ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

ポケモンWiki・トーク:会議室

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

2008年 - 2009年 - 2010年 - 2011年 - 2012年 - 2013年 - 2014年 - 2015年 - 2016年 - 2017年 - 2018年 - 進行中の議論

記事名におけるLatin1特殊文字の扱い

Project:記事名の付け方ではアキュートe"é"は"Pokémonの語から派生する場合"のみ正確に表記し, それ以外の場合では通常のアルファベットのeを用ゐるとされていますが, "Pokémonから派生する場合"に限定する合理性がよく考えると分からなくなってきました.

  • アキュートeを含めISO/IEC 8859-1収録の文字はDSブラウザーですら入力/表示可能であることを確認し, Project:環境依存文字で使用可能文字と定めた.
    • 特殊文字の使用制限は正常表示できない環境への配慮が主目的であると考えるが, éは制限が必要なほど非対応環境は多くはなくて使用制限する必要性が疑問
  • アキュートe以外のISO/IEC 8859-1の特殊ラテン文字にの使用は, 現在いかなる方針・ガイドラインでも制限されていない.
  • Poképédiaは"Pokémon"から派生したéとそうでないéを同時に含んでおり, Pokémonからの派生語に限って認めた結果としてポケモンWikiでしか使われない謎表記(Poképedia)が発生している
    • 既に1つéを使ってしまったのだから, もうひとつの使用を制限することに何の意味があるのか
    • ポケモンWiki外でも使用されうる代替表記 (Pokepedia) ではなく, 方針の範囲内での最も正式表記に近い表記を使用するのはどうなのか (神奇寶貝百科を避けて神奇宝貝百科と繁简混用表記することにも通じる問題)

代替表記選択の妥当性はともかく, "Pokémon"からの派生語に限定する条項を削ることを提案いたします.--User:2P (talk) 2018年4月30日 (月) 00:02 (JST) --User:2P (talk) 2018年4月30日 (月) 00:02 (JST)

確認なのですが、本議論で提起しているのはどちらでしょうか
  1. できる限り多くの表記を固有文字を用いても正確に近い表記としたい。
  2. できる限り固有文字は用いたくない。つまりé表記も禁止としたい。
どちらかに制限するならば個人的には入力が難しい文字は記事名にはあまり用いないほうがいいような気がしています(パレットにéを入れているのはé例外の入力を簡単にするためだと思ってます。)
よろしくお願いいたします--青龍 (トーク) 2018年4月30日 (月) 00:56 (JST)
Poképédiaの記事を移動した本人です.確かに,3DSブラウザでもéは表示/入力できるので,変えてしまってもいいかもしれません.Poképédiaの方は差し戻す,もしくは全てéをeにするということをやってもいいと思います.個人的には,éは記事名に採用しない方針の方が検索などがしやすく使いやすいと思うので,青龍さんの挙げた2番に賛成しておきます.ちなみにjawpではそのような記事名はいけないらしく(w:Project:記事名の付け方#記事名に使用できる文字),w:Pokemon GOのようにテンプレで説明して対処しています.
神奇宝貝百科については,中国語表記だと問題があったりするのであれば,英語名にした方がいいでしょうか.52Poké Wiki52Poke Wikiに移動するということです.
Encyclopædiæ Pokémonisについては,入力が大変になるということで移動を反対します--利用者:NAOKi(会話|履歴|ログ) 2018年4月30日 (月) 01:14 (JST)
不明瞭な書き方で申し訳ないです. 端的に言えば"ISO/IEC 8859-1に収録の特殊ラテン文字 (一部記号類除く) の使用制限を廃する", どちらかといえば前者よりです.
転送さえ整備しておけば検索は可能であり, 一般読者としては困らないこと, 特殊文字入力もWikiEditor (Special:Preferencesの"改良型編集ツールバーを有効にする")で "特殊文字"から行うことが可能であること, 記事名以外の本文中での使用に関しては現在も制限されておらず特に問題となっていないこと, 本提案により影響を受ける記事はおそらく前述のPoképédiaただ1ページのみであること, 以上4点より特殊ラテン文字の使用制限を廃しても実用上問題は特に生じないものと考えております.
神奇宝貝百科に関しては本提案とは直接の関わりはありませんが, もうひとつの中国語表記ならば何の問題もなく使えるのに中途半端な表記になっているという点がミソです. よく見てくださいな.
なお前述の通り現方針では本文中での使用は制限されていないわけで"入力が大変"なのは本提案を棄却しても変わらず, そうなると逆にProject:環境依存文字のほうの改訂を行うことになるのでしょうが, 既にあちこちで当該文字が使用されていることから移行コストはそれなりに高く, そちらのほうが大変だと考えております. 本提案の変更は5秒で後始末ができるレベルの小変更であり, 作業量的にもこちらのほうが現実的です.--User:2P (talk) 2018年4月30日 (月) 02:20 (JST)
2Pさん。お返事ありがとうございます。記事名での利用と本文の利用は若干異なる部分があるので、追加します。私がLatin1を記事名で利用しないほうが良いと思っている理由はリダイレクトが増えることと、検索バーへの文字入力時の検索性が下がるということになります。さらに記事名は検索エンジンでも拾いますが、検索エンジンのLatin1の取り扱いがわかりにくいことも気になります。
本文中での利用はそれに比べれば緩やかでも構わないと思っていて、表示可能な文字であればそこまで気にしなくてもよいのかなあ(入力不可能な環境の人が書きつぶすリスクはありますが)と思っています。(例えば、Latin1を含む固有名詞は本文中では正式記述をしてよい。ただしreferenceやテンプレート、かっこがきなどで1度は非環境依存文字記述もせよとするのがありかなあと思ったりもします。)
よろしくお願いします。--青龍 (トーク) 2018年4月30日 (月) 03:00 (JST)
本題のLatin-1の範囲内の使用に関しては、基本的には賛成寄りです。文字入力のしやすさについては、リダイレクトで解決できる問題だと考えます。
派生の話題である中国語については、どうしようもない点もあるかもしれません…まず「ポケットモンスター」から「精灵宝可梦」(簡体字)・「精靈寶可夢」(繁体字)で、「精霊宝可夢」と無理やり日本で使われる漢字にするのも違和感があるし…(ちなみに「灵」を除いてポケモンWiki:環境依存文字/記事名に使用できる文字に文字は含まれています)--unドーナツ (トーク) 2018年4月30日 (月) 04:45 (JST)
Pokémon由来以外のéの使用の禁止撤廃、および現行方針に則り原語表記により近い記事名への移動のいずれも賛成します。
記事内からのリンク入力が多少煩雑という問題はありますが、そもそも多くリンクされる項目でもないですし、なんなら入力が簡単な方で書いちゃって後からbotにでも直させればいいかと思います。Wiki内での検索はリダイレクトでカバーできるでしょう。検索エンジンの問題は詳しく調べてはいませんが、ポケモンWiki:環境依存文字/記事名に使用できる文字ごときでうまく動かない検索エンジンがいまだに存在しているとは考えがたいかと。--Prome(/) 2018年4月30日 (月) 08:43 (JST)
非対応環境による書き潰しについては, ポケモンWikiにおいて他言語版名称節や言語間リンクが壊された例が記憶になく, 特に考慮する必要は無いものと考えます. 所謂ガラケーやTerapadのような外部エディタを使うと問題が出るとは聞いています
外部検索エンジンに関しては一理あります. 残念ながら未だにGoogle日本版はその辺を自動変換してくれたりしないようです (何故かPokemon->ポケモンの変換はしてくれるらしく, ドメイン名wiki.ポケモン.comとの合わせ技で辛うじてインデックスされているらしい?)『この項目は記事名に特殊ラテン文字を使用しています。基本ラテンに置き換えて表記すると「」です』みたいなテンプレ貼っといたら拾ってくれたりしませんかねぇ.
検索結果がどうこうという話で言えば, Template:未確定がPAGENAMEを含むせいで「この記事は(中略)内容が正確でない場合があります」のような超ネガティヴなスニペットが表示されるのを何とかしたいと思ったり.--User:2P (talk) 2018年4月30日 (月) 13:09 (JST)
確かに,リダイレクトを整備すれば検索時の問題は解決できますね.検索エンジンについても今のものなら載らないという問題はないでしょう(そもそも,影響を受けるのがEP系百科事典の記事だけであり,それらをわざわざGoogleで検索するとは思いませんが).2Pさんのおっしゃったテンプレは採用の価値がない気もしますが,賛成よりです.--利用者:NAOKi(会話|履歴|ログ) 2018年5月1日 (火) 15:44 (JST)
検索エンジンで問題がおきている件について情報ありがとうございます。結構検索エンジンは頭が良くないんですね・・・。拾ってくれるなら問題はないんですが・・・。検索エンジンに拾ってもらうという観点のみからすれば、特殊文字使わないほうが良いということですよね。見栄えは明らかに特殊文字使ったほうがいいので悩ましいところ。
スペニットに関してはそれらテンプレートをトップではなく定義文あとに書くとすれば問題が解消していいのかもしれません。
検索エンジンインデックス問題はリダイレクトでは解消しませんので、注意が必要です。また、ご理解されているとは思いますが、英語系の正式表記が必要な記事名にも適用される可能性があるため、EP系の記事名に限った話ではありません。--青龍 (トーク) 2018年5月4日 (金) 11:51 (JST)

