Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。なお、記念企画を検討中です。

めのまえがまっくらになった!

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
暫定記事名:この項目「めのまえがまっくらになった!」の記事名は、一時的に翻訳元の記事名を使用しているか、もしくは仮称名など、その他の事情で暫定的なものです。ポケモンWiki:会議室のノートで議論を行い、最適な記事名に移動を行ってください。

めのまえが まっくらに なった!」または「めのまえが まっしろに なった!」は、手持ちポケモン全てがひんしとなったとき表示されるメッセージ。この項目では、全ての手持ちが戦闘不能になったときに起きる現象を扱う。いわゆる他のRPGで言うところの「全滅」、「ゲームオーバー」である。

効果

手持ちポケモンがすべてひんしになった場合、まず主人公おこづかいが失われる。トレーナー戦の場合は相手トレーナーへの賞金として、野生ポケモンとのバトルでは、混乱に際して落としてしまう。第四世代より前では、失う金額は所持金の半分で、失ったことはメッセージとして表示されない。ファイアレッド・リーフグリーンおよび第四世代以降のゲームでは、失う金額は、所持ポケモンのレベルと所持しているジムバッジの数に依存し、おこづかいを失ったこともメッセージとして表示される。

その後、最後に訪れたポケモンセンター(最寄りのではない)へと移動し、すべてのポケモンの体力が回復する。ただし、最初のライバルとの戦闘や、バトルフロンティアなどの施設での対戦では発生しない。ファイアレッド・リーフグリーン・第四世代以降では、主人公がひんしになったポケモンたちを庇いながらセンターに駆け込んだ趣旨のメッセージのカットインが表示される。ポケモンセンターを一度も利用していない場合は、主人公宅まで戻され、おかあさんが体力を回復してくれる。その際、キズぐすりを持っておくよう忠告される。

計算式

ファイアレッド・リーフグリーンおよび第四世代以降では失う金額は以下の計算式に従う。

失う金額 = 所持ポケモンの最高レベル × A

Aはバッジの数によって決まる。

バッジ数 A
0 8
1 16
2 24
3 36
4 48
5 60(第四世代以前)
64(第五世代以降)
6 80
7 100
8 120

よって失う金額の最高額は12000円。また、失う金額が所持金より多い場合、所持金全てを失う事になる。

備考