Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。

キミマロ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
キミマロ
英語名 Timmy Grimm
出身地等 シダケタウン
年齢 10代前半?
職業 ポケモンコーディネーター
声優 小林由美子

キミマロは、ポケットモンスター アドバンスジェネレーションの登場人物。

人物

AG編第61話AG編第62話に登場。参加した全てのポケモンコンテストで手持ちのポケモンと同じサマヨールの仮面をかぶり、「ファントム」の名で知られており、本名は知られていなかった。これは、母親のキミヨが、ポケモンを嫌っており、息子にもポケモンバトルを許していないためであった。しかし、このことを父親のタムラマロは残念に思っており、妻に嘘をついて、参加させていた。

キミヨが「ファントム」の正体を知ると、怒ってコンテストホールに乗り付け、息子の参加を阻止しようとしたが、キミマロとポケモンの仲の良さを見て、バトルを許すようになった。実は、キミヨもかつてはキミマロと同じようにポケモンを愛していたのだが、キミヨの両親がポケモンを使うことを許さず、育てていたポチエナと離れ離れにされてしまった。それからポケモンを傷つけたくないために、ポケモンの世話をすることを止めていた。キミマロは、母親のポケモンとの楽しかった記憶を思い出させることができ、キミヨは彼にポケモンを使うことを許した。

キミマロはシダケコンテストでハルカエネコと戦ったが、敗れた。

AG編第122話でもハルカがホウエングランドフェスティバルに参加したのをテレビで見ていた。

ポケモン