ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

現時点で日程は未定ですが、データベースサーバのメンテナンスが実施される予定です。メンテナンス時は、記事の編集・アカウントの作成が数時間程度ロックされる場合があります。ご迷惑をおかけしますが、ご容赦いただければ幸いです

キング・クイーン

提供:ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動

キング・クイーンとは、Pokémon LEGENDS アルセウスにおいて、各地域に一体ずつ存在する特別なポケモンである。

概要

コンゴウ団シンジュ団双方で信仰されている「シンオウさま」の加護を受けた、特別なポケモンの子孫とされている。ヒスイ地方独自の進化をしたポケモンやヒスイのすがたのポケモンで構成される。

ポケモンがメスであればクイーンと呼ばれる。性別不明のマルマインはキングと呼ばれている。

キング・クイーンが好む地をキング場(キングば)と呼び、器を設置して好物や水をお供え物を捧げている。

コンゴウ団・シンジュ団で選ばれたキャプテンが彼らの世話をしていたが、主人公がヒスイ地方に降り立った夜に時空の裂け目から落ちた落雷によって、体が金色に輝き暴れ回るようになってしまった。

各地域のキング・クイーン

地域 肩書 ポケモン 担当キャプテン キング場 シズメダマ
黒曜の原野 森キング バサギリ キクイ 巨木の戦場 もりのシズメダマ
紅蓮の湿地 峠クイーン ドレディア (ヒスイのすがた) ヒナツ 舞台の戦場 ぬまのシズメダマ
群青の海岸 島キング ウインディ (ヒスイのすがた) ガラナ 溶岩の戦場 かざんのシズメダマ
天冠の山麓 洞窟キング マルマイン (ヒスイのすがた) ツバキ 迎月の戦場 やまのシズメダマ
純白の凍土 雪原キング クレベース (ヒスイのすがた) ハマレンゲ 氷山の戦場 ゆきのシズメダマ

詳細

  • いずれも、「H」は「ヒスイのすがた」を表す。

1回目

森キング 捕獲不可
バサギリ Lv.18 ステルスロック エアスラッシュ つばめがえし ダブルアタック
峠クイーン 捕獲不可
Hドレディア Lv.30 エナジーボール しびれごな いわくだき どくのこな
島キング 捕獲不可
Hウインディ Lv.36 だいふんげき ほのおのキバ いわなだれ かみくだく
洞窟キング 捕獲不可
Hマルマイン Lv.46 かみなり 10まんボルト でんじは エナジーボール
雪原キング 捕獲不可
Hクレベース Lv.56 ひょうざんおろし ふぶき すてみタックル だいちのちから

再戦時

森キング 捕獲不可
バサギリ Lv.70 シザークロス がんせきアックス インファイト エアスラッシュ
峠クイーン 捕獲不可
Hドレディア Lv.70 ドレインパンチ しょうりのまい はなびらのまい ギガインパクト
島キング 捕獲不可
Hウインディ Lv.70 だいふんげき いわなだれ ワイルドボルト かみくだく
洞窟キング 捕獲不可
Hマルマイン Lv.70 かみなり でんじは クロロブラスト ハイパーボイス
雪原キング 捕獲不可
Hクレベース Lv.70 ひょうざんおろし ストーンエッジ 10まんばりき アイアンヘッド

戦闘

共通

キング・クイーンとの戦闘は、主人公が生身でシズメダマを使って戦う特殊なバトルになる。シズメダマは他の投げ道具と同様に、ZRボタンを押し続けてから放すことで飛距離が伸びる。

画面上部に「あらぶりゲージ」が表示されており、シズメダマを当てるとこれが減少し、ゼロにすることで勝利となる。キング・クイーンはこちらに直接攻撃を仕掛けようとするため、それを回避しつつ隙を見て投げる必要がある。こちらがダメージを受けた時に回復する手段はない。

