新作発売に関するお知らせ
ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール発売に伴い、新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
なお、情報をご覧の方は、新作発売により、作業途中の記述や記載漏れ、誤情報などがある記事が多数存在する可能性がありますので、ご注意の上ご利用ください。

ポケモンガーデン

提供: ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動

ポケモンガーデン(英語"Pokemon Garden")とは、2006年7月7日から2007年2月28日、および2007年8月15日から2009年4月30日まで「Yahoo! きっず」で展開されていたWebサイト。

最初にプロフィール(名前、姿(ファイアレッド・リーフグリーンでの登場したトレーナーの中から選択)、手持ちのポケモン、および性格)を決めることで参加できた。内部はポケモンに関するバーチャル博物館となっており、同時に接続している者同士でアイコンや簡単な会話を用いてコミュニケーションを行えるようになっていた。会話は「ポケモン」、「あいさつ」などのグループ分けされた語群が用意されており、その中から任意の2つを組み合わせる選択形式。これらの会話システムは、ポケモンスカイタワーにも採用されている。

特徴

それぞれの開設期間を第1期、第2期とする。

第1期

2006年9月28日のポケットモンスター ダイヤモンド・パールの発売に併せた期間限定特設サイトとして開設された。2007年1月31日で閉鎖予定であったが、好評につき1ヶ月延長された。閉鎖の際にはそれを惜しむユーザーが多数存在していたのも事実であり、それが第2期としてのリニューアルオープンにつながったとも見れる。

第2期

新たに4Fが登場しそこでの新コーナーとして「じゃんけんバトル」がオープン。また、荒らし対策として「Yahoo! きっず」でもID制が導入され、ログインして参加する形式になった。個々にポケモンガーデン専用の「IDカード」が用意され、じゃんけんバトルで得たポイントから交換できるステッカーを用いてカスタマイズできるようになっていた。また不快なユーザーを「きんしリスト」に登録することで、画面上に表示しないようにするなどの改良も加えられた。しかしながら、ダイヤモンド・パールスペシャルツアーをはじめとした1Fから3Fまでは第1期で用いたものをほぼそのまま流用しているものでマンネリ感は否めず、第1期よりも接続しているユーザーの人数は明らかに減少していた。そのため、リニューアル当初は常設サイトとしていたものの、1年半あまりで再度閉鎖されてしまった。

閉鎖後

閉鎖の直前には公式サイトにおいて「新しいコーナーもオープン予定」とあった。その後、2009年8月28日より、ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバーの発売にあわせて同様の会話システムを採用したWebサイト、ポケモンメイズランドが開設された。「メイズ(迷路)」の名の通り、ポケモンの形をした巨大迷路を巡ることができ、広場ではポケモンガーデンと同様に他のユーザーとのコミュニケーションが行えた。また、ハートゴールド・ソウルシルバーの最新情報をチェックできる掲示板も設置されていた。2010年12月26日にポケモンスカイタワーと同時に閉鎖された。

ポケモンガーデンの構成

1F

受け付け
プロフィールの変更が随時可能であった。
ダイヤモンド・パールスペシャルツアーの受け付け
既に発売されていたポケットモンスターシリーズ本編の内容や開発の裏話などを動画形式で紹介するもの。第一世代第二世代を紹介するダイヤモンド号、第三世代を紹介するパール号の2種類があり、バーチャルなタイムマシンに見立てていた。所要時間はそれぞれ30分程度。最大11人までのユーザーと同時に乗る(接続する)ことができた(途中退場可)。途中でミニゲームが用意されており、そのときのスコアのベスト10が、けいじばん」に表示されるようになっていた。ツアーの最後で記念写真をとるシーンがあり、そのときの画像を一定期間インターネット上で閲覧できるようになっていた。
スロットゲーム
ゲーム本編のゲームコーナーに登場するものとほとんど同じ。遊ぶためにはコインが必要で、隣にいるNPCキャラから貰える。絵柄を揃えてコインを増やして、音の出るアイコンを入手することができた。
ドードリオのきのみどりゲーム
ファイアレッド・リーフグリーン2のしまで登場したものとほぼ同じ。上から落ちてくる木の実を3つある嘴を使ってひたすら集めるゲーム。ハイスコアを記録してアップするとランキング(今日のベスト10と歴代ベスト100の2種類)に表示されるようになっていた。

2F

展示室
それぞれ、入ってすぐの展示室Aと、内部の階段を上がった展示室Bの2つの部屋からなっていた。同時接続しているユーザーとコミュニケーションができるようになっている。
床の色は薄緑色。展示室Aの真ん中には木が生えていた。赤・緑バージョンのポケモンずかん(151種類)が見られるようになっていた。BGMは第一世代のものから(そのリメイク版のファイアレッド・リーフグリーンのものに変更することも可)。
床の色は黄色。展示室Aの真ん中には金色の巨大なモンスターボールバージョンのポケモンずかん(ジョウトずかん順で251種類)が見られるようになっていた。BGMは第二世代のものから。
床の色は白色。展示室Aの真ん中にはルビー(赤色)、サファイア(青色)、エメラルド(緑色)の塊。第2期のみ、ルビーバージョンのポケモンずかん(ホウエンずかん順で202種類)が見られるようになっていた。BGMは第三世代のものから。

3F

質問コーナー
ゲームフリーク出張オフィス
クイズマニア
秘密の部屋
左側にいる理科系の男にある言葉を話しかけると案内される。中では特製の壁紙がダウンロードできるようになっていた。

4F

第2期にのみ設置された。

じゃんけんバトル受け付け
ステッカー交換

旧リンク先