新作発売に関するお知らせ
ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール発売に伴い、新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
なお、情報をご覧の方は、新作発売により、作業途中の記述や記載漏れ、誤情報などがある記事が多数存在する可能性がありますので、ご注意の上ご利用ください。

捕捉率 (GO)

提供: ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動

本項ではPokémon GOにおける捕捉率 (捕獲率, catch rate) について解説する。Pokémon GOの捕捉率計算の仕組みは本編とは異なる。

計算方法

プレイヤーがボールを投げた時点で、捕捉率=捕まえられる確率 P が計算される。確率 P は次の計算式で求められる[1]

P = 1 - ( 1 - baseCaptureRate/(2 × CPM) )^multiplier

  • baseCaptureRate は、ポケモンの種類ごとに設定された被捕獲度(基礎捕捉率, base capture rate) であり、通常は0%から100%の範囲で設定されている。
  • CPM は、捕まえようとしているポケモンの強化レベル(ポケモンレベル , Pokémon Level, PL) ごとに設定されたCP補正値(CP multiplier, CPM)である。強化レベルが高くなればなるほどCP補正値は上昇する。
  • multiplier は、以下の要素に従って追加されるボーナスである。
    • 使ったボールの種類
    • ボールを当てた位置の判定
    • ボールの投げ方の判定
    • きのみの使用
    • タイプ別メダルの獲得状況

被捕獲度の低いポケモンや強化レベルが高いポケモンは、そうでないポケモンよりも捕まりにくい。また、捕まりにくいポケモンに対しては multiplier の補正がより強く効く。

ポケモンの種類ごとの被捕獲度は被捕獲度一覧 (GO)の記事を参照。

強化レベルごとのCP補正値は強化の記事を参照。

捕獲ボーナス

プレイヤーは、被捕獲度や捕まえようとしているポケモンの強化レベルには干渉できない。一方で、以下に示す捕獲ボーナスはポケモンを捕まえやすくする手段としてプレイヤーが選択できるものである。

なお、捕獲ボーナスは直接捕獲率にかかる倍率ではない点には注意が必要である。例えば捕獲ボーナスが2.5の場合、捕獲率は2.5倍になるのではなく、捕獲ボーナスなしで2.5回ボールを投げた時の捕獲率と等しくなる。

捕獲ボーナス
ボールの種類
モンスターボール ×1.0
プレミアボール ×1.0
スーパーボール ×1.5
ハイパーボール ×2.0
きのみ
ズリのみ ×1.5
ぎんのパイルのみ ×1.8
きんのズリのみ ×2.5
当てた位置の判定
ターゲットリングの外側 ×1.0
ターゲットリングの内側 ※下記参照
投げ方の判定
カーブスロー ×1.7
カーブスロー以外 ×1.0
遭遇方法
フィールドリサーチ
スペシャルリサーチ
タイムチャレンジ
×2.0
レイドバトル ※下記参照
上記以外 ×1.0
タイプ別メダル
メダルなし ×1.0
ブロンズメダル ×1.1
シルバーメダル ×1.2
ゴールドメダル ×1.3
プラチナメダル ×1.4

きのみは一度に一個だけ使用できる。きのみの効果は、ポケモンが当たったボールの中から逃げ出すまで有効である。ボールの中から逃げられると、きのみが再び使えるようになる。

ボールを当てた位置の判定では、変動するポケモンの周りの円(ターゲットリング)の大きさが小さい時に、その小さい円の中にボールを投げ込めば、よい捕獲ボーナスが得られる。円を外したり、大きすぎる円に投げ込むのでは捕獲ボーナスは得られない。

  • ターゲットリングの内側に当てた場合、捕獲ボーナスに以下の補正がかかる。
    • ×(2-(ターゲットリングの大きさ÷白いリングの大きさ))
    • この補正値に応じて、「ナイススロー」「グレートスロー」「エクセレントスロー」のどれに当てはまるかが判定される。
      • ナイススロー:補正値が1.0以上1.3未満
      • グレートスロー:補正値が1.3以上1.7未満
      • エクセレントスロー:補正値が1.7以上2未満

カーブスローの投球判定では、ボールを投げる前に回転させると捕獲ボーナスが得られる。

遭遇方法によっては捕獲ボーナスが得られる場合がある。

  • フィールドリサーチなどのリワードで遭遇する場合は×2.0。
  • レイドバトルのゲットチャレンジでは、ゲットチャレンジ中に投げたプレミアボールが多くなるほど捕獲ボーナスが高くなる。×1.0から始まり、最大で×2.0の捕獲ボーナスがかかると推定されている[2]
  • それ以外の場合は1

タイプ別メダルは、特定のタイプのポケモンを何匹捕まえたかによって与えられ、メダルの色によってボーナスが異なる。複合タイプのポケモンを捕まえる時は、2つのメダルのボーナスの平均をとるが、片方のタイプについてメダルを有していないときも×1.0として平均をとる。

Pokémon GO PlusやモンスターボールPlusを使ってポケモンを捕まえる時は、通常のモンスターボールを使い、きのみを使わず、いかなる投球判定も付かない。一方で、タイプ別メダルによる補正は入る。

