新作発売に関するお知らせ
ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール発売に伴い、新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
なお、情報をご覧の方は、新作発売により、作業途中の記述や記載漏れ、誤情報などがある記事が多数存在する可能性がありますので、ご注意の上ご利用ください。

スタンダードレギュレーション

提供: ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動

ポケモンカードゲームにおけるスタンダードレギュレーションとは、ポケモンワールドチャンピオンシップスなどの公式大会で使われるレギュレーションの1つ。

日本国外の大会や国際大会では2001年から、日本国内の大会では2016年から使用されており、2018年以降は日本国内外で概ね同じレギュレーションとなっている。

概要

アメリカにおける2001-2002シーズンの大会は、ロケット団から金、銀、新世界へ...までのカードのみが使えるレギュレーションだった(禁止カードに指定されたニューラを除く)。それ以降も、日本国外の公式大会では毎年使用可能なカードの範囲をローテーションし続けている。ローテーションは通常はポケモンワールドチャンピオンシップスの後に行われるが、2009-2010シーズンではローテーションで使用できなくなるカードがなく、2010-2011シーズンでは過去約2年間に発売されたカードが使用できた。アメリカで発売されてから3週間後に追加の拡張パックのカードが使用可能なカードプールに加えられる。2016年以降は発売月の第3金曜日に加えられるようになった。

日本におけるスタンダードレギュレーション

日本国内で開催される公式大会では毎年使用可能なカードの範囲がローテーションされるレギュレーションは2018年まで採用されていなかった。

2016年12月9日にポケモンカードゲーム サン&ムーンの新シリーズ開始に伴い、XYレギュレーションが「スタンダードレギュレーション」に名称変更されたが、2016-2017シーズンおよび2017-2018シーズンの大会でもポケモンカードゲームXY以降のカードを全て使用できた[1]

2018年9月1日に2018-2019シーズンに移行した際、スタンダードレギュレーションで使えるカードの範囲がサン&ムーンシリーズ以降のみに変更された。

2019年11月29日から2019-2020シーズンに移行した際から、日本国内ではレギュレーションマークによってスタンダードレギュレーションで使えるカードの範囲が定義されるようになり、使えるカードの範囲が日本国外の大会と同じになった[2]。2021-2022シーズン以降は日本国外のレギュレーションでも拡張パックの種類ではなくレギュレーションマークで使用可能なカードを定義すると公言された[3]

再録カードの扱い

日本国内(2016年のスタンダードレギュレーション採用以降)では、昔のシリーズの再録カードがスタンダードレギュレーションに含まれる場合、ポケモンカードゲームADV以降のどのシリーズのカードでもスタンダードレギュレーションのデッキに入れられる(例:ハートゴールドコレクションエネルギーつけかえ)。

昔のシリーズに収録されていたカードの中には、再録カードと記述が異なるものもある。そういったカードは公式大会では最新のカードの記述を適応する(例:伝説の鼓動で再録された破空の激闘スーパーボール)[注 1]

外国語カードの扱い

2009-2010シーズン以前のアメリカの公式大会では、外国語のカードも無制限に使用できた。

2009-2010シーズンから、公式大会では英語または参加者の母語で印刷されたカード[4] をデッキ60枚中54枚以上使用するルールとなった(例えば、アメリカのプレイヤーは英語のカードを54枚以上デッキに入れる必要があるが、カナダのプレイヤーは英語かフランス語のカードを合計54枚以上デッキに入れれば良い)。2010-2011シーズン以降の公式大会(Play! Pokémon)では英語と参加者の母語のカード以外は使用できなくなった。

スタンダードレギュレーションの一覧

レギュレーション 拡張パック レギュレーションマーク
スタンダードレギュレーション (2021-2022年) ソードシールド以降 レギュレーションマークD・E・F
スタンダードレギュレーション (2020-2021年) タッグボルト白銀のランス漆黒のガイスト レギュレーションマークC・D・E
スタンダードレギュレーション (2019-2020年) ウルトラサンウルトラムーン反逆クラッシュ レギュレーションマークB・C・D
スタンダードレギュレーション (2018-2019年) コレクション サンコレクション ムーンダブルブレイズ レギュレーションマークA・B・C

以下のレギュレーションは日本国内の公式大会では採用されていない。

禁止カード

スタンダードレギュレーションで禁止指定されているカードが存在する。

2016年12月9日に日本国内でスタンダードレギュレーションが採用されて以降は、以下のカードが禁止指定されたことがある。

日本国外における各年のスタンダードレギュレーションで禁止指定されていたカードについては個別記事を参照。

外部リンク

脚注

注釈

  1. 日本国外のスタンダードレギュレーションでは再録時に記述が変更された場合、昔のシリーズに収録されていた方のカードが使えないとされたこともあった。

出典

関連項目