第七世代(サン・ムーン)登場に関するお願い
サン・ムーン発売Pokémon GOの更新に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

アカウント作成時のエラーについて
アカウント作成時に、メールアドレスを入力しなければアカウントが作成できない不具合がありました。現在は解消済みです。

ポケットモンスター (漫画)

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

ポケットモンスター穴久保幸作コロコロコミックで長期連載しているギャグ漫画。連載初期の名前は「ふしぎポケモン ピッピ」。その後途中改題し、「ポケットモンスター R・S編」、「ポケットモンスター D・P編」、「ポケットモンスター HG・SS編」「ポケットモンスター B・W編」を経て、現在の「ポケットモンスター X・Y編」に至る。他のポケモン関連の漫画と区別するため、「穴久保版」と略されることがある。

特徴

初めて掲載された別冊コロコロコミック96年4月号から現在まで10年以上連載が続いている長寿作品。ピッピが主人公で、ポケモンの象徴ともいえる人気キャラのピカチュウが脇役。本格的なポケモンブームが始まる前から連載が始まっていた漫画で、その年代ではこの漫画を読んでポケモンを知ったというプレイヤーも少なくない。連載当初は公式の詳細設定が明確でなかったためか、オリジナルの設定がとても多い。アニメでもこの漫画のシーンが一度だけ登場した(AG編第86話で、サトシの“昔見て面白かった映画”の回想)。当時の視聴者も、漫画をみてポケモンを知った人ももありとあらゆるポケモンファンが度肝を抜かれただろう。このときはレッドは大谷育江、ピッピは山口眞弓がそれぞれ声優を務めた(他にピカチュウも登場)。また、R・S編の4巻では、漫画の世界で「大食いの訪問者 ピッピ」としてアニメ化するという話もあり、作中での放送日が、AG編第86話のアニメ放送日(7月22日)と同じだった。

単行本は2015年8月7日現在、合計34巻(無印編から金銀編全14巻、R・S編全6巻、D・P編全5巻、HG・SS編全2巻、B・W編全4巻、X・Y編3巻まで)発売されている。

主な登場人物

ピッピ
いつも明るい主人公。一人称は「ぼく」。近年では「おれ」。人間の言葉を話せる。語尾に「っピ」をつける。
ピカチュウ
ピッピのいとこで、弟分の脇役。天才的頭脳の持ち主で、度々ピッピに逆恨みされている。おかげで毎度ピッピのギャグ災難の巻き添えを食っている。
レッド
もう一人の主人公。第一話で本名「赤井勇(あかいいさむ)」と明かされるが、これは公式にはないオリジナルの設定。新しいポケモンを探し求めて各地方を旅している。
グリーン
第一話で本名「緑川開(みどりかわかい)」と明かされるが、これは公式にはないオリジナルの設定。レッドとは幼馴染みで、いつも競いあっている。相棒はリザードン
ブルー
非常に暗い性格の男。あまりに暗いので、レッドたちから度々「ブラック」と名前を間違えられる。相棒はカメックス。ブルートレイン、ブルーインパルスなど、ブルーと名前が付くものが好き。
イエロー
全身黄色の不良少年。レッドのライバル。色々悪事を働いて困らせるのが好き。波乗りピカチュウを所持しているが、ピカチュウらしからず悪事を働く。
オーキド博士
基本的な設定は公式と同じだが、ギャグ漫画作品なので、するどいツッコミをかます。ハゲで鬘を愛用している。
マサキ
初登場時は実験の失敗でポケモンの姿をしている。もとの姿は毛深い中年のオヤジ。また、金銀編では原作に忠実なデザインの同名の人物が登場しているが関係は不明。
レッド (ゲスト)
赤緑FRLGの主人公がゲスト出演している。彼もピッピを持っているが、これは普通の個体である。ピカチュウピッピ所持。口癖は「こりゃ一本取られたな」。
金之助銀次郎
金銀編のライバル。それぞれポケットモンスター 金・銀主人公ライバルをモデルとしている。パートナーはそれぞれヒノアラシワニノコ
サファイア・ルビー
R・Sの主人公をモデルとした人物。パートナーはそれぞれキモリアチャモ
みどり
FR・SGの女の子主人公をモデルとした人物。パートナーはヒトカゲ
ダイヤ
D・Pの男の子主人公をモデルとした人物。パートナーはゴンベマネネマニューラ
一樹(いつき、かずき)
D・Pのライバルをモデルとした人物。パートナーはヒコザルパルキアデオキシス
ミュウ
初登場時は実験の失敗で幻のポケモン、ミュウの姿になった人間。もとの姿は美人女性で、マサキの妻。後にマサキ夫人の手持ちポケモンとなる。
ミュウツー
最強のポケモンとして登場するが、ピッピに遺伝子を吸われ、弱体化してしまう。しかし、再戦したとき、ピッピの遺伝子をもらってしまい、ミュウツーピッピになってしまい、単なるギャグポケモンになってしまった。
トゲピー
金銀編でウツギ博士からもらった卵から、生まれた仲間。バトル経験がなく実力は弱い。しかし、一度泣き出したら、大変なことになる。人間の言葉は喋れない。現在はポケモン大好きクラブのおじさんのポケモンになった。
バルキー
金銀時代の新キャラとして、度々の登場を経てレッドたちの仲間になる。正義感が強く、ピッピの良きライバル。ケンカ殺方というバトルスタイルを得意としている。
ローブシン
大工のポケモンだったが、いつも仕事とは関係の無い建物を作るため捨てられてしまったが、ピッピの励ましで彼等との同行を決意。初登場時は宇宙までとどく巨大な塔を建設していた。
サナ
XY編のスタートに備えて登場。メイスイタウンに住んでおりトレーナーは初心者。性格はゲームに比べれば遥かに冷静であるが、デビュー戦として勝負を挑むと言うなど相変わらずの勝負スタイルを見せた。フォッコハリマロンケロマツを博士から預かる形で所持。
サカキ
本作では一卵性の双子の兄弟として登場。兄は髭もあり、葉巻を喰われており、服装はアニメ版のサカキにコートを着せた格好である。弟はゲームのサカキと変わりはないが、右の胸ポケットにバラの様なアクセサリーを着けている。兄弟二人でロケット団やカジノ、遊園地、トキワジム、を切り盛りしている。それぞれサワムラーエビワラーを所持している。話が進むにつれ兄のサカキの存在感が無くなっていき、金銀編では登場人物の紹介ページには登場していた兄の姿は無く、弟のサカキが紹介されていた。
ハンサム
凄腕の刑事。どんな悪事も見逃さず、犯人をとことん追い詰める。ギンガ団を追っていたらしい。ピッピたちと協力し、犯人を追い詰めたこともある。
ちんみ・あいや
金銀編までは漫画のあちらこちらで登場した穴久保幸作の飼い猫。台詞は少ないが、分かりやすいところにいるため探しやすいキャラクターである。親猫はちんみ。子供のあいやである。13巻で「ちんみとあいや劇場」という、短編四コマ漫画が存在する。人間の言葉を話、語尾に「ニャ」をつける。基本はツッコミはあいや。ボケはちんみである。また、あいやは既に亡くなっていることが13巻で語られている。