ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

現時点で日程は未定ですが、データベースサーバのメンテナンスが実施される予定です。メンテナンス時は、記事の編集・アカウントの作成が数時間程度ロックされる場合があります。ご迷惑をおかけしますが、ご容赦いただければ幸いです

ポケモンの巣 (GO)

提供:ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動
暫定記事名:この項目の記事名「ポケモンの巣 (GO)」は、一時的に翻訳元の記事名を使用している、仮称名であるなどの理由で、暫定的なものです。必要な場合はポケモンWiki・トーク:会議室で議論を行い、最適な記事名に移動を行ってください。

ポケモンの巣Pokémon GOにおいて特定のポケモンが出現しやすい場所を指すファン用語。

概要

公園や自然保護区などがポケモンの巣として設定されていることが多い。ポケモンの巣には出現しやすい野生ポケモンが1種類設定されており、定期的に変更される。

シンオウ地方のポケモン登場のアップデートの際に、ポケモンの巣ではより様々な種類のポケモンが現れるように変更された[1]

セレブレーションシーズン開始以降、シーズンが変わるごとにポケモンの巣で出現する可能性のあるポケモンの種類も変更されるようになった。レジェンドシーズン以降は北半球と南半球で出現する可能性のあるポケモンの種類が異なるようになったとファンサイトでは推測されている。

巣の更新

ポケモンの巣は2週間に1回、木曜日のグリニッジ標準時午前0時(日本標準時午前9時)に更新される[注 1]。更新後に出現しやすくなるポケモンの種類は完全にランダムで、更新前に出現しやすかったポケモンとは関係ない。

2週間に1回の更新以外にも、ゲーム内イベントの開始時または終了時にポケモンの巣で出現しやすいポケモンが変更されることがある。この際はランダムではなく、全国図鑑番号が近いポケモンに変更される。この現象は、ポケモンの巣に設定されている内部値は変わらず、イベント開始時・終了時に内部値が参照するポケモンの種類が変更されるために発生する。たとえば、帽子を被ったピカチュウが出現するイベントの間は通常のピカチュウは出現しなくなるが、このようなイベントの開始時にはピカチュウの巣はゼニガメの巣かピッピの巣に変わり、ブーバーの巣はブーバーの巣のままの可能性とカイロスの巣に変わる可能性がある。

ポケモンの巣で出現しやすくなるポケモン一覧

2022年9月1日以降

光のシーズン開始に合わせてリストが更新された。

北半球・南半球のポケモンの巣ではそれぞれ以下のポケモンが出現しやすくなる可能性がある[2]

北半球
南半球
北半球・南半球共通

2022年6月1日以降

シーズンオブGO開始に合わせてリストが更新された。

北半球・南半球のポケモンの巣ではそれぞれ以下のポケモンが出現しやすくなる可能性がある[3]

北半球
南半球
北半球・南半球共通

2022年3月1日以降

アローラシーズン開始に合わせてリストが更新された。

北半球・南半球のポケモンの巣ではそれぞれ以下のポケモンが出現しやすくなる可能性がある[4]

北半球
南半球
北半球・南半球共通

2021年12月1日以降

ヘリテージシーズン開始に合わせてリストが更新された。

北半球・南半球のポケモンの巣ではそれぞれ以下のポケモンが出現しやすくなる可能性がある[5]

北半球
南半球
北半球・南半球共通

2021年9月1日以降

いたずらなシーズン開始に合わせてリストが更新された。

北半球・南半球のポケモンの巣ではそれぞれ以下のポケモンが出現しやすくなる可能性がある[6]

北半球
南半球
北半球・南半球共通

2021年6月1日以降

ディスカバリーシーズン開始に合わせてリストが更新された。

北半球・南半球のポケモンの巣ではそれぞれ以下のポケモンが出現しやすくなる可能性がある[7]

北半球
南半球
北半球・南半球共通

2021年3月1日以降

レジェンドシーズン開始に合わせてリストが更新された。

北半球のポケモンの巣では以下のポケモンが出現しやすくなる可能性がある[8]

2020年12月2日~2021年2月28日

セレブレーションシーズン開始に合わせてリストが更新された[9]

2020年12月2日以前

脚注

注釈

  1. 2016年7月のゲームリリース後、7月29日・8月22日・9月26日・10月6日に更新された。2016年10月6日(木)以降は2週間に1回、木曜日に更新されるようになった

出典

関連項目