(インデント戻します)この流れだと代替表記のtemplateがあった方がいいという感じなので,このようなテンプレを作成しました.見栄え重視の方がいいと思うので,テンプレとリダイレクトで対処して,検索エンジンについてはテンプレの内容を拾ってもらう.という感じがいいと思います.--利用者:NAOKi(会話|履歴|ログ) 2018年5月4日 (金) 13:46 (JST)

記事名と本文中では検索エンジンの重みが異なる(記事名のほうが強く考慮される)ので、記事名を検索できないものにすると当該ページが出てくる可能性が下がる可能性が高くなりますので、記事名をlatin-1で構成する場合はそのページの検索順位が下がり、検索で事実上出てこなくなることも考慮したほうがよさそうです。--青龍 (トーク) 2018年5月6日 (日) 17:56 (JST)
w:mw:Manual:$wgRestrictDisplayTitleを弄ってDISPLAYTITLEで検索用タイトル設定してしまうのも一つの手かもしれません. [[Encyclopaediae Pokemonis|Encyclopædiæ Pokémonis]]みたいな冗長マークアップの発生も抑制できます.--User:2P (talk) 2018年5月7日 (月) 17:08 (JST)
ページタイトルをいじることができるという記述だということは理解しました。ただし、この機能は荒らされた時の被害が大きそうで、非特定者が編集できるwikiで使う機能じゃない気がします・・・。--青龍 (トーク) 2018年5月11日 (金) 21:31 (JST)
こんなのどうでしょうか[1]--User:2P (talk) 2018年8月24日 (金) 14:49 (JST)

みがわり状態について

現在みがわり (状態変化)にはみがわり (状態変化)#防げる状態異常みがわり (状態変化)#防げる状態変化の項目があります。しかしこれらは以下の点から改善が必要と思えます。

  • 記事にも書かれていますが、みがわりには状態異常を"治す"効果は無いこと。(バインド除く)
  • すりぬけにより技を受けた場合、みがわりで状態異常を防ぐことはできない。
  • ちょうおんぱうたうなど音技による状態異常・あばれるによる自身の混乱、くちばしキャノンによるやけど、コアパニッシャーによるとくせいなし、など例外処理すべき案件が多いこと。

みがわりが防げるのはあくまでも"わざ"であるということが大事で、これらは2項とみがわり (状態変化)#防げるわざの項目と統合できると考えます。そこにすりぬけ・音技・シャドースチールその他などの例外を提示すれば、記事全体が簡略かつ明瞭になると予想しています。 またみがわり (状態変化)#防げるわざの項も、恐らく防げない技の方が少ないであろうことから、リストアップするのは防げない技とするのが分かりやすいと考えています。世代ごとに対応させて、以下のような表を思案中です。

わざ 世代
2 3 4 5 6 7
アシストギア - - - -
アロマミスト - - - -
アンコール
いちゃもん -
いばる × × × × ×
うらみ
おさきにどうぞ - - -
おんねん -
ギフトパス - - - ×
くすぐる - × × × ×
クモのす
くろいまなざし
× × × × ×
○:みがわり状態でも有効。
×:みがわり状態に防がれる。
※こんらん状態は防ぐが、ランク上昇は防がない。(これは<ref>を使おうと思うのですが、ここでは迷惑かもしれないと思い避けます。)

大規模な改訂が予想されますので、作業前にここで皆様と相談したく思います。

統合・表にするという案には賛成します。ただ、防げる状態異常については「状態異常にする変化技」と「攻撃技の追加効果による状態異常付与」の2つの意味が含まれているように読めるので注意が必要そうです。みがわりの仕様について詳しくないのですが、攻撃技の追加効果は基本的に防げるようなのでそのことに(文章で)触れてから防げる/防げない変化技として表に入るとスッキリしそうです。
表にする場合、注釈が1つで済むなら※で、2つ以上ほしいなら※にrefを使うようにすればよいように思えます(フレンドリィショップの表などを参考)。また、完全な五十音順よりは初出順→五十音順がよいと思います。閲覧者が読むときは知りたい世代での対象技を見ることが多いと思いますし、その後の追加もしやすくなるので。--さたて (トーク) 2018年7月30日 (月) 05:54 (JST)

