ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

オガタ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
オガタ
英語名 Jeremy
出身地等 ?
年齢 30代?
職業 ポケモンコーディネーター
声優 宇垣秀成(現在)
三木眞一郎(少年時代)

オガタは、ポケットモンスター アドバンスジェネレーションのゲストキャラクター。

人物

AG編第151話で登場。現在はサラリーマンだが、昔はロッカーであり、ポケモントレーナーでもあった。若いころは、トレーナーとしてフシギソウとともに幾度も旅をしてきたが、バンドを始め、忙しくなったのを機にやめてしまった。

オガタには、ポケモンコンテストに参加するという長年の夢があった。ロッカーの姿に戻り、ジルバ大会に参加した。ファーストステージではバタフリーを繰り出し、しびれごなどくのこなしんぴのまもりコンボを見せた。妻のヨシエと息子のヨシトは、アピールを中断させ、夢を諦め家に戻ってくるようオガタを説得しようとしたが、オガタは自分とポケモンがどれだけの時間をトレーニングに費やし夢を追っていたか、コーディネーターであることが何を意味するのかを語った。この後、審査員、観客、ハルカらが、彼が試合を続けるよう応援した。彼の夢が意味することを理解し、ヨシエとヨシキは、オガタにコンテストを最後まで参加させることにした。

オガタとそのフシギバナは、ファイナルステージでハルカとそのワカシャモと対戦、フシギバナはハードプラントを繰り出すなど健闘したが、結局敗れた。

ポケモン

備考