ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

アキラ

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
アキラ
英語名 A.J.
出身地等 ハナダシティクチバシティの間
年齢 10代前半?
職業 ポケモントレーナー
声優 檜山修之

アキラは、ポケットモンスターの登場人物。

人物

無印編第8話に登場。サンドと共にポケモンマスターとなるのが夢。ポケモンジムも開いているが、非公認であるためジムバッジはなし。

第8話では、サトシ一行がクチバシティを目指していたところ、負けるところなしの地元トレーナーの噂を耳にする。サトシはこのトレーナーに挑戦したくなり、アキラのジムを訪れ、現在98連勝中であることを知る。そこへ、アキラが野生のポケモンを捕まえてジムに戻ってきたので、サトシは99番目の挑戦者としてアキラに挑んだ。

まずサトシは98連勝もしているのにジムバッジを1つも持っていないことを槍玉に挙げたが、アキラは100連勝するまでジムリーダーに挑戦する気はないと言った。サトシは当時2個ジムバッジを手に入れ10連勝していたことを鼻にかけていたが、アキラはそれをけなし、弱いジムリーダーから取ったのだろう、と言ってタケシカスミを怒らせてしまった。アキラはサンドで軽々とサトシを倒し、サトシはからかったのを謝ることとなった。

一行がジムを去ろうとすると、ジムの中でアキラが鞭を使ってサンドをプールに潜らせようとしているのを発見する。サトシはアキラがポケモンを虐待しているのだと思ってアキラを止めたが、アキラはサンドが水に対する耐性をつけようとしていたのだと説明した。サンドたちアキラのポケモンは皆、強化するために矯正ギプスをつけていた。また、アキラはポケモンに規則正しく運動させていた。サトシはアキラがあまりに酷くポケモンを扱っているのではないかと詰め寄り、タケシとカスミに加勢を求めたが、逆にタケシはアキラがそれぞれのポケモンに特別に用意したポケモンフードを褒めた。

このときまたロケット団サトシのピカチュウを奪おうとしたが、間違えてアキラのサンドを捕まえてしまった。サンドはその後あなをほるを使って自力で逃げ出したが、間違えてニャースも連れてきしまった。サンドが戻った後、アキラはロケット団にバトルを挑み、見事勝ち100連勝を達成した。

その後再登場していないが無印OP2「ライバル!」には登場している。

ポケモン

  • サンド
    • 同じく第8話に登場。サトシとのバトルでまず使用された。サンドは簡単にサトシの一番手ピジョンを倒した。続いてサトシは、バタフリーを繰り出ししびれごなを使わせた。アキラはサンドにあなをほるを使わせ、しびれごなを避けた。そして穴から飛び出し、バタフリーを倒した。次にサトシはピカチュウを出そうとしたが、ピカチュウが自ら拒否してアキラの勝ちとなった。その後、アキラのジムでギプスを付けてプールに飛び込む特訓をしていた。その後ロケット団に間違えて捕まえられるが、あなをほるで自力で脱出した。ロケット団のバトルでは、ドガースアーボ2匹を相手にし、ドガースの攻撃を避けてアーボに絡ませた。最後にじわれで止めを刺した。使用したわざは、あなをほるまるくなるじわれ
  • バタフリー
  • スピアー
    • ジム内で2匹で特訓していた。
  • コラッタ×3
    • ジム内でサンドと特訓していた。

電撃!ピカチュウにおけるアキラ

この節は書きかけです。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。

ゲームにおけるアキラ

ポケットモンスターピカチュウにおいて、9ばんどうろじわれを使うサンドを持ったたんパンこぞうがいる。