通常、ポケモンボールを投げてもポケモンバトルにはならないが、特定のタイミングでキング・クイーンに隙が生まれ、その時にポケモンバトルを仕掛けることができる。この時は通常のバトルと同じように戦闘が行われる。キング・クイーンのHPを0にしても倒れる訳ではないが、その直後少しの間無防備になりシズメダマで与えられるダメージが上昇する。なお、ポケモンバトルを仕掛けずにひたすらシズメダマをぶつけても良い。その場合もゲージを削ることが出来、少し経つと無防備状態から復帰する。何度かバトルする反面、手持ちポケモンがダメージを受けるので、なるべくなら素早さの高いヒスイドレディアやヒスイマルマイン戦ではポケモンバトルをせずに、ひたすらシズメダマを当てるのが勧められる。ポケモンバトルを挑む場合でも、相手の弱点、特に4倍弱点が存在するポケモンを優先的に繰り出していきたい。

また、ゲージを半分以上削った際、これらのポケモンは吠え、その間だけゲージを削ることが出来ないため、なるべくならゲージ調整も視野に入れておきたい。更にその後は行動も少し速くなるので注意。

途中で主人公が力尽きた場合、再挑戦時に「ゲージひきつぎ」をするかどうか選択することができる。あらぶりゲージは4つの区切りに分かれており、ゲージひきつぎを選択すると、バトルを直前に到達した区切りから再開することができる。

エンディング後はレベルが上がったキング・クイーンとの再戦ができるようになり、勝利すると以下の報酬がある。ただし、下記#備考の理由から、基本的に再戦はお薦め出来ないが、主人公が一切ダメージを受けない無傷クリア時の追加報酬が大きいので、挑むのであれば主人公は無傷のままクリアすることを狙おう。

再戦の報酬

キング・クイーン 再戦クリア報酬 無傷クリア時の追加報酬
バサギリ けいけんアメM ×3 けいけんアメL ×1
ドレディア
ウインディ
マルマイン けいけんアメM ×4 ガンバリのいし ×3
クレベース

バサギリ

アクション時、以下の攻撃パターンがある。

  1. 自身の鎌を振りかざし、眼を光らせた瞬間、主人公めがけて突進する。
  2. 自身がかまいたちで指示した範囲内を、鎌で回転して斬り付ける。
  3. 自身の鎌を地面に突き刺し、主人公めがけて岩で攻撃する。

上記1.の際、バサギリが岩や大樹に激突すると少しの間無防備になる。特に大樹については、主人公がバサギリに対して木陰に隠れて少し顔を出し、突進の構えを見せ眼が光ったときに木陰に引っ込んでバサギリを大樹に激突させる、という手段が最も安全。

ドレディア

アクション時、以下の攻撃パターンがある。

  1. 黄色の音符を放出しながら踊り、高くジャンプして着地点に範囲攻撃を2回繰り返す。
  2. 虹色の音符を放出しながら踊り、高くジャンプして着地点に範囲攻撃を4回繰り返す。4回目のみ低空でジャンプする。
  3. 緑色の音符を放出しながら踊り、高くジャンプして着地点に範囲攻撃をする。その後、広範囲の衝撃波を2回放つ(ゲージを1/4以上削った後)。
  4. 橙色の音符を放出しながら踊り、高くジャンプして着地点に範囲攻撃、次に広範囲の衝撃波を放ち、最後に再び高くジャンプして着地点に範囲攻撃をする(ゲージを半分以上削った後)。

上記2.の後、ドレディアは倒れて少しの間無防備になる。

ウインディ

アクション時、以下の攻撃パターンがある。

  1. 主人公の方を常に向き、眼を光らせた瞬間、主人公めがけて突進する。
  2. 攻撃が整うと回避不能な火炎攻撃を仕掛ける。自身の上にある五つの火炎弾が目印。一定時間内にシズメダマを5回ウインディに当てると、攻撃が失敗する(4回以上1.の攻撃をし、主人公とは反対側のエリアに入ったとき)。
  3. ステージの中央めがけて、高くジャンプ攻撃をする(主に無防備になった後。ゲージを半分削るまで)。
  4. ステージの中央めがけて、高くジャンプ攻撃をし、その場に炎の渦を仕掛ける(ゲージを半分以上削った後)。