ページ改訂完了しました。知識がない第四世代以前は以前の版やbulbapediaを参考に忠実に差し替えたつもりですが、勘違いや移し間違えが含まれる可能性があるため、識者の方は特に重点的にチェックをしていただくと助かります。--Zaggyo (トーク) 2018年8月4日 (土) 16:52 (JST)

すいません、該当ページを編集した後にこちらにトークがあることに気付きました。以下の点について編集したので、よろしくお願いします。--シタビラメのダニエル (会話/投稿記録) 2018年8月13日 (月) 17:18 (JST)
  • ポケモンスタジアム2を除く第一世代のみやどりぎのタネがみがわり状態の相手にも有効である点(「有効なもの」の項の表に項目を追加)
  • 第一世代・第二世代ではしめつける・まきつく・ほのおのうず・からではさむ・うずしおの追加効果を防げない点(「有効なもの」の項の表にバインドの項目を追加)
  • かわらわりのリフレクター・ひかりのかべ等を解除する効果を防げない点(「無効にするもの」の攻撃技の追加効果を防ぐ、の記述の下に追記(「ちからずくの対象にならない付加効果も防げる」の下位ではなく同じ段で並記))
  • オーバーヒートなどによる能力ランク低下が含まれる言いまわしになっていたため、「無効にするもの」に書かれていた「みがわり側に作用する攻撃技の追加効果」を「みがわり側に作用する相手の攻撃技の追加効果」に修正
  • いやしのはどうによる回復効果を防ぐ点(「無効にするもの」に追記)
  • よこどりを防げない点(「有効なもの」の項の表に項目を追加)
  • あかいいとによるメロメロ状態を防げない点(「有効なもの」の項の表の「メロメロ」の部分にrefを追記)
  • 第四世代のみ、きりばらいによる回避率ダウン効果もみがわり貫通する点(「有効なもの」の項の表の「きりばらい」の部分は、△でrefが付いているのを第五世代以降のみにして第四世代は「○」に変更)
  • 相手を対象にして、どちらかのタイプを変更するわざについて
    • テクスチャー→第一世代のみ相手のタイプを参照する(相手がみがわり状態でも参照可能)が、第二世代以降は相手を参照しないこともありそもそも追記せず
    • テクスチャー2ミラータイプ→「有効なもの」の項の表に既に記載されていた
    • ハロウィンもりののろい→状態変化であるハロウィン状態・もりののろい状態にする技で、みがわり状態の相手には無効のため例外処理扱いにならないと考え、追記せず
    • みずびたし→みがわり状態の相手には無効のため、「無効にするもの」に追記
  • 相手を対象にして、どちらかの特性を変更するわざについて
  • 相手のきけんよちが防げないため「有効なもの」のよちむおみとおしなどが書かれている部分に追記

(リストが使われているためインデント戻します)表を見ていて少し気になったところを。バインドは複数のわざをまとめていますが、にげられないみやぶられている はまとめられていない点はどうしましょうか。--unドーナツ (トーク) 2018年8月13日 (月) 20:00 (JST)

命中率と命中について

命中率命中の記事ですが一度両者の違いを確認したいと思います。自分は「命中=命中率×ランク補正×特性補正×持ち物補正」とあるように、命中率とは技自体に設定されている値で、命中はその命中率に色々補正をした結果当たるかどうか(ないしはその確率)と認識しています。提起したい問題点としてランク補正については主に2つの記事に分割して書かれており、特性補正・持ち物補正についてはどちらの記事にもあるため非常に分かりづらく、自分の認識が正しければこれら補正3つは命中の記事にまとめて書くべきで、少なくともランク補正の各技によるランク上下とそのランクに応じた倍率の表はどちらか一方にまとめて書くのが読みやすいだろうと思います。

とはいえ自分の認識が他人と異なっている可能性も十分ありえるので、まずは命中率と命中の違いをどのように認識しているか、そして補正の記述のあり方についてのご意見よろしくお願いします。--さたて (トーク) 2018年8月24日 (金) 05:11 (JST)

個人的な認識は命中率が「1.わざに設定されている値 2.ステータスの1つ」、命中が「わざが当たる(こと/かどうか)」の感じです。
補正に関して別々のページにある状況はあまり好ましくないと考えます。少なくとも「命中率」にランク補正以外の「命中の判定上、回避率低下/上昇との区別はない」補正に関して書く必要はないように感じます(もしかするとこれらも本編で「命中率」と称されているのかもしれませんが)。これらについて「命中」に移行するか、あるいは「命中率」そのもの(および回避率)を「命中」に統合すべきと考えます。どちらかと言われると、統合寄りです。
ちなみに、zhでは「命中」(わざの値)「命中率」(ステータス)「命中判定」(わざが命中するかどうかのメカニズム)と3つに分けられています。その他のinterwikiは各ステータスについて独立記事を作らず「ステータス」の記事1本化してるので比較は難しいです--Prome(/) 2018年8月24日 (金) 12:43 (JST)
「命中率」はパラメータで, 「命中」は事象であるという認識をしています. パラメータへの係数に関してパラメータのページで説明するというのは他のステータス記事でも行われていることであり, またゲーム内でも「めいちゅうりつ」(乃至「かいひりつ」)として言及されていることから補正に関する記述が「命中率」の項にあること自体は不合理とまでは言えないと考えますが, 関連する3記事すべてに書くぐらいなら一カ所に誘導した方がすっきりすると思うので, ランク補正以外のものを命中の記事に移すことには賛成します.
一方で命中率と回避率を統合して2種のランク補正が1ページに同居すると似たような節名が大量に並んで読みにくくなることを危惧します. ページ統合には反対します.--User:2P (talk) 2018年8月24日 (金) 14:49 (JST)
私が件の記事を編集した際に感じたことですが、まず命中と命中率の記事が別々にあるという事実に戸惑いました。さらに回避率は、つまるところ命中率の内容を逆にしているだけで記事の存在意義に疑問を感じました。新参者と致しましては、"システム的に正しい/正しくない"他にも、"分かりやすい/分かりにくい"."編集しやすい/編集しにくい"点も重視してあれと思う次第です。命中に関する記述に少しだけ追記修正をしたいとき、作業を複数の記事すべてでやらなくてはと思うと、編集意欲を削ぎかねません。
本題に入りまして、"命中率"は"回避率の逆数"は全くの同義(命中≡1/回避)であり、さらに"命中率"は"命中"に包含されるもの(命中率∈命中)と今の私は考えています。つきまして命中の記事で命中率・回避率の説明を済ませば、命中率・回避率の記事を独立させる必要は無いと思います。記事の統合に賛成します。--Zaggyo (トーク) 2018年9月6日 (木) 10:08 (JST)

