Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。なお、記念企画を検討中です。

ランダムレシーバー

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
ランダムレシーバー
種類 グッズ
説明文 自分の山札を上から1枚ずつオモテにして、最初に出た「サポート」を、相手に見せてから手札に加える。その後、オモテにしたカードをすべて山札にもどし、山札を切る。
イラスト 5ban Graphics

ランダムレシーバーはトレーナーのカード。

レアリティ・コレクションナンバー

シリーズ レアリティ コレクションナンバー
バトル強化デッキ60 レシラムEX 014/018
バトル強化デッキ60 ゼクロムEX 014/018
プラズマゲイル UR 079/070
マスターデッキビルドBOX EX 036/046
メガバトルデッキ60 MタブンネEX 018/018

解説

山札にサポートが1枚以上あれば、確実にサポートを持ってこられるカード。しかし、効果の性質上、種類を選ぶことはできない。種類を特定したいなら、ライブキャスターがおすすめ。ただしこちらはコイントスをして表が出ないとサポートを持ってこられないという欠点がある。相手にも山札を見られるので、下手をすると自分の作戦が相手にばれて台無しになることすらある。

サポートが手札にないときや今あるサポートを使いたくないときなど、何でもいいからサポートが欲しいと言うときに使うといいだろう。ただし、XYに入ると、ドローソースでもサーチでもないカードも増えたため、そういったカードを期待しての使用にはあまり向かなくなった。

備考

イラストからするとルーレットで選ばれた相手を呼び出す発信機である模様。BWのイラストではアララギ博士が、XYではプラターヌ博士が呼び出されている。

関連項目