上記2.の後、ウインディが動かなくなり少しの間無防備になる。

ただし、ゲージを半分以上削った後は、咆哮の後に4.の攻撃を仕掛ける。この炎の渦は、2.の回避不能攻撃の3秒前まで消えない。炎の渦が消えるのを待っていても2.には間に合わないので、炎の渦を受けない場合、渦の目の前に立って、シズメダマを上側を見ながら投げ、飛距離を稼いで5個当てることで、2.を失敗に追い込もう。

マルマイン

アクション時、以下の攻撃パターンがある。

  1. 主人公を追尾する黄色の大きな弾を放つ。主人公に当たると消滅するが、そうで無い場合下記4.の攻撃までそのまま。
  2. 主人公を追尾する緑色の大きな弾を放つ。主人公に当たると消滅するが、そうで無い場合下記4.の攻撃までそのまま。1.よりも速い(ゲージを半分以上削った後)。
  3. 1.または2.の後、ヒスイビリリダマを8匹程落下させる。落下後、指定した範囲内にだいばくはつを引き起こす。
  4. 主人公を自身が追尾し、十数秒後に指定した範囲に長いだいばくはつを引き起こす。だいばくはつの最中、1.や2.の弾が消滅する。

上記4.の後、マルマインは気絶し少しの間無防備になる。無防備になるまでは、シズメダマを当てることよりも、逃げ回ることに集中しよう。

クレベース

アクション時、以下の攻撃パターンがある。

  1. 左右交互に雪玉の列を主人公めがけて吐き出す。これを5回繰り返す。更にゲージが半分以下になると、追加で通り道を塞ぐように氷柱攻撃を仕掛けてくる。
  2. 主に1.の後、中央→右か左のいずれか→先の選択肢で選んでいない方、という順番で前から後ろまで連鎖的に氷柱攻撃を仕掛ける。
  3. 主に2.または下記5.の後、主人公めがけてこおりのつぶてを発射させてくる。
  4. 主人公の位置と反対側を向いて口を開け、端から全範囲にれいとうビームを仕掛ける。更にゲージが半分以下になると、この攻撃の前に真ん中に位置する3か所に氷柱攻撃を仕掛け、主人公の攻撃範囲をより狭くしてくる。
  5. 自身の前側6か所に氷柱攻撃を仕掛ける(ゲージを半分以上削った後)。

上記4.の後、クレベースは疲れ果て少しの間無防備になる。逆に、4.のれいとうビームが当たるとこちらが行動不能になり、クレベースも無防備にはなるがお互い同じ時間動けないためポケモンバトルに持ち込むことができない。ヒスイマルマインと同様、逃げ回るが吉。

備考

  • これらのポケモンが図鑑タスクに該当する技を使っても、タスクとして認識されない上、ポケモン図鑑にも出会ったポケモンとして認識されない。
  • 再戦で倒しても、経験値が入らない。
  • 一度ポケモンバトルでHPを0にした後、再度気絶させてポケモンバトルを挑むと、キング・クイーンが持つすべての技のPPは全回復した状態になる。
  • ライドポケモン達もキング・クイーンと同様にシンオウさまより加護を受けたポケモンの子孫とされている。
    • ふるいポエムによると、雷に打たれた10匹のポケモンが人間に力を貸す様になったとされ、古代の英雄に従い深奥に挑んだという。
    • シンオウさまの加護を受けた10匹のポケモンを象った石像がシンオウ神殿に置かれている。
  • 通常のポケモンよりも大型で、古代のクレベースに至っては高さが30mもあったとされている。
  • エンディング後の再戦はキクイ曰く「荒ぶる力も自身の力として身につけられた」ことで可能となったものとされる。

外部リンク

関連項目