Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。

カードeリーダー

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

カードeリーダー任天堂が2001年12月1日に発売したゲームボーイアドバンス専用周辺機器である。希望小売価格は5800円(税別)。

概要

カードeリーダーは、カードに書いてあるデータを読み込むことで、ゲームボーイアドバンス上でショートムービーを見たりゲームをすることができる機器。オリンパス光学工業 (現オリンパス)の技術を採用している。この機種に対応したカードゲーム第一弾としてポケモンカードeが同時発売された。

また「ポケモンカードe(アプリケーションパック<10枚入り>)が同梱された。

読み込んだカードの記録機能があり、パック別に読み込んだ枚数を確認することができるが、具体的にどのカードを読み込んだのかを見ることはできない。また、一部のプロモーションカードは記録されない。

カードeにはリージョンコードが設定されており、対応する言語のカードでなければ読み込めないようになっている。

仕様

  • 型名: AGB-010
  • 最大消費電力: 約200mW (本体より供給)
  • 最大走査速度:150mm/s
  • 本体寸法: 横95×縦98.6×高さ42.8mm
  • 本体質量: 約70g

備考

  • 製造番号が振られており、6ヶ月の保証が付いていた。
  • 日本国外版のe-Readerはこの機種ではなく、カードeリーダー+相当の規格である。

関連項目