テンプレート保護

報告遅くなりましたが, 編集不要(というか弄っちゃいけない)テンプレートTemplate:Bluetable/Template:Graytable/Template:!-を無期限全保護しました. その他も呼び出しが多くて滅多に編集されないテンプレートは保護しといた方がいいんじゃないかと思ったりするのですが, 500ページ以上で使われていて履歴が10版未満のテンプレートは全保護してしまって良いでしょうか (参考: Special:MostTranscludedPages).--User:2P (talk) 2018年8月24日 (金) 14:49 (JST)

コード系テンプレートは、保護でいいと思います。ただ、一覧や通知などは保護しない方がいいとも思いますが...--利用者:NAOKi(会話|履歴|ログ) 2018年8月26日 (日) 17:35 (JST)一部改変--利用者:NAOKi(会話|履歴|ログ) 2018年9月2日 (日) 23:42 (JST)
広いページで利用されているテンプレートは保護でいいと思います。必要があれば管理者の編集が可能ですので。もしテンプレートの改定が必要な場合、下書きを込みの議論になると思いますので、議論が行われた後に管理者により編集を適用するという形でいいかと思います。--青龍 (トーク) 2018年8月26日 (日) 19:26 (JST)
個人的には、変更の余地がほとんどないテンプレートは全保護、変更の余地が多少なりともあるテンプレートは半保護がよいかと思います。テンプレート内容に大きな変更がある場合はここで議論する形としつつ、半保護なら細部の編集も気軽にできるようにしたいと考えています。--unドーナツ (トーク) 2018年8月26日 (日) 22:04 (JST)
「500ページ以上で使われていて履歴が10版未満のテンプレートは全保護」でよいと思われます。500ページ以上で使われていて履歴が10版以上ある、変更の余地があるものについても半保護または全保護で良いと思われます。--Prome(/) 2018年8月26日 (日) 22:54 (JST)
ほとんどのWikiで、勝手に編集されると困るテンプレートは無期限全保護されていますし、保護でよいと思います。--Y-24 新木場 Talk Contributions 2018年8月27日 (月) 00:26 (JST)
追記。ちょっと上を見たら、先日テンプレート破壊荒らしで、一部ページが変になったことがありましたし、編集の余地があっても多くのページで使われていれば、安全のため半保護してもよいかと思われます。Promeさんのご意見に全面賛成ですね。--Y-24 新木場 Talk Contributions 2018年8月27日 (月) 00:28 (JST)

(インデント戻します)やっぱり、テンプレートの変更は議論を通じての実施が多いので、通知とコード系は全保護でいいと思います。また、一覧やインフォボックスも半保護でいいでしょうか。--利用者:NAOKi(会話|履歴|ログ) 2018年9月2日 (日) 23:42 (JST)

削除提議「ぎゃくしゅう」・TCGわざ立項基準

ぎゃくしゅうの削除提議を行います。また、これに関連してTCGのワザに関する立項基準について議論いただければと思います。

現在、TCGのワザについては、「多くのカードに登場するわざ」(ぶつかるなど)と「それをコンセプトとしたデッキが流行するなどの特筆性があるわざ」(よるのこうしん)について立項が行われていると考えます。具体的にその基準について明記は行われていないのが現状かと思います。

「ぎゃくしゅう」については、採用されているカードは2枚(ギャラドス (PCG2-B)およびギャラドス (XY7 021))でこの2枚のためだけに記事を書くほどではないかと思われます。一方で、「ギャラドス (XY7 021)」については「よるのこうしん」がスタン落ちした後のコンセプトデッキが一部で流行(出現?)したことが確認できます(【デッキ紹介】TOP16 & TOP32 "逆襲"ギャラドスデッキ 海外スタンダード Orlando Regional Championship - 永遠の初心者TCGプレイヤー)。ただ、これについてはカードの記事に書けば済む話かと思われます(このことについての特筆性についてはTCGの知識が不足しているので、専門の人に任せます)。以上を考えると、現状では「ぎゃくしゅう」の記事は立項基準を満たしてはいないのではないでしょうか。

TCGのワザについて具体的に立項基準を明記すべきか、については現状盛んに記事立てが行われてはいないので急ぎはしない案件と考えます。上記のような基準で問題なければ、ポケモンWiki:Wikiプロジェクト ポケモンカードゲームの立項基準に追加すればよいでしょう。「多くのカードに登場する」基準ですが、現状は10枚以上ぐらいかなと。--Prome(/) 2018年9月4日 (火) 11:21 (JST)

青龍です。まず、本対象記事に関しては、1行記事なので、そのままの状態では、単独記事としての存続は難しいものと考えています。
一方で、そもそもTCG関連の立項基準に満たない技についての記入場所がないのも事実です。何らかの方法で記入場所を用意したほうが良いかと思いますので、以下の案を提案します。案のサンプルはこちらを参照。(なお、用語については詳しくないので訂正願います。)
  1. TCG向けの技一覧ページ(数行の解説付き)を用意する。ページ分割は50音別などでも可
    • 技一覧ページを生成した場合、TCGにおける全技はこれらのページに対してREDIRECTを貼付する。
  2. TCGの技に対しすべてカテゴリを設定し(「技名」を持つポケモンカード等)、概要欄を記事のように扱う。
  3. TCGの技に関してもポケモンの技表と同様に記事の作成する。ページのテンプレートを作成したうえで、各技を覚えるカードのリストを作成する。正式な記事名は、「技名(TCG)」等とする。(もし、人的資源面で間に合うのなら)表などを用意したうえで、カード別の威力、エネルギー消費量、効果等を明示したテーブルを作成する。
以下私的な意見ですが、執筆された記事について削除が必要な場合、何らかの代替の記述場所を作り、可能な限り内容を残すことが、執筆者の意欲を損ねないうえで重要であると考えています。本記述の是非についてとは別に、削除・記事内容移動の運用時には、執筆者の意欲に関しても何らかの配慮ができるような運用となればと思います。
最後に、ポケモンカード関連では2Pさんが詳しいので、最終結論は2Pさんを待ったほうが良いかと思います。よろしくお願いいたします--青龍 (トーク) 2018年9月5日 (水) 02:33 (JST) 誤記修正--青龍 (トーク) 2018年9月5日 (水) 02:37 (JST)