捕獲ボーナスの最大値は、次の状況の時の 47.6 である。この場合、捕獲率は捕獲ボーナスなしで47.6回ボールを投げた場合の捕獲率と等しくなる。

円の色

プレイヤーは、ポケモンの周りに出る円の色でポケモンの捕獲率を推し量ることができる。色が緑色であればあるほど捕まりやすく、赤色であればあるほど捕まりにくい。

円の色を決める際のポケモンの捕獲率には、投球判定(ボールを当てる位置・カーブボール)以外のすべての捕獲ボーナスも加えられており、使用するボールを変えたり、きのみを与えると、捕獲率の変化に伴い円の色が変わることがある。

捕捉率と大体の色
≈ 100%
≈ 90%
≈ 80%
≈ 70%
≈ 60%
≈ 50%
≈ 40%
≈ 30%
≈ 20%
≈ 10%
≈ 0%

ほかくクリティカル

2017年2月の第二世代のポケモンの実装に伴い、ほかくクリティカルという稀な現象が発生するようになった。この現象が発生すると、捕捉率の計算を行わず、即座に捕まえることができる。ほかくクリティカルが発生するときは、通常では、ボールにポケモンが入った後3回振れるのに対し、一回しか振れない。ほかくクリティカルによる捕獲は、ポケモンを即座に捕まえられるという点以外では通常の捕獲と変わらず経験値も増えない。

捕獲判定が行われないケース

以下のポケモンに対しては捕獲判定が行われず、ボールが当たれば必ず捕獲できる。

ボールの種類ときのみ

強化レベルが14のピカチュウで考えるとする。ピカチュウの被捕獲度は20、強化レベル14のCP補正値は0.49985844。捕獲ボーナスがない場合、捕捉率(捕獲率)は 20 / (0.49985844×2) = 20.01%になる。

以下の表は、投球判定やメダルによるボーナスがないと仮定し、ボールの種類ときのみによる捕獲ボーナスが適用された場合の上記のピカチュウの捕捉率(捕獲率)を示している。

モンスターボール スーパーボール ハイパーボール
パイルのみ 20.01% 28.45% 36.01%
ズリのみ 28.45% 39.48% 48.81%
ぎんのパイルのみ 31.58% 43.40% 53.18%
きんのズリのみ 42.77% 56.70% 67.24%
投球判定

強化レベルが18のケンタロスで考えるとする。ケンタロスの被捕獲度は30、強化レベル18のCP補正値は0.56675452。捕獲ボーナスがない場合、捕捉率(捕獲率)は30 / (2 × 0.56675452) = 26.47%になる。

以下の表は、メダル・きのみによるボーナスがなく通常のモンスターボールを使用した場合の、投球判定(ボールを当てた位置・カーブボール)の捕捉率(捕獲率)への影響を示している。ボールを当てた位置による捕獲ボーナスは最高値と最低値の平均で計算している。

通常 カーブボール
リング外
(×1.0)
26.47% 40.70%
ナイススロー
(×1.15)
29.78% 45.17%
グレートスロー
(×1.5)
36.94% 54.34%
エクセレントスロー
(×1.85)
43.38% 61.97%
メダル

強化レベルが20のケーシィで考えるとする。ケーシィの被捕獲度は50、強化レベル20のCP補正値は0.59740001。捕獲ボーナスがない場合、捕捉率(捕獲率)は50 / (2 × 0.59740001) = 41.85%になる。

以下の表は、他の捕獲ボーナスがない場合の各ボール・メダルによる捕捉率(捕獲率)への影響を示している。

モンスターボール スーパーボール ハイパーボール
メダルなし 41.85% 55.65% 66.18%
ブロンズメダル 44.92% 59.12% 69.66%
シルバーメダル 47.82% 62.31% 72.78%
ゴールドメダル 50.58% 65.25% 75.57%
伝説のポケモン

レイドバトルで出る伝説のポケモンのほとんどは次のような数値を持つ。

  • 被捕獲度: 2
  • CP補正値: 0.59740001(通常時)、0.667934(天候ブースト時)
  • ボール: プレミアボール(multiplierが ×1.0)

ここで、タイプ別のメダルがゴールド(multiplierが ×1.3)であるときの捕捉率は次の表のとおりとなる。各スローの倍率は最大値で計算している。

通常時捕捉率
パイル/(なし) ズリ 銀パイル 金ズリ
(なし) (なし) 2.17% 3.24% 3.87% 5.34%
ナイス 2.81% 4.19% 5.01% 6.88%
グレート 3.66% 5.44% 6.49% 8.90%
エクセレント 4.29% 6.37% 7.60% 10.39%
カーブ (なし) 3.66% 5.44% 6.49% 8.90%
ナイス 4.73% 7.02% 8.36% 11.42%
グレート 6.15% 9.07% 10.79% 14.66%
エクセレント 7.19% 10.59% 12.57% 17.02%
天候ブースト時捕捉率
パイル/(なし) ズリ 銀パイル 金ズリ
(なし) (なし) 1.94% 2.90% 3.47% 4.78%
ナイス 2.52% 3.75% 4.49% 6.17%
グレート 3.28% 4.88% 5.82% 8.00%
エクセレント 3.85% 5.71% 6.82% 9.34%
カーブ (なし) 3.28% 4.88% 5.82% 8.00%
ナイス 4.24% 6.29% 7.50% 10.27%
グレート 5.51% 8.15% 9.70% 13.21%
エクセレント 6.45% 9.52% 11.31% 15.35%

出典