ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

ダークライ/対戦

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
ポケモンWikiは対戦情報サイトではありませんダークライの詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。
ポケモン徹底攻略
ポケモン対戦考察まとめWiki
外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。

このページは、ダークライの対戦での扱い、および育成論を記述するところである。

ダークライの歴史

第四世代

正式な解禁は2007年7月にダークライ (えいがかん)が配布された頃からだが、実際にはDP発売直後になぞのばしょが判明した時点で周知された。インターネットが普及した始めたころであるにもかかわらず当時の低年齢層が解禁前より誰でも知っていたあたりこのポケモンの知名度がうかがえる。

禁止級伝説以上ではプラチナ以降に解禁されたスカイシェイミアタックデオキシス、スピードデオキシス(厳密には当時実用外と看做されていたノーマルデオキシスも含まれる)、ミュウツー以外に素早さで勝るポケモンがおらず、その内デオキシスミュウツーエスパーなのでタイプ相性上は非常にダークライに対して不利であった。

とにかくダークホールが強力であった。というのも第四世代ではねむりから回復するまでのターンが最長7ターンで、DP期にはさらに最低3ターンを自然治癒に所要するというダークライに極めて有利な仕様であった(プラチナで最短2ターンに弱体化)。

こだわり系アイテムを持っているエスパーの伝説のポケモンに対して無償降臨をしてからダークホールで制圧するのが必勝パターンであった。DP当時全ポケモン中10位タイの素早さで上からダークホールを放つ動きは出場制限なしのバトルにおける脅威であった。さらに特攻135のおかげでねむりの自然解除まで待つことを許さなかった。ダークライの所為で解禁のダブルバトルこだわりスカーフラムのみねごと必須の環境とまで言われた。それでも、ラムのみも1回しか無効できず、ねごともねごと読みされて別の輪を出されれば無効化された。

ダブルバトルにおける技構成の一例としてはダークホールあくのはどう10まんボルトorかみなりわるだくみというものがあった。ダークホール1発で2体催眠することも十分起こり得るため、わるだくみを積む余裕も簡単に生まれた。かみなりはカイオーガのあまごい対策として考慮された。

基本的に対策困難なポケモンであるため、「第四世代の出場制限なしの対戦における最強のポケモンは?」と聞かれると間違いなく候補に挙がるポケモンであった。ダークライの影響からローカルルールとして広く複数催眠の禁止が浸透したとされている。

ところがHGSSホウオウ一般解禁されると、ホウオウの特殊耐久の前で攻め切れなくなることが見られるようになった。10まんボルトを連打してもはねやすめで回復されつつでんき弱点を消され、一度根負けしてわるだくみを挟めばせいなるほのおでやけどを撒かれた。実際、ひかえめダークライが特殊耐久特化型のホウオウを10まんボルトで攻めた場合、オボンのみ込みで確定4発となる。

通常環境においてもダークホールをスケッチしたドーブルがダブルバトル環境の主軸に居座るという形で影響を及ぼした。

第五世代

ダークホールが禁止技に指定され、存在価値を失った。BW2イカサマを獲得したがダークホールの無いダークライなどキノコのほうしのないキノガッサのようなもので、実際ダークホールが無ければミュウツーの劣化のようなスペックであった。

さいみんじゅつダークホールのリペア自体はできたが、シングルバトルを考えるとかくとうが増加したためとても動かしづらかった。一応いばるみがわりイカサマさいみんじゅつによる耐久型も存在したが、ダークライで行うことによる優位性はなかった。

第六世代

ダークホールが禁止解除されたことで幻解禁戦に復帰し、ダークホールドーブルも前線に戻った。

しかし、いたずらごころ持ちでみがわり張るなど容易な対策が蔓延しており、さらにフェアリーの増加によってやはり第五世代と同じように弱点を突かれやすい環境となっていた。特にクレッフィは絵に描いたような苦手であり、一致あくのはどうも半減され、不一致10まんボルトも耐久特化型には大したダメージにならず、耐久型に対しては火力が足りないという欠点が目立ち始めた。それでも相手が過剰にダークホールを警戒していたおかげでダークライ側が棚から牡丹餅的に勝利する場合も多々あった。

ただ、初心者層にはメガシンカゲンシカイキアルセウスでの力押しが好まれ、第四世代のような1強状態とはいかなかった。わるだくみを積む余裕がこの世代のダブルバトルではなくなったのも大きい。

2014年7月に開催された伝説・幻解禁のダブルバトルで行われたインターネット大会『ポケモン バトルレジェンド』ではジュニアカテゴリ4位、シニアカテゴリ7位の使用率を記録。この世代のダブルバトルではダークホールあくのはどうまもるれいとうビームが主流技構成となった。

第七世代

ダークホールの命中率が50%に弱体化され、さらにワイドガードがダークホールを無効化できるように強化された。

さらにカプミミッキュなどのフェアリーの普及、エレキメイカーミストメイカーなどの催眠対策の普及など完全に包囲され、もはやダークホールが弱体化しなかったとしても活躍の見込みはないほどに落ちぶれた。

一般的な育成論

あく単一タイプの伝説のポケモン。 高い特攻素早さを持つ。性格をおくびょうやひかえめにして、特殊アタッカーに育成すると良いだろう。

通常特性はナイトメアであり、ねむり状態の相手のHPを削ることができる。ダークホールで眠らせてナイトメアでダメージを与えることがダークライの基本戦術となる。

攻撃技の候補としては、タイプ一致のあくのはどうふいうち、それ以外ではサイコキネシスゆめくいれいとうビーム10まんボルトヘドロばくだんきあいだま等が挙げられる。変化技の候補としては、ダークホールわるだくみあくむ等が挙げられる。 おにびでんじはも覚えるがダークホールのみで十分であるため採用されない。 あくむゆめくいについては、相手がナイトメアのダメージ回避で眠ったポケモンを交換してくるが多いので読み合いが必要になる。 第七世代ではダークホールが大幅に弱体化し、命中率がくさぶえ以下に減少したため、相手を眠らせるという基本戦術がやりにくくなった。