3案でもいいのではないかと思いました。ただ、その場合は記事名に「(TCG)」を入れる必要はないのではないでしょうか。ゲーム本編に登場しているわざはそちらの記事内に記載があるはずなので。テンプレート自体はわざのページのテンプレートを流用した方が統一感があると思います。--シタビラメのダニエル (会話/投稿記録) 2018年9月5日 (水) 09:21 (JST)

まず、削除依頼が執筆者の意欲を削ぐ結果となってしまったことには非常に申し訳なく思います。できる限り記事や記述を受け入れ、残していくことに異論はありませんし、そのためにもどういった基準で記事立項とするのか、しないのかを決めるのは重要であると考え今回の提案に至りました。今後は十分に留意して対応に臨みたいと思います。
単独立項基準についてはやはり「一定数以上のカードで採用」「特筆性」のいずれかが必要かと思われます。もちろんこの「一定数」を2にすることも検討の価値はあると思います。1つのカードでしか採用されていないものについては、立てるにしても後述の一覧記事へのリダイレクトになるかと思われます。
立項基準を満たさないものについては、青龍さんの案1でよいと思います。一覧の分類をどうするか(五十音順でよいのか、別の分類にするほうが利便性がよいのか)は要検討かと思います。
単独記事については、案3の表を導入するのが比較・分析の上で十分役立つと思いますので、導入すべきかと思われます。ただ、現在ゲーム本編でも登場するわざ記事に導入するとなると、多数のカードで導入されているワザでは肥大化が懸念されるので逆に「(カードゲーム)」(他の記事との兼ね合いを考えるとカッコ内は「TCG」よりもこちらのほうが良いと思われます)を付けて分割することも考えてよいかと思われます。--Prome(/) 2018年9月5日 (水) 09:55 (JST)
青龍さんが提示した第3案のような表は需要あるらしいんですが, 現状では既存わざ項目にある単純なカード一覧すら更新が滞っているので自動化しないと保守できそうにないとか思ったりして, wisdomのカードデータからとりあえず回数のみ自動抽出してみました User:2P/ポケカのワザ登場回数). wikiの記事名との対応付け (というか将来的にはwisdomのデータを全てwiki由来のものに差し替えたいと考えてはいるのですが) をしっかりできれば色々と便利で効果等も含めた詳細な表も出力できると思うのですが, 時間かかりそうです. 誰か手伝ってほしい
単独立項するなら特筆性が欲しいところではあります. 効果・使えるカード・他言語版名称の3点のみでも資料的価値はあるといえばありますが...
あと一覧について, そもそも1ページに収まらないと思われます. 五十音で分割が妥当では.--User:2P (talk) 2018年9月5日 (水) 22:55 (JST)
蒸気を見ると、現時点の意見としては、第1案か第3案のどちらかというところでしょうか。私は可能ならば第3案でしょうが、これをするなら将来の自動化を含めて検討が必要となると思います。第3案の場合、テーブル作成が行われますので単独技も含めすべての技について立項をしてよいと思っています。第一案は50音ごとに項目を作るのが妥当と思います。
なお、第3案に関してはもしかするとポケモンwikiのポケモンカードテンプレートを用いているページのデータをすべて引っこ抜いて、テンプレートを正規表現で引っ掛け、データベースを作るのがのが一番早いかもしれないような気をします・・・。--青龍 (トーク) 2018年9月5日 (水) 23:44 (JST)
2Pさんの「将来的にはwisdomのデータを全てwiki由来のものに差し替え」はおそらく青龍さんの仰るような方法で行われると思うのですが、コメントを読むかぎり「早い」とは言えそうにない気がします。タスクをいくら単純化しても数が数ですし……。
「第3案の場合、テーブル作成が行われる」から単独技も立項可にするというのは疑問が残ります。要は自動化でテーブル生成すれば単独技も処理対象ということだと思うのですが、現状単独技のテーブルの内容は完全にカード記事の内容でしかないので、重複記事でしかないと思われます。自動化するにしても単独技を例外処理するのは難しくはないと思います。
他言語版名称は資料的価値ありと思うんですが、1対1対応してるのかとか改訳されてないかとか確かめる作業がめちゃくちゃグロそうです(手作業にしろ機械作業にしろ)。--Prome(/) 2018年9月6日 (木) 00:06 (JST)
時間的にすぐできるのかというと、それは確かに難しい気はします。あくまで最も適した方法というニュアンスで受け取っていただければ。
単独技でも作るのは既存の本編ポケモンの技に即した対応と思っています。ポケモンとカードでシンメトリーではないのはなんか不自然と思いますので。
多言語対応はほかの言語がそういう記事を作っているか?というのにも依存しそうですね・・・。--青龍 (トーク) 2018年9月10日 (月) 00:06 (JST)
ゲームとカードはできるだけ対等な関係にあるべきとは思いますが、ゲームのわざとカードのワザが対等な関係にあるというのには首肯しかねます。ゲームのわざはゲームポケモンの根冠をなすシステムの1つであり、カードを含めたマルチメディア展開における共通設定たり得ますが、カードのワザはあくまでそのカードの一部でしかありません。
とりあえず2Pさんのデータを少し詳しく見てみたのですが、全ワザは4750個、この中で単独ワザは3258個あり、これは全ワザの7割ほどを占めることになります。もちろんこのうちのいくつかは既に本編のわざとして登場していますが、本編のわざは728個しかない(かつその多くが2回以上登場していると推測される)ので大した影響はないと思われます。本編の専用技はカテゴリから数えると88個で全わざの12%程度であり、本編のわざの中で専用技を立項するのと、カードのワザの中で単独ワザを立項するのは大きく差があると思います。現状挙げられているような内容しか書けないのであれば、単独わざの記事を3000個以上も立項するのは労力の割に事典としての価値をそこまで上げられるとは思えません。ちなみに、2回登場するカードのワザの総数が554個で、これがおよそ全ワザの12%程度になるかと思われます。
以上から、立項基準を「2枚以上のカードに登場」に引き下げることには強く反対はしません。単独ワザについては複数の一覧・索引記事が限界だと思われます。--Prome(/) 2018年9月10日 (月) 00:55 (JST)
議論が止まってしまったので、とりあえず現状「2枚以上のカードに登場」や「特筆性がある」ワザについての立項に反対はないものと考え、「ぎゃくしゅう」の削除提案は取り下げます。単独ワザについてどうするかについては立項するのか一覧とするのか議論を続けるべきでしょう。提案された表などについても既存の記事などに取り入れてみたいと思います(その上でなにか気づいたことなどあれば、また報告します/よろしくおねがいします)。--Prome(/) 2018年9月18日 (火) 10:57 (JST)
まとめありがとうございます。単独ワザについてですが、もし単独技は記事化しないことになるならば、全単独技をそれぞれの技収録カードにREDIRECTとするとよいかと思います。よろしくお願いします--青龍 (トーク) 2018年9月20日 (木) 02:10 (JST)
一覧記事を作るのであればそちらへのリダイレクトにすべきでしょう。一覧記事も単独記事も作らないとなると、カード記事へのリダイレクトを作ってもよいとは思いますが、ifexistの性質上、カード記事のワザにリダイレクトへのリンクが貼られてしまうという問題はあります。
ぎゃくしゅうでんげきに表や各言語版名称を追加してみたので、なにか気づいたことなどあればお寄せください。--Prome(/) 2018年9月20日 (木) 08:17 (JST)
やはりこれ以上意見もないようですので、現在特に作成されていない単独ワザについては保留として終了します。--Prome(/) 2018年10月5日 (金) 13:58 (JST)

