ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ダークボール (カードゲーム)

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
ダークボール
種類 グッズ
説明文 自分の山札の下からカードを7枚見て、ポケモンを1枚選び、相手プレイヤーに見せてから、手札に加える。その後、山札を切る。
イラスト Ryo Ueda
シリーズ 守りのトリデプス
湖の秘密
レアリティ ◆(U)

ダークボールはトレーナーのカード。

解説

マスターボールの互換カード。一番下から引くという点で異なるが、使い方はさほど変わらない。以下は山札の残り/目的のカードの枚数とそれを引ける確率 (単位:%) の対照表である。山札の枚数が少ないほど性能は上がるが、狙ったポケモンを引きやすくなるのはかなり後半になってから。序盤ではモンスターボールのほうが高確率。どちらにしろ運次第なので、運要素を嫌ってハイパーボールポケモン通信などを採用する場合も多い。

山札 1枚 2枚 3枚 4枚
50 14.0 26.3 37.0 46.4
45 15.6 29.0 40.5 50.5
40 17.5 32.3 44.8 55.2
35 20.0 36.5 49.9 60.9
30 23.3 41.8 56.4 67.7
25 28.0 49.0 64.5 75.8
20 35.0 58.9 74.9 85.2
15 46.7 73.3 87.7 94.9
10 70.0 93.3 99.2 100.0

関連項目