ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

ふしぎなメール

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

ふしぎなメールとは、ポケモン不思議のダンジョンシリーズに存在するシステム。

概要

本編におけるポケモン交換・アイテム配布などの通信要素を受け持つ。ふしぎなメールを送受信することによって、新たな依頼を受けたり道具を手に入れたりすることができる。ゲーム開始直後では使用できず、ストーリーをある程度進める必要がある。

送り方はソフトによってワイヤレス通信、Wi-Fi通信、パスワード、QRコードなどがある。

各シリーズにおけるふしぎなメール

救助隊シリーズ

ワイヤレス通信もしくは通信ケーブルによる通信、パスワードによる通信がある。

パスワードは0〜9までの数字とあ〜んまでのひらがな・カタカナ、記号を交えたものである。アルファベットは使用されていない。桁数は17桁「5、7、5」桁区切である。

探検隊シリーズ

ワイヤレス通信、Wi-Fi通信、パスワードによる通信がある。

パスワードは0〜9までの数字とアルファベットや記号の一部を交えたもので、「1」と「I」など、混同の恐れのある文字はどちらかのみしか使われていない。時・闇では桁数が24桁で4桁ごとに区切られている。空ではふしぎなメールSという名称で別種のものとして登場。桁数が34桁になり「5、7、5、5、7、5」区切りである。ふしぎなメールとふしぎなメールSに互換性はなく、お互いにお互いを使用することはできない。

冒険団シリーズ

冒険団シリーズでは、なかよしパスワードという名前になった。構成・桁数は時・闇と同一。入力するとポケモンが仲間に加わる。

マグナゲート

パスワードのみ。0〜9までの数字とアルファベットが使われ、桁数は8桁。依頼はなく、入力すると道具がもらえる。

超不思議

QRコードが採用され、QRコードの読み取りでもパスワードを入力できるようになった。パスワードの構成・桁数はマグナゲートと同一。入力すると新しいダンジョンを発見したり、道具がもらえる。

救助隊DX

パスワードのみでパスワードの構成・桁数はマグナゲートと同一。入力すると仲間になれる特別な依頼や、アイテムが入手できる。

備考

各言語版での名称

ふしぎなメール
言語 名前
日本語 ふしぎなメール
ドイツ語 Wunderpost (超不思議)
Wunderbrief
英語 Wonder Mail
スペイン語 Carta secreta
フランス語 Courrier Mystère (超不思議)
Lettre Miracle
イタリア語 Missione Speciale
韓国語 이상한 메일 (Isanghan Mail)
デンマーク語 Vidunderpost
フランス語(カナダ) Courrier d'émerveillement (説明書)
スウェーデン語 Mirakelbrev
ふしぎなメールS
言語 名前
日本語 ふしぎなメールS
英語 Wonder Mail S
スペイン語 Carta secreta C
フランス語 Lettre Miracle S
イタリア語 Missione Speciale C