隠れ特性について

かくれとくせいの記事では現在かくれとくせい#入手できない隠れ特性のポケモンという項目がありますが、これには図鑑サーチや乱入バトルでも入手できる(現在でも入手難易度の低い)ポケモンもリストアップされています。"入手できない"という項目名に矛盾するため該当ポケモンはリストから削除するか、項目名を"入手しにくい"に変更するなどする必要があると考えています。しかしARサーチャーや出現率低の群れバトルなど基準となる判定を決めねばならず、考えあぐねておりました。そこで、いっそのこと全ポケモンの隠れ特性入手法をリストアップするのが確実ではないかという案がございます。以下のように、ポケモンと入手手段を対応させ、入手の可否/難易を読者の裁量に任せるということです。当然作業に必要な労力は桁違いに高くなるため、一度皆様の考えを確認したい所存です。

No. ポケモン 特性 第五世代 第六世代 第七世代 配布
PDW 隠し穴 AR 群れ サファリ サーチ 乱入 VC
003 フシギバナ ようりょくそ - - - - - - 1 BW(♂)/XY/ORAS
370 ラブカス うるおいボディ - - - - - -

項目の改訂の必要性に関わらず、全ポケモンの隠れ特性入手法一覧は高い需要があるのではないかとも思います。ご検討お願いいたします。--Zaggyo (トーク) 2018年9月21日 (金) 22:40 (JST)

需要は多いと思いますので、賛成します。作業が大変なので、botを使った方がいいかもしれませんね..--利用者:NAOKi(会話|履歴|ログ) 2018年9月21日 (金) 23:08 (JST)
Zaggyoさんの提案には全面的に賛成します.
botに関しては, 私としては見送らせて頂きます. ただスイッチを押せば動く訳ではなく開発にはそれなりに労力がかかるということ, ご承知おきください. 製作コストに合わないです.--User:2P (talk) 2018年9月22日 (土) 01:29 (JST)
この欄は当初、六世代の頃に未解禁隠れ特性と過去作で解禁されなかった隠れ特性をリストアップしていたものです。項目数が増えて現状に則していませんが、全ポケ記載としたところで誰が更新するのかなぁと思います。もちろん全ポケモンを網羅するほうが利便性は高いかと思いますが、誰かが作業してくれるであろうこと前提で記載項目数を膨大なものにしても、誰の特にもならないのではないでしょうか。
とはいえ、記載項目自体は見直しを行わないと、結局表が膨れ上がるだけです。入手難度が大きく下がったものを除外するなど、なんらかの対応は必要だと思います。--くいをはさんでひだりがわ (トーク) 2018年9月22日 (土) 03:24 (JST)
現在の節は、節名のとおり、実際に「入手不可」「である/であった」もののみに限定してよいと思われます。そのうえで、隠れとくせいの入手法一覧については作るのであれば、別記事で建てればよいと思われます。表の作成についてはこちらがプログラムを書かないこともないですが、元となるデータがなければ無理です。まあ何のデータもない表だけ作ってスタブで作業者募集でも良いとは思いますが。というかまずそもそも、en:List of Pokémon by Abilityを作りましょう。。。--Prome(/) 2018年9月22日 (土) 11:10 (JST)
やはり、私としても全ポケモンの隠れ特性入手方法を書いたほうが、需要はあるとは思います。さらに言えば、なりきりトレース以外での楽な判別方法があれば、それも書くといいかとも思います(例:グライガーX・Yの群れバトルで出た場合、隠れ特性はめんえきなので、敵全体をどく状態にするどくガスを使うと楽、など)。
しかしながら、第五世代、第六世代、第七世代を(配布も含めて)詳しく調べないと完全なデータにならないと思いますし、そういう意味では労力は半端ないでしょうね…。もちろん、言っただけで人任せにする気はありませんし、私も可能な限りの知識を振り絞って協力いたします。--Y-24 新木場 Talk Contributions 2018年9月23日 (日) 15:45 (JST)

(インデント戻します)botの作成は困難ですが、一つ一つを手作業でやるよりかはよいのかな、とも思いましたがやっぱり困難ですね。ただ、未完成の記事で放置プレーだと見栄えがよくないので...いっそのこと、誰かの利用者ページに作成して、埋まったら移動、でもいいかもしれません。

ただ、表が大きくなって見づらい気がするので、かくれとくせいの入手手段の一覧/カントー地方かくれとくせいの入手手段の一覧/ジョウト地方みたいに元のポケモンの初出ごとで分ける方がいいかもしれません--利用者:NAOKi(会話|履歴|ログ) 2018年9月23日 (日) 16:37 (JST)

