ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

現時点で日程は未定ですが、データベースサーバのメンテナンスが実施される予定です。メンテナンス時は、記事の編集・アカウントの作成が数時間程度ロックされる場合があります。ご迷惑をおかけしますが、ご容赦いただければ幸いです

ウィロー博士

提供:ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動

ウィロー博士(Professor Willow)は、Pokémon GOに登場するポケモン博士。

概要

オダマキ博士と同様にポケモンの生態と分布が専門である。フィールドワークを研究スタイルとしている点も共通している。最初のポケモンを直接プレイヤーに贈るのではなく、最初のポケモンを捕まえるためのモンスターボールを渡す点で他の博士と異なる。

過去にオーキド博士の助手をしており、尊敬している。

世界中のポケモンの生息分布を明らかにして記録に残すことを夢見ている。

一人での活動を好む。

母親はポケモンの生態研究者。

常に白衣を着ている。動きやすくフィールドワークに向き、また、ポリシーとしても欠かさないようにしている。好物はパイルのみ

誕生日は7月21日である。

アシスタント

ウィロー博士にはアシスタントが3人おり、それぞれが異なる方法でポケモンを調査するチームのリーダーである。彼らは自分の仲間のジムで調査を行っている。

スパーク(Spark)
チーム・インスティンクト(Team Instinct)のリーダー。ポケモンの誕生に関して調査している。このチームでは、どのように孵化したかがポケモンの直感と関連していると考えている。
ブランシェ(Blanche)
チーム・ミスティック(Team Mystic)のリーダー。ポケモンの進化に関して調査している。このチームでは、冷静を保ち状況を分析していれば負けることはないと考えている。
キャンデラ(Candela)
チーム・ヴァーラー(Team Valor)のリーダー。ポケモンの強さに関して調査している。このチームでは、ポケモンの力を自然に高めるように真の強さを求めてトレーニングするため、彼らのポケモンが最強であると考えている。

引用

ウィロー博士/引用を参照。

備考

長らく設定が語られていなかったが、2018年4月25日-5月1日にかけてPokémonGO公式twitterにて紹介された。[1]

各言語版での名前と由来

言語 名前 由来
日本語 ウィロー博士 willow(英語:ヤナギ
ドイツ語 Professor Willow 日本語名に同じ
英語 Professor Willow 日本語名に同じ
スペイン語 Profesor Willow 日本語名に同じ
フランス語 Professeur Willow
Professeur Saule (ver.0.31.0より前)
日本語名に同じ
saule(ヤナギ)
イタリア語 Professor Willow 日本語名に同じ
韓国語 윌로우박사 (Willow-baksa) 日本語名に同じ
中国語 簡体字 维罗博士 (Wéiluó-bóshì) 日本語名の音写
繁体字 維羅博士 (Wéiluó-bóshì) 日本語名の音写
インドネシア語 Profesor Willow 日本語名に同じ
ブラジルポルトガル語 Professor Willow 日本語名に同じ
ロシア語 Профессор Уиллоу (Professor Uillou) 英語名の音写
タイ語 ศาสตราจารย์วิลโลว์ (Satsatrachan Willow) 日本語名の音写
トルコ語 Profesör Willow 日本語名に同じ

関連項目