ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

ピカチュウ (穴久保)

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

ピカチュウとは、穴久保幸作の漫画ポケットモンスターの登場キャラクターである。

概要

性別は♂。ジムリーダーのタケシに捕らわれていたところ、ジムに挑戦してきたレッドのパートナーポケモンとして、いとこであるピッピと再会する。ピッピがタケシに勝利したため解放され、レッドの旅の仲間になる(以後、初期3話から現在のXY編まで、別れず旅の仲間である)。その後、ピッピのサポート役やバトルの戦力、あらゆる面でピッピやレッドをサポートしてきた。

この漫画では珍しい、人間の言葉を喋れないポケモンの一匹ではあるが、一人称はピッピ達の通訳や字幕によると「ぼく」。とても優しく、旅の仲間の中ではまともである。作中ではピッピにトラブルにふりまわされている。そのためピッピと一緒にボケていることもある。しかし、初期の頃はピカチュウ自身がボケているときもあった。しかし近年では、レッドと共にツッコミにも参加していることが多い。XY編から、レッドと共に、リアルな顔になり、顔芸の様なリアクションをとる。

デザインはゲーム初期のピカチュウと一緒で、少し太めで、目は白目が多く、瞳の色は緑色。歯もしっかりと見えている。しかし、今はアニメやゲーム同様のデザインである。

頭脳明晰、発明の天才、スポーツ万能、家事が得意という設定がある。大学並みの数学を数分で問く、欠点がない家やエンジンつきボートを造る、オンボロ車をミサイル付きの車改造するなど天才である。また、初期の頃はピッピに悪知恵を貸していた。興奮する、怒ると無意識に放電してしまう。人付き合いやポケモン付き合いはピッピよりは良好である。

ピッピよりは実力は相当ある。10まんボルトを主に使う。電気をしっぽに集中させ、鉄を切断することもできる。また、スピードスターでんこうせっかそらをとぶなみのりも使っている。明示されてはいないが、ずつきかみつくかわらわりほうでんかぜおこしメガトンキックはかいこうせんしっぽをふるの様な技を使用している場面が存在する。

ピッピとは異なり人気があるため、ピッピに妬まれているが、ピッピとの仲は良好らしい。また、主人のレッドや他の人間や他のポケモンからも、好かれている。

ピッピの死に悲しんでいるレッドが「おまえといっしょにいると、あいつのことを思い出す…。今日かぎりで、おれたちも解散しよう…。」と言われた際はレッドの思いを考え、一度は別れたが、3年後レッドを探してワカバタウンを訪れるほど、仲間思いである。

誕生日パーティを祝ってもらったことがないことと、喋れないことを気にしている。また、ジェットコースターが苦手。

備考

  • アニメポケットモンスターAG編第86話にピッピ、レッドと共に、昔、サトシが旅をする前見た映画の登場キャラクターとして、登場した。原作と同じで、「ピカ!!ピカ!!」としか喋っていなかったが、レッドと共に、食べたばかりなのに腹が減ったと言ったり、ヒメグマのハンバーガーを勝手に食べてたピッピを叱っていた。

関連項目

レッドのポケモン
手持ち ピッピ - ピカチュウ - ローブシン
別れた トゲピー - バルキー