多くの意見ありがとうございます。記述量が膨大になる程、追記編集は完遂しにくくなるだろうことは私自身危惧しております。表の方式は追記しやすさも熟慮する必要がありそうです。NAOKi氏の意見ように初出地方ごとに表を小分けすることも有効であると思います。特性選別手段に特記すべき手法があったとしても、それはポケモン個別の備考欄に書いてあれば十分だと感じるのが私の認識です。恐らく表には出現場所や出現率などの詳細を書く余裕が無く、確認したい人は自ずと該当記事を見ることになると思うからです。特性一覧が無かったとは思いませんでした。ただ余力が無ければわざわざ作る必要はないと、私は思います。
作成する方向で議論を進めたいのですが、表の形式について改めて見直したところ、冒頭の形式(以下(1)とする)についていくつか課題を見つけました。
  1. 入手手段欄について - こだいのしろヒヒダルマ(BW)、ルリ・テツ(B2W2)、トクサネシティカクレオン(ORAS)などイレギュラーな入手方法は存外多い。(1)の分類法は柔軟性が無いのではないか。
  2. 進化系について - 進化系はいずれか1体でも入手出来れば、大抵は他の進化系も入手可能(第五世代での進化後♂配布を除く)。進化系は同じセルに並べてもよいのではないか。下記(2-1)が進化系を同じセルにまとめた形になる。
  3. 横書き・縦書き - (1)が横書き。(2)が縦書き。(1)は表の巨大化に伴い下方のデータ情報が読みにくくなりうる。(2)ならこれを解消できる代わりに、ソートは恐らく意義を失う。後の世代が出たとき編集しやすいのは(2)か。(2-2)はさらに簡略な表を目指した形。追記修正も容易で、rowspanを弄る必要はなくwiki初心者でもずれること無く編集可能であり、また心理的な抵抗も少ないと思われる。上級者からすると見栄えが悪く思えるかもしれない。
(2-1)
No. ポケモン 特性 ソフト 入手方法
001
002
003
フシギダネ
フシギソウ
フシギバナ
ようりょくそ BW 配布
XY フレンドサファリ
ORAS 配布
第一世代VC
(2-2)
No. ポケモン 特性 ソフト/入手方法
001 フシギダネ ようりょくそ BW/配布
XY/フレンドサファリ
ORAS/配布
第一世代VC
002 フシギソウ
003 フシギバナ
忌憚なきご意見をお聞かせください。--Zaggyo (トーク) 2018年9月24日 (月) 23:47 (JST)
rowspanが入るとその分botによる編集は難しくなりますが、今の所手作業で作成する方向を考えているということでよいでしょうか?そうであれば2-2の形式で良いと思われます。入手方法に進化系のうちどのポケモンが手に入るかは分からないようになっていますが、それについては問題なしとお考えでしょうか(そこの情報を入れるともっと読み取りづらくなりそうですが)。
botを使うこともなく、十分手作業で行える量であると考えております。進化系はどの進化系が手に入るか分からないことより、図鑑番号が離れた進化系ポケモン(イーブイ系など)の記述位置がバラバラになってしまう点が不便だと私は感じます。--Zaggyo (トーク) 2018年10月6日 (土) 19:02 (JST)

入手方法の無いアイテムの説明文

現在, 第七世代の道具説明文はbulbapediaから提供を受けたROM解析結果を入手方法の有無に関わらずbotで展開したものが掲載されております. これは提供されたデータに入手方法が含まれておらず自動処理の都合上一律展開するしかなかったという技術上の理由もあるものの, 正規入手可能だった最後のソフト以降に文面の変更が掛かった例もいくつかあり, 所謂没データではあっても資料的価値はあり掲載に値するものと思っておりますが, 皆様如何お考えでしょうか.

現在Wii版以外の全ての本編通信可能ソフト(含スタジアム)の内部テキストを入手(一部未整理)しておりますが, 正規入手可能なもののみ掲載という方針になるなら一人じゃ卸しきれないので是非とも手伝って欲しいです. 習得ワザ解析結果ひとりで卸しきれないって以前会議室でぼやいたやつも依然未完了ですし, できることは自動化していかないといかんのではないかなと.--User:2P (talk) 2018年10月10日 (水) 00:14 (JST)

入手するすべのない道具についてもテキストデータの公開をしてもよいかと思います。資料的価値面で問題ないと思いますし、てんかいのふえなどの没となった道具に関する掲載の前例もありますので、その世代での入手不能道具の説明文の掲載には矛盾を感じません。--青龍 (トーク) 2018年10月10日 (水) 01:58 (JST)
没データ的存在だと知らず、入手方法がない道具の説明文は必要ないと思って削除をしていました。没データであるならば、あってはいいものだと思います。--Hiromi (トーク) 2018年10月10日 (水) 08:05 (JST)

ポケモンの中国語名の表示

ポケモンの中国語名のデータ収集整形について、2Pさんが一晩でやってくれたんですが、どのように分類・表示させようか迷っています。

ポケモンの中国語名の諸々については、拙訳中国におけるポケモンかその原文に詳しいのですが、大陸普通話(zh-cn)・台湾国語(zh-tw)・香港広東語(zh-hk)でそれぞれアニメやマンガ関連企業が色々訳を作ったのち、ポケットモンスター サン・ムーンの発売で公式名称(任天堂)の簡体字・繁体字が定められた、という状況になっています。この簡体字・繁体字は実質的にはそれぞれ普通話・台湾国語と対応しています。

現在のところ、ポケモンに限らず各言語版での名前では、Bulbapediaに倣って普通話・台湾国語と広東語の2つに分けて表を組んでいるのですが、神奇宝贝百科では公式名称(任天堂)、大陸、台湾、香港の4つに分けて表を組んでいます。ポケモンに限ればbotの作業が(おそらく)可能であるので、先にどのような形式にするのかを決めたいと思います。

今のところ、「公式名称」が定められたポケモン項目にのみ適用で良いとは思いますが、それ以外の「SM以前に翻訳され」「SMで『公式名称』が定まった」ものについても適用可能であります。

個人的には、神奇宝贝百科に従って4分類にするのがわかりやすいかなという気はしています。どちらがよいか、またその他の形式の提案などあればお寄せください。

2分類(現状)
言語 名前 由来
中国語(台湾国語・普通話) 妙蛙種子/妙蛙种子 (...) ...
中国語(広東語) 妙蛙種子 (...)/奇異種子 (...)/奇異種籽 (...) ...
4分類(zh式)
言語 名前 由来
中国語(任天堂) 妙蛙種子/妙蛙种子 (...) ...
中国語(大陸) 妙蛙种子 (...) ...
中国語(台湾) 妙蛙種子 (...) ...
中国語(香港) 妙蛙種子 (...)/奇異種子 (...)/奇異種籽 (...) ...

