Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。

Mewtrick

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

Mewtrickポケモンワールドチャンピオンシップス2006の15歳以上の部で優勝者 Jason Klaczynski が使用したポケモンを中心としたデッキ。

概要

ミュウex (PCG5-B) のポケボディー「オールマイティー」でライボルトex (PCG2-B) のワザ「でんじしょうがい」を繰り出す、ミュウライボと呼ばれるタイプのロックデッキ。

初手でミュウexをバトル場に、ラクライ (PCG2-B) をベンチに出してじゅうでんを利用したエネルギー加速を行い、以降はでんじしょうがいでトレーナーをロックするというのが基本的なプレイングである。

このコンセプトのデッキはカメックスex (PCG1-S)ルギアex (PCG4-B) の「カメルギア」デッキへのアンチとして流行した。これは色の相性の問題だけではなく、カメルギアはトレーナーがないと展開やエネルギー補充が難しいという側面もある。ただしロックがかかるのは2ターン目以降であり、初手でカメルギアの場が完成してしまうとライボルトexでは打点不足で、手がつけられなくなるという弱点がある。

スタジアムにはクリスタルビーチを採用するのが日本では一般的だったが、ここではバトルフロンティアが使用されている。どちらも意図はカメルギア対策で、前者はホロンのポケモンのエネルギーとしての働きを弱めるというもの、後者はピジョット (PCG1-B)対策である。ピジョットは当時多くのデッキに搭載されていたサーチエンジンで、これはカメルギア以外のデッキとの対戦でも効果を発揮した。このデッキ自体はキリンリキ (PCG5-B) をサーチエンジンとして採用している。これはまた別のサーチエンジン・ジラーチ (PCG2-B) への対策でもある。

内容

種類 タイプ カード名 枚数
ポケモン ミュウex (PCG5-B) 4
ポケモン ラクライ (PCG2-B) 4
ポケモン ライボルトex (PCG2-B) 3
ポケモン ロゼリア (PCG5-B) 1
ポケモン レジロックex (ADV4-B) 1
ポケモン デオキシスex (GBエメラルド) 1
ポケモン キリンリキ (PCG5-B) 1
ポケモン ホロンのレアコイル (PCG6-B) 2
トレーナー サポーター ロケット団の幹部 4
トレーナー サポーター ウツギはかせの育てかた 4
トレーナー サポーター クルミのリクエスト 1
トレーナー サポーター エニシダ 3
トレーナー サポーター TVレポーター 4
トレーナー トレーナー デュアルボール 4
トレーナー ロケット団秘密メカ 逆転! マジックハンド 2
トレーナー スタジアム 呪われたほこら 1
トレーナー トレーナー ポケモンいれかえ 2
トレーナー スタジアム バトルフロンティア 3
エネルギー 雷エネルギー 11
エネルギー マルチエネルギー 4
ポケモンワールドチャンピオンシップス
2004 Blaziken Tech - Magma Spirit - Rocky Beach - Team Rushdown
2005 Bright Aura - Dark Tyranitar - King of the West - Queendom
2006 B-L-S - Eeveelutions - Mewtrick - Suns and Moons
2007 Flyvees - Legendary Ascent - Rambolt - Swift Empoleon
2008 Bliss Control - Empotech - Intimidation - Psychic Lock
2009 Stallgon - Crowned Tiger - Queengar - Luxdrill
2010 Luxchomp of the Spirit - Happy Luck - Power Cottonweed - Boltevoir
2011 Megazone - Reshiphlosion - The Truth - Twinboar
2012 Pesadelo Prism - Terraki-Mewtwo - Eeltwo - CMT
2013 Anguille Sous Roche - American Gothic - Darkrai - Ultimate Team Plasma
2014 Plasma Power - Trevgor - Emerald King - Crazy Punch
2015 The Flying Hammer - Punches 'N' Bites - Honorstoise - Primal Groudon
2016
チャンピオン ジェイソン・クラジンスキー - 長谷部純 - レイ・リゾ