケッチはライブキャスターに変わった。
  • ポケモンワールドトーナメントジュニアカップでは2回戦でマンムーを使ってアイリスカイリューと戦って敗北した。
  • ポケモンワールドトーナメントジュニアカップが終わった後はミクリカップに参加するためにジョウト地方へ旅立った。

所持ポケモン

ポケモンサマースクール

別れたポケモン

ヒカリのポケモン
手持ちポッチャマ - ミミロル - パチリス - マンムー - マグマラシ - トゲキッス
一時的ブイゼル
別れたエテボース


経歴


注意:以降の記述には、作品の内容やあらすじ、登場人物などのネタバレが含まれます。ご理解の上ご利用ください。

公式大会

非公式大会

  • お祭で行われた非公式のポケモンコンテスト(DP編第22話)、2次審査敗退(ムサシに敗れる)

その他

ポケットモンスター ダイヤモンド&パールの登場人物
【レギュラー】 サトシ - ヒカリ - タケシ - ピカチュウ - ポッチャマ
【ライバル】 シンジ - ナオシ - ノゾミ - ケンゴ - コウヘイ - ジュン - ウララ - タクト
【ロケット団】 ムサシ - コジロウ - ニャース - サカキ - マトリ
【ギンガ団】 サターン - マーズ - ジュピター - プルート - アカギ
【主要人物】ジョーイ - ジュンサー - スキゾー - モモアン - オーキド博士 - オダマキ博士
【ゲスト】 J - ユウカ - レイジ - アオイ - カラシナ博士 - コトネ - カズナリ - ハンサム
【家族】 ハナコ - アヤコ
【ジムリーダー】 ヒョウタ - ナタネ - スモモ - マキシ - メリッサ - トウガン - スズナ - デンジ
【四天王・チャンピオン】 ゴヨウ - リョウ - オーバ - キクノ - シロナ - ミクリ
【フロンティアブレーン】 ジンダイ - クロツグ
【その他ゲストキャラ】 シンオウ編