--Prome(/) 2018年10月11日 (木) 22:54 (JST)

青龍です。公式名称と繁体字表記、簡体字表記が必ず一致しているのであれば以下の通り任天堂表記とは用いずに、繁体、簡体で2つ項目を作り、そのほかにその他の表記を作成する3つの項目を作る方法があると思います。(香港表記は恐らくdefunctなんですよね?)
なお、下記の表は旧香港はその他とかでもよいかと思います。並列に並べるとどの表記が現在使われているかわかりづらいですし、4表記だと任天堂と北京と台湾と香港の違いがわからず混乱しそうな気もします。
3分類(現状)
言語 名前 由来
中国語 (繁体) 妙蛙種子 (...) ...
中国語 (簡体) 妙蛙种子 (...) ...
中国語 ((旧)香港) 妙蛙種子 (...)/奇異種子 (...)/奇異種籽 (...) ...
よろしくお願いいたします--青龍 (トーク) 2018年10月12日 (金) 22:18 (JST)
defunctかどうかは判別付きませんが、公式には広東語名が用意されなかった手前、広東語話者が現在でも「旧名」を(非公式に)使っている可能性は低くない気がします。わかりやすさのため以下では一応「旧」をつけますが、例に挙げたフシギダネは旧普通話・旧台湾国語とも新公式名称と一致していますが、ポケモンによれば旧普通話・旧台湾国語・新公式名称いずれも異なるポケモンが存在します。たとえば、スリーパーは新公式名称が引梦貘人/引夢貘人とされましたが、台湾では素利拍/素利柏、香港では催眠獸、大陸では素利拍/素利柏/索利柏の表記が使われていました。新公式名称以外を一括りに表示するのは(「中国語」とはいえ)別の言語を混ぜてしまうことになるので賛成しにくいです。--Prome(/) 2018年10月12日 (金) 22:42 (JST)
なるほど、事情は理解しましたので、一応一緒くたにするのは避ける形とします。現公式名称とその他は明確に、かつ混乱しない形で分けるべきだとは思うので、並列とすると以下のような形がいいのかなあと思います。

日本語話者が中国語を今調べたいいちばんのモチベーションは現表記を調べることだと思いますので。

5分類(zh式)
言語 名前 由来
公式 中国語 (繁体) 妙蛙種子 (...) ...
中国語 (簡体) 妙蛙种子 (...) ...
その他 中国語(大陸) 妙蛙种子 (...) ...
中国語(台湾) 妙蛙種子 (...) ...
中国語(香港) 妙蛙種子 (...)/奇異種子 (...)/奇異種籽 (...) ...
よろしくお願いします--青龍 (トーク) 2018年10月12日 (金) 23:08 (JST)
個人的な私論を書いていた者です。私としては、公式名称を先に表記した4分類か5分類が良いと思いますがいくつか議論しておきたいことがあります。
公式の繁体字と簡体字のどちらを先にするか
繁体字が先の根拠はおそらくポケモンの展開が台湾か香港のどちらかが大陸より早かったからでしょうか? どちらを先にするにせよ順番は統一したいところです。
公式の繁体字と簡体字の字形が同じ表記の場合はどうするか
例として、現在公式が推しているイーブイ(伊布)などは繁簡同じ字形です。これらの同じ字形に対しては lang="zh" でまとめたほうが良いのか、伊布/伊布と分けたほうが良いのか。
公式名称以前の言語タグについて
使用している地域でタグを決めるべきか、言語でタグを決めるべきか。
地域 地域重視 言語重視
台湾 zh-TW cmn-Hant
香港 zh-HK yue
大陸 zh-CN cmn(-Hans)
zhは広義の中国語とされるので、公式名称は日本語の音写ではcmnベースが優勢でもzhを使うほうが良いと思います (zh:卡拉卡拉#名字 カラカラなど少数ながらyueベースが採用されたポケモンもいます) 。--unドーナツ (トーク) 2018年10月14日 (日) 20:19 (JST)
  1. 繁体字と簡体字の前後について
    繁体字のほうが先であるほうが良いと思います。理由として、繁体字は歴史が長いこと、簡体字や各東アジア言語の漢字の元となったこと(日本語の旧字体との親和性も高い)、幅広い地域で用いられることがあげられます。簡体字は主に中国大陸のみでしか用いられないため、現時点では繁体字優先でよいかと思います。
  2. 公式の繁体字と簡体字の字形が同じ表記の場合
    BOT処理が面倒なので同一の図形でも統合は不要と思います。スクリプトでの表統合の分岐処理はややこしく、例えば従来利用していた世代ごと統合技表作成PJでは分岐や表統合アルゴリズムで考慮することが多くなりすぎて、プログラミングに手間取ったあげく断念しましたので。
    ただ、まずはBOTを作る人に対して手間を確認したほうがよさそうです。
  3. 公式名称以前の言語タグについて
    公式以外は地域重視でいいのかなあという気もします。実際これら3名称の用いられていた地域が違うとのことですので。
よろしくお願いします。--青龍 (トーク) 2018年10月14日 (日) 23:07 (JST)

(インデントもどします) 個人的には中国語以外の諸言語の並べかたも何とかならないもんだろかと思っています. 日英独仏韓中とかって規則性よく分からん並びにするぐらいならISO 639-1なde, en, fr, ja, ko, zhの順とかのほうが良いんじゃないかと思います. 更に地域コードつけても偶然ながらcn, hk, twでhans, hantの順に並んで気持ちよかったり. そういうことで簡→繁の順を推します.

公式表記に関して, 省略せず2度表記が望ましいと考えます.

  • ご指摘の通り文字列比較して分岐するの面倒
  • 字体違ってもCJK統合漢字で同じコードポイントに押し込められてる例があるので別lang指定で2つ掲示するのも無駄とは言いきれないはず

あと欲を言えばtemplate:langじゃなくてセルに直接属性指定して1セル1行で書いてくれたほうがうれしいです.--User:2P (talk) 2018年10月15日 (月) 00:04 (JST)

おそらく現在の言語の並びはポケモンの展開順+英語表記アルファベット順の影響なのかもしれません (日本語を先頭にJPN, [ENG, FRA, GER, ITA, SPA]1G組, [KOR]2G組, [CHS, CHT]7G組) …と思いましたが英語、ドイツ語、フランス語の順の模様ですね…
zh-Hansとzh-Hantを見てsの簡体字が先、というのも根拠として説得力がありますね--unドーナツ (トーク) 2018年10月15日 (月) 02:06 (JST)
「公式」について
一応他の表記が「非公式」ではないことを申し添えておきます。ライセンスを取った会社が公式に翻訳したものであって、ファンなどが勝手に翻訳したものではないです。任天堂新表記を「公式」と表示することで「その他」が「非公式」なものと思われないかが心配ではあります。
繁体字が先か簡体字が先か
Bulbaに倣って繁体字を先としていましたが、lang code順を重視するのも悪くないと思います。
字形が同じ場合
別々で良いと思われます。
中国語以外の並び
私が適当に決めたせいです(土下座)。ゲームで採用されている言語を先に、日本語を除いてlang code順に並べる形式に修正していただいて構いません。
lang属性はtemplateではなくセルに指定を
よく分かっていなかったのと、一部日本語で補記したいときに解除できるtl:langを使っていましたがセル指定に直して頂いて構いません。
一つ気になるのが、現在までの表に残っているデータはbot作業する場合どれくらい残せるでしょうか。ピンイン・発音表記あたりが飛ぶのはまあいいと思うんですが、由来が飛ぶのはちょっと厳しい。。。--Prome(/) 2018年10月15日 (月) 09:32 (JST)