ウルトラサン・ウルトラムーン発売に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

Bulbagarden forums

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

Bulbagarden forumusは、Bulbagardenの公式ディスカッションフォーラム。ポケモンファンの活動のあらゆる分野の話題について話し合う場を提供するために設置されている。アニメポケットモンスターのような直接的なものから、果てはポケモンファンが楽しんでいるポケモン以外のゲーム、テレビ番組、日常生活などについても扱う。

Xenforoが使用されており、ArchaicによってBulbagardenが2003年1月1日に再開してから、Bulbagardenの最初で最も歴史の長いプロジェクトである。

70を超えるモデレータ、スーパーモデレータ、管理者によって管理されており、Shiny Celebiが管理者長 (Head Administrator)を務めている。彼らは話し合いが礼儀正しく、興味深いものであることを保つため、また認められない目的のため(広告行為など)に用いられないように活動している。彼らに拠って、話し合いが活発化するための新たな手段についても模索が続けられている。

このフォーラムはしばしば元の正式名称のBulbasaur's Mysterious Garden forumsを省略してBMGfと呼ばれる。Bulbagardenの正式名称 (Bulbasaur's Mysterious)を使用するプロジェクトの呼称の中では、最も一般的なものである。

歴史

現在のBulbagarden formusは2002年12月28日にArchaicによって作成された。これは、2001年に閉鎖したBulbagardenを復活させるための試みの一部であった。もともとは、Archaicが他のファン活動をしている中から選んだスタッフのみアクセスが可能であったが、この数日後の2003年1月1日に公式に公開された。当時、管理者長の公式的な立場はなかったが、Archaic自身がスタッフを率いており、後にMurgatroydがその立場を継いだ。また、Mozzも初期から重要な立場にあった。

最初の公式な管理者長は、2003年後半に指名された、Damian Silverbladeとしても知られるEvil Figmentであった。彼は、Archaicに選ばれた初期のスタッフの一人であり(以前はThe PokéMastersのモデレータであった)、フォーラムの同人創作分野におけるトップであった。彼はArchaic不在の間、Bulbagardenプロジェクトの全てを監督しており、ファンサイトのないなかBulbagarden forumsの存続に積極的に注力した。彼は2006年初めに辞職している。

Evil Figmentの後任はevklであった。彼は、Bulbapediaの編集主任 (Editor-in-Chief)であり、Evil Figmentの管理者長代理でもあった。evklはサイトの急速な拡大の時期においてフォーラムの司会を務め、サイトが広大に拡張した2010年、彼の仕事は2つに分けられた。Bulbagardenのスタッフの主任(後に副ウェブマスター (vice-webmaster)に取って代わられた)であり、もう一つがフォーラムの管理者長であった。このうち、前者をevklは続投し、後者についての活動を停止した。

evklの後任は、もともとOutside the Boxフォーラムのリーダーであった、$aturn¥oshiであった。彼はユーザー数の成長に伴うスタッフの急増を監督した。この急増によって管理者長の仕事時間はますます増大し、Evil Figmentがときどき仮編集者長として働いたとはいえ、単純に対応できるものではなくなっていった。

次の編集者長はMusashiであった。このときまで、アニメフォーラムの共同責任者で、フォーラムの管理作業を訂正する作業についており、管理者長の負荷を減らし、効率の良いマネジメントを確実にしていた。結果として、フォーラムのトップの権力と他のスタッフの地位の役割がより明確に定義され、数人のスタッフが交代することとなった。この仕事が終了した後、Musashiは2013円1月からBulbaNewsNOWでの仕事に専念することとなった。

彼女の代わりに$aturn¥oshiが仮編集者長となったが、4月にソーシャルメディアのコーディネーターに任命され、IteruとGamaが共同編集者長として決定された。これによって、管理者の作業時間軽減が期待されている。Araragi-Hakaseが次の管理者長であった。現在は、Shiny Celebiが管理者長を務めている。

フォーラムはサーバーの切り替わる2015年11月6日まではvBulletinによって稼働していたが、現在はXenforoが使用されている。新サーバーは停止から6日後の2015年11月12日に稼働した。

カテゴリ

フォーラムは7つのカテゴリに分けられている。1つは「Bulbagardenウェルカムセンター 」(Bulbagarden Welcome Center)であり、告知や規則をカバーし、新しいメンバーの自己紹介の場として用いられている。「現在のイベント」 (Current Events)には発売予定のポケットモンスターシリーズのゲーム(と同時にアニメ)、Bulbanewsに投稿されたニュースについての話し合いの場が設けられている。「ポケモンフォーラム」 (Pokémon Forums) はポケモンのゲームについて話し合う場であり、Wi-Fiによるポケモンバトルや交換が行われている。また、ポケモンのアニメ、マンガ、カードゲーム、商品や他のメディア、カップリングやポケモン世界全般についての話し合いも行われている。「クリエイティブコーナー」 (Creative Corner) は、小説・絵・音楽などの作品を公開し、評価を受ける場である。「Bulbagardenゲームコーナー」 (Bulbagarden Game Corner) では、ロールプレイングゲーム(テーブルトークRPG)、mafia games、Play-by-post role-playing gameなどが行われている。「ラージスケールフォーラムゲームス」 (Large-Scale Forum Games) は、Bulbagardenの公式RPGであるURPGFizzy Bubblesのカテゴリである。「向こうの世界」 (World Beyond) はポケモンに関係ない話し合いについて扱う。

文化

フォーラムには多くの伝統があり、たとえばハロウィンとクリスマスに行われる仮面舞踏会などがある。クリスマスコンテストも一般的になっており、2009年に「ラージスケールフォーラムゲームス」で行われたのが始まりであり、その後も続いている。

Outside the BoxフォーラムはBulbagardenの長く続く伝統が多くあり、チャットスレッド、絵スレッド、ランダムメッセージスレッドなど様々な遊びが行われている。

RPGプロジェクト

2つのフォーラム間ロールプレイングゲームFizzy BubblesとURPGの開催地でもある。

外部リンク