ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

ダンジョン

提供:ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動
このページでは野生ポケモンが出現する場所としてのダンジョンについて解説しています。ポケモンが主人公のRPGシリーズについてはポケモン不思議のダンジョンを参照してください。
ウィキペディアにも「ダンジョン」の項目があります。

ダンジョンとはポケットモンスターシリーズの山奥や洞窟など、野生ポケモンが出現する場所のことである。道路および水道内にある場合や、2つの道路と接続されている場合、抜け道となる。

概要

多くが曲がりくねった構造で、洞窟内にははしごが設けられている。

ダンジョンでは道路の草むらとは違った、いわタイプやどくタイプなどの野生ポケモンとの遭遇が多い。また、草むらがなくとも、ダンジョン内のどこでも野生ポケモンと遭遇する場所もある。そのようなダンジョン内では歩行可能エリアは全エリアがエンカウントエリアであるため、むしよけスプレーなど野生ポケモンを寄せ付けなくする道具を使わない限り、多くのポケモンと遭遇することになる。なお、草むらがあるダンジョンはその草むらを避ければ道路と同様、野生ポケモンに遭遇しない。多くは、自然で作られたあるいは人が作ったが少しでも野生ポケモンが出現する建物や敷地などをダンジョンと呼ぶことが多い。

第二世代ではウバメのもりを省いて電話が使えない。ウバメのもりはあくまでも天井がなく電波を遮らないからであると考えられる。

ダンジョン内の多くはあなをほるあなぬけのヒモで脱出が有効である。天井がない場合を除き、そらをとぶを使うことはできない。

関連項目